コンテンツビジネスで人生に選択肢を

絶対に失敗しない!webマーケティングコンサルの正しい選び方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

SEO対策に力を入れたwebマーケティングが事業の将来に大きく関わる現代、コンサルタントの協力は非常に重要なものとなっています。

しかし、中には能力が低く、ただ無駄に費用を支払わせるだけのコンサルが存在しているのも事実です。

今回は、費用と時間、そして事業の将来を安心して任せることのできるwebマーケティングコンサルタントの選び方について、じっくり解説していきます。

webマーケティングコンサルタント選びが失敗しやすい理由

「高い費用を支払い、webマーケティングコンサルタントと契約を結んだというのに、思ったような成果を挙げられない・・・」

ビジネスの世界において、そのような失敗事例は多々見られます。

つまるところ、良質なコンサルを選ぶというのはそれほど簡単なものではないということです。

いったいなぜなのか、その理由について具体的に解説していきましょう。

誰でもコンサルタントを名乗れる

実を言うと、コンサルタントとなるには資格や免許は一切不要となっています。

極端に言えば、webマーケティングについていっさい実務経験がなかったとしても名乗れるのです。

たとえば、その日から「俺はwebマーケティングコンサルだ」と名乗り、適当なサイトを作って窓口を開けば、もう立派(?)なコンサルです。

だからこそ、webコンサルのレベルというのは非常に大きな差が生じています

流行を作り出せるほどの手腕を持つ有能コンサルもいれば、Twitterで「いいね!」を5個もらうことすらできない無能コンサルも存在し得るのです。

口だけうまい知識ノウハウゼロの悪質コンサルを選ばないよう、依頼する側は気をつけねばなりません。

「情報格差」を悪用されやすい

今や、企業や事業主が公式HPを持つことが当たり前の時代となりました。

しかし、誰もが一定以上のSEO、ひいてはwebマーケティングの基礎知識を持っているというわけではありません。

「とりあえず、更新さえしていればアクセス数が勝手に増えるのでは?」

「キーワードをとにかくたくさん入れておけば検索エンジン上位になる」

という誤った認識もまだまだ蔓延っています。

そうした「情報格差」があるというのは、モラルの低いコンサル業者にとっては好ましい状況。

知識のない人間を言葉巧みに誘導し、ハイコストなのにローリターンなweb集客サービスを契約させようとします。

コンサルと企業の方針が合わない

優良なコンサルと契約を結べたとしても、必ず成功するとは限りません。

コンサルの提案やスタイルが、その企業の姿勢や理念とミスマッチを起こす可能性があるからです。

たとえば、高所得者層に売りたいサービスであるはずなのに、低所得者層に向けて宣伝を行っても、効果はほとんど期待できません。

依頼した企業とコンサルの認識に、大なり小なり何かしらのズレを抱えたままで進めてしまうと、マーケティング失敗の可能性は各段に高くなります。

コンサルに頼り切りになってしまう

コンサルタントが力を発揮するためには、充分な情報と顧客リクエストの提供が必要となります。

ところが、中にはコンサルタントを何でもこなすな人材と思い込んでいる企業も存在するようです。

あいまいな情報や要望を渡しただけのほぼ丸投げ状態では、順調に進む可能性は低いと言ってよいでしょう。

コンサルタントが思ったようにマーケティングを行ってくれず、プロジェクトの進行に大きなズレが発生すれば大ごとです。

「こんな風にやれとは言ってない!」

と後悔しても後のまつり。

修正や見直しのために、余計な時間や費用をかけなければならなくなります。

その力を過大評価してしまった企業が、コンサルタントの足を引っ張ってしまうといったような失敗もあり得るのです。

成功のためのwebマーケティングコンサル選び4つのポイント


マーケティングを成功させるには、正しいコンサルタント選びを行わなければなりません。

いったい、どのような点に気を付けて選べばよいのでしょうか。

この項目で、各ポイントをそれぞれ解説していきます。

実績の確認は必須

コンサルタントが今までどのようなプロジェクトに携わってきたかという、実績の確認は必須です。

実績がほとんどない、あってもそれについて抽象的な説明しかしないコンサルタントは契約を見直しましょう。

過去大きなプロジェクトに関わったことを実績として挙げているのならば、いったいどのようなマーケティングを行ったか、質問すればある程度具体的な回答ができるはずです。

決して多数派ではありませんが、中には実績を捏造、あるいは誇張しているコンサル会社もまた存在しています。

そうした悪質なコンサルを見極めるため、賢く立ち回らなければなりません。

自分たちの事業に類似した過去実績を持っているか

もし、コンサルの実績が豊富であったとしても、それだけで決めるのは早計です。

それらの実績が自分たちの事業やサービスと属性がかけ離れているならば、いまひとつ信用に足りません。

お菓子の専門家にスニーカーの宣伝をさせたところで、よい結果につながると信じられるでしょうか。

より頼りがいのあるコンサルと契約したいならば、自社の状況や姿勢と類似した実績を豊富に持っているかどうかをチェックしましょう。

自分たちの事業を理解してくれるコンサルタントを探す

コンサルの実績やスキルだけではなく、相性もまた重要です。

コンサル側が自分たちの特性や強みに共感や理解を示さなければ、十分なwebマーケティング対策は期待できません。

いまいちやる気の感じられない人間に、報酬以上の高い成果は見込めないからです。

事前にコンサルタントと入念なヒアリングを実施し、納得がいく提案が期待できなさそうであれば、一旦白紙に戻すか担当者を変えてもらうのも手です。

たとえ豊富な実績を持っていたとしても、相性が気になるのであれば断りましょう

コンサルのミスマッチは、費用と時間の大きな損失をもたらします。

「必ず」ということばを信用しない

webに限らず、マーケティングの世界に絶対はありません。

「このツールを使えば絶対にアクセス数が上がる!」

「私の予測は必ず当たるから、すべて任せてもらって大丈夫です」

こういった言葉を頻繁に利用し、強い態度で無理やり提案を飲ませようとするコンサルは危険です。

何かしらの悪意を持っているか、あるいは自信過剰であるかのどちらであるかの可能性が高いと言えます。

コンサルタントへ依頼するにあたって、依頼側が気を付けるべきこと


いくらコンサルが優れていても、依頼する側に問題があればマーケティングは失敗しやすくなります。

適当に丸投げをするのではなく、以下のような取り組みを行ってコンサルをサポートしましょう。

webマーケティングの目的、達成目標の明確化

ただなんとなく漠然と「とりあえずお客さんを増やしたい」だけでは、コンサルタントも十分な対策を行えません。

webマーケティングには、さまざまな目的があるからです。

ブランディングによって自社の知名度を高めたいのか。

それとも事業に関する問い合わせの件数を増加させたいのか。

どのような目的を目指すかで、行うべき対策は異なってきます。

マーケティングを成功し、利益を得たいのであれば、事前に目的を具体化しておくことは必須と言えるでしょう。

できれば、「CVR(コンバージョン)を5パーセントに」といったような数値目標も設定できれば、コンサルにとって大きな助けとなります。

競合他社に関する情報の共有

webマーケティングを成功させるために、競合他社の存在を認識することは非常に重要です。

大金を費やして実施したマーケティングプロジェクトが、ライバルと丸かぶりだったのであれば笑いごとではありません。

今、自分たちにはいったいどのような競合他社がいるのか。

競合他社はどのようなマーケティングを行っているのか。

自分たちは競合他社と比べ、どの点で遅れを実感しているのか。

ライバルに関する具体的な情報を提供することができれば、コンサルタントもより有効な対策を立てやすくなるでしょう。

「どのようなマーケティングをしたいか」を伝える

オウンドメディアやリスティング広告など、現在行われているwebマーケティングの手法は実に多種多様です。

そこで、自分たちはいったいどのような手法をお願いしたいのかも事前に伝えておきましょう。

そうしておけば、「コンサルに提案されたプロジェクトが気に入らない」といったミスマッチを防ぐことができます。

コンサルとしても、事前にクライアントの希望を把握できるので、より有効な対策を提案しやすくなるでしょう。

くれぐれも、曖昧な状態でマーケティングを行わせないようにしてください。

かけられる「具体的な」予算と期間をはっきりと

マーケティングに限らず、「予算」と「期間」はあらゆるプロジェクトの成否に大きく関わります。

予算や期間の認識ズレがコンサルとの間に生じていれば、大きな失敗を招く可能性は各段に高まるでしょう。

「6ヶ月かけてもよい」と言われて取り組んだ仕事が、突然「やはり1ヶ月で完成させてくれ」となれば、誰でもその質を落とさざるを得なくなるでしょう。

いったいどれだけの予算、そして期間をかけることができるのか

事前にできるかぎり明確に決定しておき、コンサルと共有しておきましょう。

まとめ

webマーケティングの結果は、事業の将来を大きく左右します。

これまでにない成功と莫大な利益を得られるかもしれません。

あるいは、自社の息の根を止める大失敗につながるかもしれません。

だからこそ、webマーケティングにおいてコンサルタントの役割というのは、非常に重要であると言えます。

慎重に慎重を重ね、しっかり思案を重ねた上で選ばなければなりません

また、コンサルに任せきりにするのではなく、サポートをしながら共にマーケティングを成功させようとする意識も持つようにしましょう。

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.