コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【爆発的に売れる】プロダクトローンチとは!マーケティングの流れや攻略方法を紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「プロダクトローンチって何?」
「個人のネットビジネスでも知っておいたほうがいい?」
「活用方法は?」

マーケティング
初心者

そんなお悩みにお答えしていきます。
プロダクトローンチは、使いこなせると商品発売時に爆発的な売上を作れるようになります!

しかしインターネットビジネスにおいては、具体的な情報が少ないのが現状。ネットビジネスにどのように落とし込めばいいのか分からず、なかなか行動できずにいる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、個人でもプロダクトローンチで売上を伸ばせるように、

  • プロダクトローンチの概要
  • プロダクトローンチの方法
  • 成功させるための攻略方法

について解説していきます。

効率的なマーケティング方法を模索している方は、ぜひプロダクトローンチにチャレンジしてみてください!

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

プロダクトローンチとは!30秒で概要を解説

プロダクトローンチは、商品を発売する前から取り組む、マーケティングの手法です。

プロダクトローンチでビジネスにどのような変化が表れるのかを知るため、次の4つの視点から解説していきます。

  1. 従来のセールス方法
  2. プロダクトローンチとは
  3. プロダクトローンチの実績
  4. プロダクトローンチとダイレクトレスポンスマーケティングの違い

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.従来のセールス方法

プロダクトローンチについて深く理解するには、従来のセールス方法を知っておくと、特徴を理解しやすいです。プロダクトローンチが登場する前は、縦長のランディングページが主流でした。

ランディングページは、売りたいものに関する情報とや申し込みフォームを1つのページにまとめたものです。現在も情報教材や通販の訴求で、ランディングページはよく使われています。

ランディングページを作り込むことで、次のような多くの情報を盛り込めます。

  • 商品情報
  • 商品の使い方
  • PR動画の埋め込み
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 申し込みボタン

しかし情報量の多さが壁となり、最後まで読んでもらえず離脱されてしまう可能性もありました。ユーザーの離脱を防ぎながら、信頼関係を築くことができる新たなマーケティング手法が、これから紹介するプロダクトローンチです。

2.プロダクトローンチとは

「プロダクトローンチ」という言葉を分解すると、次の2つの意味が浮かび上がります。

  • product(製品)
  • launch(販売すること)

直訳すると「製品を販売すること」となんの変哲もない言葉となりますが、マーケティングでは特定の方法論の名前として使われています。

起業家であるジェフ・ウォーカー氏が開発し、2014年に本としてまとめられたことをきっかけに、手法が世界中に広まりました。

  • 集客
  • 教育
  • 商品発売
  • アフターフォロー

この4ステップで、プロダクトローンチは進みます。一度に大量の情報を与える従来のマーケティング方法とは対照的に、プロダクトローンチではステップアップしながら教育段階を進めることが特徴です。

そうすることで、商品の発売に向けてユーザーの購買意欲を少しずつ高めることができます。商品の発売日に購買意欲をピークに持っていければ、爆発的な売上を実現できるでしょう。

3.プロダクトローンチの実績

方法論を考案したジェフ・ウォーカー氏は、ネットビジネスを始めて1億円を売り上げるまで、最初は6年間費やしたといいます。

しかしプロダクトローンチを実践するようになり、次のように驚異的にビジネスを成長させました。

  • 2005年:半年で1億円
  • 2007年:6日で1億円
  • 2009年:6時間で1億円

この右肩上がりの成長は、決してジェフ・ウォーカー氏に特別な才能や強運があったから成功したというわけではありません。
誰でも実践できるように方法論としてまとまっているので、参考にすればネットビジネス初心者でも売上を伸ばせます。

4.プロダクトローンチとダイレクトレスポンスマーケティングの違い

プロダクトローンチとよく似たマーケティング方法として、ダイレクトレスポンスマーケティングがあります。
ダイレクトレスポンスマーケティングは、プロダクトローンチとも共通する次の3ステップで商品を売り込む手法です。

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

プロダクトローンチは商品の発売に向けて集客・教育を行います。発売日までに準備を整え、発売日に一斉に買ってもらうことが目的です。

対してダイレクトレスポンスマーケティングでは、発売後の商品を訴求することも含んでいます。そのためダイレクトレスポンスマーケティングでプロダクトローンチのような「発売日に一斉に売上を作る」ということは難しいです。

 

プロダクトローンチの方法を4ステップで紹介

プロダクトローンチは、次の4ステップで商品を売り込みます。

  1. 集客(プリ・ローンチ)
  2. 教育(リレーションシップ)
  3. 発売(ローンチ)
  4. アフターフォロー(ポストローンチ)

それぞれのステップでどのような行動をとっていくのか、詳しく紹介します。

1.集客(プリ・ローンチ)

まずは商品に興味がある人を集め、リスト化します。リストとして集めた人のことは「見込み客」と呼ぶことが多いです。

見込み客の名前を知るだけでは、その後のステップで教育ができません。メールアドレスなど、連絡手段として使える項目をリストとして集めましょう。

効率的に集客するためには、あなた自身や商品に興味を持った見込み客を1箇所に集めることが大切です。

  • SNS
  • YouTubeチャンネル
  • ランディングページ

このような場所に見込み客を集めてから、メルマガやLINEへの登録を促しましょう。

2.教育(リレーションシップ)

見込み顧客から集めた連絡先に向けて発信を行い、教育していきます。「メールを一回送って終わり」ではなく、商品発売までに継続的に情報を与え、少しずつ関係を築くことが重要です。

教育の積み重ねで、見込み客の「この商品が欲しい」という気持ちを高めましょう。

教育段階で伝えることの例は以下の通りです。

  • 商品のベネフィット
  • 製作秘話
  • モニターからの感想

メルマガやLINEを送るたびに内容を考えるのは大変なので、ステップ型の配信を活用することがおすすめです。

「メルマガ登録後1日目は自己紹介」「登録後2日目は商品説明」というように、内容とスケジュールを設定しておくことで、配信を自動化できます。

購入意欲を高めることだけでなく、見込み客からの信頼感を得ることも目標としていきましょう。

3.発売(ローンチ)

教育により商品への期待感が高まったところで、いよいよ商品を売り込んでいきます。

発売日前後で、購入のタイミングを数回に分けることがポイント。1度では購入を決意できないユーザーを取りこぼさないよう、申し込みのチャンスを増やしてあげるためです。

  • 事前予約
  • 発売開始
  • 追加購入の募集

このように段階的に機会を作り、1度は購入を見送った方でも注文しやすい状況を作りましょう。

予約開始日や発売日までに教育が上手くいっていれば、ユーザーの「この商品をぜひ買いたい!」という気持ちが最高潮に達しているはずです。教育の結果、発売日を心待ちにしているユーザーを増やせれば、スタートダッシュの良い売り出しができるでしょう。

4.アフターフォロー(ポストローンチ)

アフターフォローの段階では、商品を購入してくれた顧客をより良い関係を保つことを意識しましょう。顧客へのアフターフォローが上手くいけば、次の商品を購入するきっかけが生まれます。

事情があって購入できなかった人も、アプローチ次第では再度購入を検討してくれるでしょう。

集客段階で手に入れたリストは、立派な資産です。教育や販売の後のアフターフォローで次のプロダクトローンチにつなげ、商品購入のサイクルを作ってくださいね。

 

プロダクトローンチを成功させる5つの攻略方法

プロダクトローンチを成功させるには、次の攻略方法も意識しましょう。

  1. リスト集めで特典を活用する
  2. 権威性を強調する
  3. 見込み客からアンケートをとる
  4. バックエンド商品を用意する
  5. 発信内容にストーリー性を持たせる

応用的な内容まで紹介しますので、プロダクトローンチをさらに強化するために活用してください!

1.リスト集めで特典を活用する

リスト集めでは、特典を活用しましょう。

例えば教育手段として、LINEへの登録を誘導するとしましょう。ユーザーは「登録作業が面倒くさい」「不要な友だちを増やしたくない」などの理由で、登録をためらうことがあります。

そこで特典を強調し、登録の動機付けとするのです。商品の導入部分を登録者に限定公開したり、チェックリストやテンプレートを配布したりして、ぜひ登録したいと感じさせることが大切です。

2.権威性を強調する

権威性とは「この人が言うのならば信頼できる」と、自分よりも知識を持った人の言うことを無意識に信じる心理のことです。

もしダイエット方法の電子書籍を販売するなら、次のような権威性を強調しましょう。

  • ダイエットの成功体験
  • ダイエットの知識を示す資格
  • 何人ものダイエットを成功させた経歴

特別な資格を持っていない方でも、伝え方を工夫すれば権威性を作ることは可能です。なんの権威もない素人による販売よりも、ダイエットの専門家であると印象付けしたほうが購買意欲が高まります。

3.見込み客からアンケートをとる

教育段階の途中で、見込み客からアンケートを取ることもおすすめです。アンケートで悩みや疑問点を聞き出すことで、見込み客に隠れたニーズを把握できます。

アンケートで浮き彫りになった顧客像に合わせて、商品の企画に反映したり、その後の教育内容を見直したりしましょう。

Googleフォームを使えば、無料でアンケートを作成して簡単な集計までできます。

4.バックエンド商品を用意する

プロダクトローンチでは、バックエンド商品を用意することも大切。

バックエンド商品とは、本当に売りたい本命商品のことです。教育段階を経て購入してもらった商品で信頼を勝ち取ってから、本命であるバックエンド商品を訴求するのです。

教育に成功し、一度購入してくれた人は次の商品にも興味を持ってくれやすいでしょう。購入してくれたのは、あなたを信頼した結果だからです。

最初に売るものよりもさらに高額で魅力的な商品を、アフターフォローの段階でセールスしましょう。

例えば「ダイエットの極意・初級編」を買ってくれた人に「上級編」をセールスし、1つ目の商品との連続性を持たせると、コンプリート欲を刺激できます。

5.発信内容にストーリー性を持たせる

ストーリー性を持たせることで、発信内容の最初から最後まで興味を持ってもらえます。ストーリー性があると「次はどうなる?」とワクワクしながら内容を読み進められるためです。

教育段階で情報発信する際は、ツラツラと内容を書き連ねるのではなく、次の展開を期待させるようなストーリーを意識しましょう。

ユーザーに疑問を持たせたり、答えを予想させたりすることがポイントです。

ストーリーがあれば、人は何百ページもある本や、シリーズものの映画を積極的に楽しめます。プロダクトローンチで発信する内容は本や映画のような大長編ではないので、ユーザーをストーリーに乗せさえすれば、最後まで読んでもらうことは難しくありません。

ぜひこの記事を参考に、商品の発売に合わせてプロダクトローンチを実践してみてください!

そして、ブログに書けないさらに濃い内容のネットビジネスノウハウに関しては僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.