コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【決定版】SNSで稼ぐ仕組みを徹底解説!各アプリの特徴を掴んで収益化を促進しよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「SNSで稼ぐにはどうすればいいの?」
「どのSNSに参入するべき?」
「今からでは遅い?」

SNSユーザー

稼ぐ仕組みを知れば、主婦や学生でもSNSで大きく稼げます。

しかしSNSで収益を生む仕組みがよく分からず、なかなかチャレンジできずにいませんか?

SNSの種類が増えているため、どこに登録すればいいか迷ってしまうことも。まずは各SNSの特色や稼げる仕組みを知り、自分に合った登録先を探してみましょう。

この記事では、

  • 各SNSで稼ぐ仕組み
  • 大SNSアプリの特徴・稼ぎ方
  • 収益を上げるコツ
  • SNSで稼ぐ注意点

などを解説していきます。

SNSで稼ぐのは、そこまで難しいことではありません。

コツコツ投稿してフォロワーを増やし、稼ぎにつなげていきましょう!。

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

SNSで稼ぐ6つの仕組み

ほとんどのSNSで、稼ぎ方は共通しています。

SNSで稼ぐ方法は主に6つ。

  1. PR案件を受ける
  2. アフィリエイトで稼ぐ
  3. タイムラインを収益化する
  4. 外部サイトと連携する
  5. 営業ツールとして使う
  6. Webメディアや本に掲載される

中には例外もありますが、まずはこの6つを抑えておきましょう。

それぞれの方法で稼ぐ仕組みを、詳しく解説していきます。

1.PR案件を受ける

PR案件とは、企業と協力して稼ぐ方法です。

企業側から「この商品をあなたのSNSで紹介して!」と頼まれます。SNSに掲載したお礼として報酬をもらったり、お金の代わりに紹介した商品をプレゼントしてもらったりして稼ぐ仕組みです。

現役インフルエンサーを対象にしたアンケートでは、半分程度の投稿がPR案件であると答えた人が3割以上いました。

SNSで稼ぐ方法の中で、PR案件が大きなポイントとなっているのです。

PR案件を受ける方法は主に3つ。

  • ダイレクトメールなどで企業からオファーが届く
  • 所属事務所を通して依頼される
  • 仲介サイトで探す

SNSでの影響力が高くなれば、1件100万円以上の案件も夢ではありません。ただし、ステマ(ステルスマーケティング)にならないよう取引条件を確認することが重要です。

2.アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトでは、自分がSNSで紹介した商品を買ってもらうことで、紹介料がもらえます。

商品を紹介してもらいたい企業とユーザーとをつなぐ「ASP」に登録し、紹介する題材を探します。Amazonや楽天市場のアフィリエイトプログラムに登録して、ショッピングサイト内の好きな商品を紹介することもできます。

ASPに紹介されているアフィリエイト案件の例は以下の通り。

  • サブスクなどのサービスに登録してもらう
  • 会員登録してもらう
  • 指定の商品を買ってもらう

ただしASPによっては、SNSではなくブログのみを対象にしていることも。

自分が開設したSNSに対応しているか、ASPのルールをよく確認してから登録しましょう。

3.タイムラインを収益化する

SNSのタイムラインを収益化し、広告を掲載できます。広告がたくさん見られたりクリックされたりすることで稼ぐ方法です。

LINEやFacebookなどのSNSで、タイムラインの収益化に対応しています。

タイムラインへのアクセス数が多いほど、広告の閲覧数が増えて稼ぎにつながります。

ただしSNSによっては、タイムラインを収益化できる最低フォロワー数などが決まっているので注意が必要です。

4.外部サイトと連携する

SNSと外部サイトを連携することでも稼げます。SNSでフォロワーを集め、収益源となるサイトへユーザーを誘導するのです。

例えば、稼ぐ手段としている次のようなサイトと連携すると効果的。

  • YouTube
  • ブログ
  • note
  • ネットショップ

YouTubeであれば、SNSで動画を紹介すれば再生回数の増加が見込めます。

YouTubeだけで集客するよりも、SNSからの流入を作ったほうが効率的に注目を集められるからです。

すでにコンテンツを持っている方は、SNSを集客に活用するのがおすすめです。

5.営業ツールとして使う

SNSを営業ツールとして使う方法です。

具体的には次の2つの方法で、仕事につなげます。

  • SNSで仕事をもらう
  • 仕事に応募する

ライティングやWeb制作など、SNSに成果物を載せるのが難しければ、ポートフォリオサイトへのリンクを掲載してもOK。自分で作った音楽やイラストをSNSで紹介すると、興味を持ってくれた人から仕事をもらえる可能性があります。

また、SNS上でよく仕事の募集が行われています。フォロワーから情報が回ってきたり、検索で募集を探したりできるのです。気になる募集があればダイレクトメールで応募し、新しい仕事につなぎましょう。

6.Webメディアや本に掲載される

SNSでの発信がきっかけで、Webメディアや本に掲載されることがあります。

企業側から取材や連載の依頼が届くのです。

個人のユーザーでも、声がかかって雑誌などに載っている方がたくさんいます。アカウント名を掲載してもらえれば、SNSの宣伝としても魅力的な仕事です。

企業とすり合わせをすれば顔出しなしでも取材を受けられますよ。

 

4大SNSアプリの特徴・稼ぎ方

ここからは4大SNSについて、それぞれの特徴と稼ぎ方を紹介していきます。

4大SNSと呼ばれるのは、日本でも特に利用者が多い次のサービスです。

  1. Instagram
  2. Twitter
  3. Facebook
  4. LINE

利用者数などの数値は、モバイル社会研究(NTTドコモ)による2021年最新の調査結果をもとに掲載しています。

自分ならどのようなSNSで稼ぐか、比較しながらご覧ください!

1.Instagram

SNSの特徴写真投稿型SNS
利用割合34.3%
世代ごとの利用状況10〜20代が中心
利用年代のバラけ方はTwitterとほぼ同じ
稼げる公式機能バッジ機能(投げ銭)

主婦などの女性ユーザーが、Instagramでよく稼いでいます。企業案件やアフィリエイトで稼ぐ方が多いです。

写真投稿用のSNSですが、目立つ投稿を作るために文字入れ加工をする方も。

公式機能ではライブ配信のバッジで稼ぎます。

他のライブ配信アプリでいうところの投げ銭のような機能で、視聴者が応援のチップを送ってくれるのです。

Instagramで稼ぐ方法については関連記事「【2021年最新】インスタグラムを使ったネットビジネスとは!DMで勧誘が来たときの対処法も解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.Twitter

SNSの特徴140字以内の短文投稿用SNS
利用割合41%
世代ごとの利用状況10〜20代が中心
利用年代のバラけ方はTwitterとほぼ同じ
稼げる公式機能有料スペース

Twitterで直接的に稼げる公式機能は、有料スペースのみ。Twitterのアプリ内で、チケットを購入したユーザーだけが聞ける限定ラジオ配信を行うイメージです。

有料スペースを開ける条件は次の3つ。

  • フォロワー1,000人以上
  • 過去30日間で3件以上スペースを主催
  • 18歳以上

まだフォロワーが少ない方、音声配信に抵抗がある方は、Twitterを営業ツールとして使ったり外部サイトと連携したりするのがおすすめです。YouTubeやブログの紹介に使いましょう。

リツイートによるバズが起これば、自分と接点のないユーザーにまで広くツイートを届けられますよ。

3.Facebook

SNSの特徴実名登録型SNS
利用割合27.7%
世代ごとの利用状況30代の約40%が利用
10代の利用は他のSNSの3分の1以下
稼げる公式機能インストリーム広告(広告動画の閲覧数に応じた報酬)
ファンサブスクリプション(月額制の定期購読機能)
サブスクリプショングループ(月額制の有料グループを作成)

Facebookは、稼げる機能が公式から4つ提供されています。

注目したい稼ぎ方はサブスクリプショングループです。サブスクリプショングループで月額会費制のクローズドなコミュニティを作れば、簡易的なオンラインサロンを開けます。

Facebookの特徴は、リアル社会でのプロフィールが投影されること。

他のSNSでは個人情報を公開するユーザーが少ないですが、Facebookは実名制なので抵抗なくプロフィールが公開されています。

そのためお店や会社を宣伝し、稼ぎの手助けにする使い方もおすすめです。

Facebookを使った集客方法については関連記事「【事例解説】Facebookで集客する方法4選!個人でも成功するコツやうまくいかないときの対処法を紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

4.LINE

SNSの特徴連絡手段として浸透した多機能型SNS
利用割合81.1%
世代ごとの利用状況圧倒的な利用率
年齢が上がるにつれ利用率はやや下がるも、
他のSNSよりも全年代がバランス良く利用
稼げる公式機能スタンプ販売
ポイント集め
LINEスキマニ
タイムラインの収益化

LINEの公式機能では、お小遣い稼ぎにピッタリな仕組みが多くあります。

例えば「LINEスキマニ」は、空き時間に単発バイトを探すためのサービスです。

履歴書を書いて面接を受けるといった面倒なプロセスがなく、働きたいと思ったらすぐに仕事をスタートできます。

LINEで大きな金額を稼ぐなら、LINE公式アカウントを作ることがおすすめ。

LINE公式アカウントでユーザーに一斉配信のお知らせをしたり、ブログやYouTubeなどの外部サイトに案内したりして稼ぎにつなげるのです。

LINEで稼ぐ方法については関連記事「【無料でできる】LINEで稼ぐ安全な方法を7種類紹介!成功するには怪しい仕事を見分けるのが重要」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

SNSの収益をさらに上げる3つのコツ

SNSを使えば一般のユーザーでも大きく稼げます。

しかし、戦略を練ることなく適当に投稿していては、稼ぎにはつながりません。

こちらではSNSで稼ぐコツを開設していきます。

  1. エンゲージメントを分析する
  2. ジャンルに特化する
  3. ターゲティングを意識する

コツをつかんで継続的に投稿すれば、少しずつでもフォロワーや稼ぎが増えていきます。

それぞれのコツを詳しくみてきましょう!

1.エンゲージメントを分析する

エンゲージメントとは、SNSに投稿したコンテンツへの反応をまとめたもの。ユーザーからの反応について傾向を調べたり、弱点を洗い出したりするのに役立つので、エンゲージメントを必ず分析しましょう。

  • この投稿はユーザーに受けなかった
  • この時間帯に投稿するとたくさん見られる
  • このハッシュタグは閲覧が集まりやすい

など、ただ投稿するだけでは見えなかった数値的なことが分かります。

この記事で紹介した4大SNSでは、どのサービスでも無料でエンゲージメントを確認できます。

ぜひ活用し、投稿の参考にしてみてください。

2.ジャンルに特化する

SNSで稼ぐためには、ジャンルに特化することが重要です。

普段の投稿ジャンルと関係がないPR案件などを行うと、ユーザーから違和感を持たれます。

普段は英語の文法解説を行うSNSアカウントで、急にパワーストーンを紹介したらちょっと怖いですよね。

場合によってはフォロワーが減ったり、悪い噂が立ったりすることも考えられます。

パワーストーンではなく英語の参考書を紹介していれば、スムーズに稼げたでしょう。案件やアフィリエイトの報酬が魅力的でも、アカウントのジャンルと一貫性がなければ思うようには稼げません。

3.ターゲティングを意識する

アフィリエイトやPR案件では、ターゲティングを意識しましょう。「ターゲットが本当に知りたい情報は何か」と考えることで、成約率をアップさせられます。

例えばInstagramでナイトブラのPR案件を受けたとします。

ナイトブラの着用画像を投稿すると、セクシーさから男性からのいいねが一時的に増えるでしょう。

一方でナイトブラの見込み客である女性は、セクシーさよりも使用感などの実用的な情報を求めています。

そのため、いいねの伸びに反して制約が増えにくいという結果になるのです。稼ぎに直結する投稿では、ターゲットのことを第一に考えた情報提供をしてくださいね。

 

SNSで稼ぐ際の4つの注意点

手のひらを前に出すビジネスマン

SNSで稼ぐには、注意点もあります。

  1. 怪しい話には警戒する
  2. 炎上に気をつける
  3. 規約違反をしない
  4. 特定対策をする

SNSに慣れている方でも、見逃してしまうことがあります。

それぞれ確認し、失敗を防ぎましょう。

1.怪しい話には警戒する

SNSを運用していると、怪しい話に遭遇することがあります。ダイレクトメッセージなどで届く美味しい儲け話などは、ほとんどが詐欺です。

  • すぐに、簡単に稼げる
  • あなただけに特別なご案内
  • 新ユーザーを紹介するだけで報酬がもらえる

といった、魅力的すぎる話には注意が必要。

怪しいメッセージが届いたらすぐに誘いに乗るのではなく、評判などを参考にしましょう。

怪しい誘いの例などは関連記事「【騙されるな】怪しいネットビジネスを見抜くポイントを徹底解説!副業詐欺に合わない方法も伝授」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.炎上に気をつける

SNSには炎上のリスクがあります。

炎上とは、不適切な言動がきっかけで非難が殺到する事態のこと。炎上が起こると、稼げないどころか取引先からもユーザーからも信頼を失います。

SNSの運営側に通報が集まって、アカウントを凍結される可能性も。

炎上のメリットはほぼ0です。

普段から発信内容に気を配り炎上を防いでくださいね。

3.規約違反をしない

SNSの規約に違反しないようにしましょう。規約違反によりペナルティを受けることがあるからです。

退会処分などが下されれば、コツコツと集めてきたフォロワーを全て失うことになります。

  • ツールで不正をする
  • フォロワーやいいねを購入する
  • センシティブな画像を掲載する
  • フォローやブロックを極端に繰り返す

などの行動が規約違反になりやすいです。

各SNSでガイドラインがありますので、必ず目を通しておきましょう。

4.特定対策をする

SNSで稼ぐ際は、特定対策をしてください。

住所や職場が特定されると、嫌がらせやストーカーの被害につながります。

自分が被害を受けるだけでなく、家族や近隣住民にまで迷惑が及ぶことも。写真の写り込みなどに気をつけ、プライベートな情報が漏れないようにすることが重要です。

ぜひこの記事を参考に、SNSで稼ぐことに挑戦してみてください!

そして、ブログに書けないさらに濃い内容のネットビジネスノウハウに関しては僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.