コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【効果抜群】メルマガ開封率を上げる具体策を紹介!タイトルの付け方や分析方法まで

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「メルマガの開封率を上げたい」
「開封率を上げるタイトルは?」
「メルマガの開封率をチェックする方法が知りたい」

ネットビジネス初心者

このような悩みにお答えしていきます。

メルマガを配信しても、興味を持たれなかったり、迷惑メールだと思われたりして、なかなか読んでもらえないことがあります。
メルマガを配信する以上、開封率を上げることは急務です。

しかし、どうやったら開封率を上がるのかわからないという方も多いでしょう。

そこで、この記事では、

  • メルマガ開封率の算出方法
  • 魅力的なタイトルの付け方
  • メルマガの開封率を上げるコツ
  • 開封率を分析する方法

について詳しく解説していきます。

ぜひこの記事を参考に、読んでもらえるメルマガを目指してみてください。

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスに関するノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

メルマガ開封率の算出方法

メルマガの開封率は、計算式で求められます。

(開封数 ÷ メール到達数)× 100

上の式に当てはめて計算してみましょう。

例えば

  • メールの到達率が500件
  • 開封数が200件

の場合、開封率は30%と計算できるでしょう。
計算式:150(開封数)÷ 500(メール到達数)× 100 = 30%

この開封率を計測する方法は、計測するための専用コードを埋め込んだり、HTMLメールに画像を埋め込んでダウンロードされた回数を計測したりします。

そのため、受信者が画像を読み込まない設定にしていればカウントされないため、厳密な数値ではありません。しかし、ある程度の開封率を把握しておくことは、メルマガの改善に役立つでしょう。

 

メルマガの開封率を上げる魅力的なタイトルの付け方

メルマガを開封してもらうためには、まずタイトルが大切です。

自分が読みたいかどうかを基準にしてみると良いでしょう。日々大量に送られてくるメールの中から、ひときわ目を引くタイトルを設定することが大切です。

こちらでは、具体的なポイントを5つに分けて解説していきます。

  1. 数字を使う
  2. 読者に有益な情報を書く
  3. 緊急性や希少性を入れる
  4. 独自性を出す
  5. 文字数に気をつける

魅力的なタイトルの付け方に迷う方は参考にしてみてください。

1.数字を使う

タイトルには、具体的な数字を使ってインパクトを与えるのがおすすめです。

例えば「今がお得!」ではなく「7日間限定30%オフ」のほうが、どれくらいお得なのかをしっかり伝えられます。

「お得」の捉え方は人それぞれなので「10%オフくらいなら別にいいかな」と思われる可能性も考えられます。特に、読者にとって有益な情報は具体的な数字を用いるようにすると、開封率のアップが期待できます。

2.読者に有益な情報を書く

タイトルを見ただけで、読者が「自分の役に立ちそう」「読んでみたい」と思ってもらうことが重要です。

例えば、これは実際によく送られてくるメルマガのタイトルにあったものですが、

  • 「売上No.1!話題の爆睡サプリが50%OFF!」
    →最近眠りが浅くて悩んでいる人に刺さる
  • 「あなたも1日15分、たったの90日で英語が完全記憶できる!?」
    →英語を話せるようになりたいが、時間が無くて困っている人に興味をもってもらえる

など、ターゲットが明確で、具体性があることがわかります。

1つ目に挙げたタイトルが、例えば「サプリメントセールのお知らせ」というタイトルだったら、まず開かないのではないでしょうか。あまりやりすぎると迷惑メールに思われてしまうので注意が必要ですが、あなたがよく受け取るメルマガで思わず目を引くタイトルを参考にしてみるのもおすすめです。

3.緊急性や希少性を入れる

緊急性や希少性がタイトルに書かれていると、購買意欲を掻き立てられます。

例えば、

  • 本日30%オフ
  • 2日間限定!メールを受け取った方は50%オフ

と書かれていたら、今すぐ読まないと損するかもしれないと思うのではないでしょうか。事実無根の内容で釣ろうとするのはよくありませんが、お得なオファーがあるときは、積極的にタイトルに入れるのがおすすめです。

4.独自性を出す

メルマガのタイトルには、独自性をもたせることが大切です。多くの人が、1日に何通ものメールを受信しています。

同じようなメールは開封されない可能性が高いでしょう。そのため、メールタイトルに他社との違いを強調するなどの差別化が必要です。

「このメールは今読まなければ損するかも!」「知りたい情報が得られそうだ」と思ってもらえるタイトルをつけましょう。

しかし、どんなタイトルにすると開封率がアップするのかについては、取り扱う商材やターゲット層により異なります。メルマガを送ったら分析することを繰り返し、読者はどんなタイトルを好むのか、チェックして改善していくのが有効です。

5.文字数に気をつける

メルマガを読んでもらうために、たくさんの情報をタイトルに入れたいところですが、表示数に限りがあることに注意が必要です。

スマホの場合、20文字程度が表示の上限です。スマホユーザーが多いと考えて、なるべく重要なことは冒頭に入れ込むのがおすすめです。

短い言葉にどれだけ重要な言葉を入れられるかを考えると、不要な部分が削ぎ落とされるため、ユーザーの読みやすさもアップするでしょう。

 

メルマガの開封率を上げるコツ7選

タイトルの付け方以外にも、メルマガの開封率を上げるコツがあります。

こちらでは、以下7つのコツを紹介していきます。

  1. 開封されやすい曜日や時間帯を狙う
  2. 適切な配信頻度にする
  3. 読者が閲覧する端末を想定する
  4. 配信リストを定期的に見直す
  5. タイトルで釣るのではなく中身も充実したのもにする
  6. 差出人名を工夫する
  7. 読者との関連性を明らかにする

取り入れられる項目があれば、ぜひ実践してみてください。

1.開封されやすい曜日や時間帯を狙う

メルマガは、開封されやすい曜日や時間帯があります。最適な時間帯や曜日は、ターゲットにより異なります。

  • ビジネスマン:朝や夜の通勤時間帯、または昼休憩の時間。月曜日は未読のメールが溜まっている可能性が高いので、遅い時間か火曜日以降にする
  • 主婦:平日の昼から午後の時間帯
  • 学生:通学時間やお昼休み、就寝前の時間

これらは例えばのケースで、必ずしも上の通りとは限りません。

ターゲット層がどんなシーンでメールをチェックするのかを考えてみましょう。もし、最適な時間帯がよくわからない場合は、実験的にさまざまな時間帯や曜日に配信し、開封率の動向を見てみると良いでしょう。

2.適切な配信頻度にする

配信頻度も、ターゲット層に合わせる必要があります。

最新の情報が欲しいと考える読者なら、毎日配信でも良いでしょう。しかし、まだ購入を検討している段階や、継続利用を迷っているユーザーに毎日メルマガを配信すると「うっとうしい」と思われて登録解除される危険性があります。

情報提供が目的なら毎日、購入を促すメルマガなら週1回〜2回、など読者のニーズに合う頻度で配信するのが良いでしょう。

3.読者が閲覧する端末を想定する

メルマガ読者がメールを開封するときにパソコンなのか、スマホやタブレットなのか、想定して作成するのも大切なことです。

パソコンで読みやすいレイアウトでも、スマホで見ると読みにくくなる可能性があります。

例えば画像サイズ。ファイルが大きすぎると画像が表示されるまでに時間がかかり、読者がストレスを感じて途中で読むのを辞めてしまうことがあるからです。
多くのユーザーがスマホを利用しているので、出先で見ることも考えると、スマホ表示でストレス無く読めるかどうかに重点を置いたほうが無難でしょう。

4.配信リストを定期的に見直す

メルマガは、集めた顧客リストを元に送っているはずです。

しかし、なかには届かなかったり、エラーで未達になっていたり、迷惑メールにフォルダ分けされたりしているものもあります。発信するメールが迷惑メール扱いされると、読みたいと思っているユーザーにも届かなくなるリスクが上がります。

エラーで未達のアドレスは定期的に削除して、配信リストを見直していきましょう。

5.タイトルで釣るのではなく中身も充実したのもにする

開封率を上げるため、メルマガのタイトルを工夫することが大切です。しかし、タイトルはインパクトがあるのに、いざ開いてみたら内容が薄いとなると、2回目以降は開封されなくなってしまうでしょう。

また、タイトルは魅力的に思えるのに内容が全然違っている場合も、早々と登録を解除されてしまいます。

同じクオリティのものを配信し続けても、読者はだんだん慣れてきて新鮮味を感じなくなってきます。新しい内容を盛り込むなどして、読者が飽きない工夫をすることも大切です。

6.差出人名を工夫する

メルマガを開封してもらうためには、差出人名も工夫するのがおすすめです。

できれば企業名ではなく、個人名でメールを送るのがよいでしょう。サイト名やサービス名で送ると、営業感が強くなって開封してもらえない可能性が高いからです。

なお、個人名で送るのは、特にBtoBの場面におすすめです。BtoCでは、個人名でメールが来ると怖いと思われる可能性もあるので、すべての場合に有効とは言えませんが開封率を上げる選択肢のひとつにしてみてください。

7.読者との関連性を明らかにする

メルマガと読者の関連性を明らかにするようにしましょう。読者が「自分のことを言っている」と思うことが大切です。

例えば、女性用の化粧品の場合「肌荒れに悩むあなたへ」よりも「毎日育児に追われて十分なスキンケアができないあなたへ」の方が、より自分のことだと思うものです。

また、メールの文面には「◯◯様へおすすめの商品」などと、個人名を入れることでより親近感を持ってもらえることもあります。

この方法も、人によっては「個人情報を入れるなんて…」といぶかしく思う人もいるのでケースバイケースですが、なかなか開封率が上がらないときは試してみてください。

 

メルマガの開封率を分析する方法

メルマガの開封率を上げるには、分析が必須です。

メルマガの開封率を分析する方法はいくつかありますが、こちらでは2通りの方法を紹介していきます。

  1. Google Analyticsを使う
  2. メール配信ソフトを使う

ぜひ参考にしてみてください。

1.Google Analyticsを使う

Google Analyticsは、Webサイト内の分析ツールですが、メルマガの開封率や到達率・クリック率も測定できます。

無料で利用できるのが利点ですが、HTMLメールを使用しなければならないのがややネックです。コードの埋め込みが上手くいかないと正しく測定できないこともあるため、利用する際は注意が必要です。

2.メール配信ソフトを使う

HTMLがよくわからない、簡単に解析したいという方は、メール配信ソフトを利用するのがおすすめです。配信ソフトの種類により利用できる機能が異なります。

到達率やステップメールにも対応しているか・配信数の上限は十分足りるか、など必要な機能が備わっているソフトを利用しましょう。また、定額制や従量課金制など料金形態もチェックして、最適なサービスを選んでみてください。

 

メルマガの開封率を上げて売上アップにつなげよう

メルマガを配信するなら、開封率をチェックすることが必須です。送っている件数に対し、開封率が低いなら改善していかなければなりません。

また、開封率を上げるには、定期的に配信リストを見直すことも大切です。メルマガの開封率を解析し、改善を繰り返して効果的なマーケティングを行ってみてください。

メルマガの作り方については関連記事「【サルでもわかる】読まれるメルマガの作り方7STEP!無料配信ツールや文章のコツを紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

そして、ブログに書けない更に詳しい転売のノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.