コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【悲報】メルマガのリスト購入は高リスク!自分の力で読者を増やす7つのコツを解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「メルマガのリストは購入してもよい?」
「リストを購入するデメリットが知りたい」
「リストを購入しなくても読者を増やす方法は?」

ネットビジネス初心者

心者

このような悩みにお答えしていきます。

メルマガ配信をビジネスに取り入れたいと考えたとき、どうやって顧客リストを取ればいいのか迷う方も多いでしょう。

手っ取り早いのが顧客リストの購入です。しかし、さまざまな理由からメルマガのリストを購入するのはおすすめの方法とは言えません。

なぜ購入してはいけないのでしょうか。

そこで、この記事では、

  • メルマガのリスト購入をおすすめしない理由
  • リストを購入せずに読者を増やす方法
  • 効果的なメルマガの配信方法

について詳しく解説していきます。

特に、純粋に読者を増やす方法についても紹介するので必見です。ぜひこの記事を参考に、メルマガをビジネスに役立ててみてください。

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスに関するノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

メルマガのリスト購入をおすすめしない4つの理由

メルマガのリスト購入はおすすめできません。

その理由は以下4点です。

  1. 読んでもらえない
  2. 迷惑メールを判定されて到達率が低くなる
  3. GDPRのルールに違反する可能性が高い
  4. ブランディングが低下する恐れがある

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.読んでもらえない

購入したメルマガリストを元にメールを配信しても、まず読んでもらえないでしょう。

自分に置き換えて見れば、よくわかります。知らない人から何の興味もないメルマガが届いたら「迷惑メールが届いた」と考えて、削除するかゴミ箱に捨ててしまうでしょう。

そこまでしなかったとしても、読まずに放置するはずです。メルマガは、配信先だけ増やしても開封されなければ意味がありません。

1000人に配信して1人に読まれるよりも、100人に配信して10人に読まれるほうが、ずっと効果的です。

商品に興味を持っている人や、気になっている人に配信しなければ、迷惑メールを大量に送り付けている業者と同じです。

2.迷惑メールを判定されて到達率が低くなる

リストを元にメールを送って、受け取った人が迷惑メールボタンを押します。そうなると、あなたが送ったメールは迷惑メールと判定されてしまいます。

既存の読者にも届かなくなる可能性が高まり、到達率は著しく低下するでしょう。メルマガを送信したら、開封率や離脱ポイントを分析して改善することが大切ですが、そもそもメールが届いていなければ分析もできなくなります。

メルマガを長期的に運用する際に、かなりのダメージを受けるので、リスト購入はおすすめできません。

3.GDPRのルールに違反する可能性が高い

GDPRは、欧州連合(EU)法で、企業が顧客の個人情報を使用するのに厳しい義務を課しているものです。2018年5月25日に施行されました。GDPRはEU域外の事業者にも適用されるので、注意が必要です。

顧客リストを購入したと慣れば、違反行為と認定されて罰則を課される可能性が高まります。個人情報の取り扱いはどんどん厳しくなってきています。

個人情報保護委員会「GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)」には詳しいガイドラインやセミナー開催の案内も行っているので、GDPRについてもっと詳しく知りたい方は、チェックしてみてください。

4.ブランディングが低下する恐れがある

顧客リストの購入は、最終的にブランディングを低下させる危険性があります。今は誰もがSNSを使って書き込みができ、悪評はあっという間に世間に知れ渡ります。

「〇〇という企業からいきなりメールが届いた」と書き込めば、同じ被害者が出てきたり、根も葉もない噂まで飛び出したりして、結果的にあなたあのブランディングが低下する可能性も考えられます。

一度ブランドが傷つくと、回復は難しくなるので、手を出さないほうが良いでしょう。

 

メルマガのリストを購入せずに読者を増やす方法

メルマガのリストを購入せずに読者を増やす方法にはどんなものがあるのでしょうか。

こちらでは、メルマガの読者を増やす方法を7つ紹介していきます。

  1. ブログやサイトから集客する
  2. SNSを活用する
  3. LINEを使う
  4. YouTubeに動画をアップする
  5. 無料レポートを提供する
  6. メルマガを紹介してもらいアフィリエイトを支払う
  7. メルマガ配信者に告知してもらう

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.ブログやサイトから集客する

ブログやWebサイトを運営しているなら、そこから集客をするのがおすすめです。役に立つ情報を発信し、訪れたユーザーにメルマガ登録を促していきます。

他の集客場所からブログサイトへ誘導するのも有効です。日々ブログやWebサイトの運営にも力を入れましょう。

2.SNSを活用する

TwitterやFacebookなどのSNSを活用して、集客につなげる方法もあります。

  • Twitter:リツイート機能により、多くの人に拡散できる
  • Facebook:有料広告を活用してアクセスを集めることが可能
  • Instagram:写真や動画から集客できる、安価に広告を配信できるのもメリット

SNSにはそれぞれ特徴があり、利用する層も異なります。できるだけ多くのSNSを運用して集客効果を高めてみてください。

Twitterの集客方法については関連記事「【効果テキメン】Twitterで集客するコツ7選!おすすめツールや成功事例を紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

3.LINEを使う

ユーザー数が多いLINEを集客に利用するのもおすすめです。幅広い年代の人にリーチできるので、SNSではカバーしきれないユーザーを集めるのに適しています。

まずは、公式アカウントに友達登録してもらう必要があります。しかし、ただ登録を促すだけでは友達になってもらえる可能性は低いので、特典を用意するのがおすすめです。

例えば、友達登録でクーポンや無料ダウンロードできる資料など。SNSやブログでもLINE友達登録を告知していくとよいでしょう。

公式アカウントを利用して、メッセージ配信やステップ配信を行ってみてください。

LINEアカウントの運用方法については関連記事「【ビジネス活用術】LINE公式アカウント運用のやり方を徹底解説!事例や使い方を紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

4.YouTubeに動画をアップする

YouTubeも有効活用して、集客していきましょう。アクセス数が増えれば、他の広告サービスよりもコストを抑えて宣伝できます。

顔出しで動画を配信すれば、信頼度アップにつながるのもメリットです。顔が見えない相手に不安を感じる人も多いので、あなたの人となりがわかれば、メルマガ登録してくれる可能性も上がります。

YouTubeはSEOにも強いので、集客に利用するのに向いています。編集に手間がかかりますが、その分効果も見込めるのでぜひ活用してみてください。

5.無料レポートを提供する

有益な情報をPDFファイルにし、見たいと思ったユーザーに無料で提供する方法もあります。メールアドレスを入力して入手できるようにしておけば、自然とメルマガリストを増やすことが可能です。

ブログで紹介したり、無料レポート紹介サイトに登録するのもおすすめです。

無料レポート紹介サイトには、以下のようなものがあります。

これらのサイトは、無料レポートを作る際の参考にもなるので、気になる方はチェックしてみてください。レポートを見たいと思った人のリストは、かなり濃いものになるので、実践してみましょう。

6.メルマガを紹介してもらいアフィリエイトを支払う

メルマガを紹介してもらう代わりに、紹介料としてアフィリエイト報酬を支払う方法もあります。ある程度の資金力やスキルが必要な方法ですが、読者数を確実に増加させるのに効果的です。

読者が増えてきて、収益も上がってきたらアフィリエイトに挑戦してみるのも良いでしょう。

7.メルマガ配信者に告知してもらう

他のメルマガ配信者に、自分のメルマガを告知してもらう方法もあります。読者数が多い配信者に紹介してもらえれば、そこから自分のリストを増やしていくことが可能です。

できれば、配信者が多い人に依頼したいところですが、なかなか引き受けてもらえないこともあります。その場合は、発行部数が同じくらいの人と相互紹介する方法も有効です。

 

メルマガを効果的に配信する方法

メルマガリストが充実してきたら、効果的な配信方法を行うことも意識してみてください。3つのコツを紹介します。

  1. 顧客リストをカテゴリ分けする
  2. ステップメールを配信する
  3. 配信ツールを活用して管理を楽にする

ぜひ参考にしてみてください。

1.顧客リストをカテゴリ分けする

メルマガを効果的に配信するためには、顧客リストをカテゴリ分けするのがおすすめです。

例えば、商品の購入を目的としたリストでも、集めた顧客にはさまざまなタイプがあります。

  • 商品の購入を迷っている人
  • 購入したいけど、もう少し情報が欲しい人
  • すでに購入したけど、より詳しい情報が欲しい人 など

すべての人に同じメルマガを配信しても、満足してもらえません。すでに購入した人に、その商品の使い方や無料体験案内をしても、有益とはいえないでしょう。
顧客リストが充実したら、カテゴリ分けしてその人に最適な内容を配信してみてください。

2.ステップメールを配信する

ステップメールは、配信内容をいくつかのステップに分けて送る方法です。顧客が求める情報を適切なタイミングで送れるので、ユーザーが定着しやすいメリットがあります。

例えば、無料ダウンロードをしてくれた顧客に対して3ステップでメールを送ると考えてみましょう。

  1. お礼メールと、期間限定のお得な情報
  2. お得な情報は届きましたか?という内容
  3. お得なキャンペーンの締切が近くなっていますという内容

このように設定しておくと、いきなり「ぜひ買っててください!」と送るよりも、商品の購入を検討してもらいやすくなります。

ステップメールのテンプレートについては、関連記事「【超簡単】ステップメールのシナリオテンプレート5選!おすすめの流れや作り方4STEPを解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

3.配信ツールを活用して管理を楽にする

メルマガ配信ツールを活用すると、管理が楽になります。送信の手間が省けるのはもちろん、リストの管理や、メルマガの開封率なども確認できるのがメリットです。

配信ツールには、無料・有料どちらもあります。件数が多かったり、機能が充実していたりするツールは、料金も高くなる傾向です。

しかし、これまでメルマガの配信やリスト管理に時間がかかっていた人は、ツールにより効率化できるので、時間の節約が可能です。結果的にはコスト削減に繋げられるかもしれません。

メルマガリストの件数が増えてきたら、ツールの導入を検討してみてください。

 

メルマガリストは購入するのではなく自分で増やすのがおすすめ

メルマガのリストは、購入するのではなく自分で増やしていくことが有効です。リストを購入してもメールを読んでもらえる可能性は低く、個人情報保護の面からも良い方法とはいえないからです。

メルマガのリストを増やす方法はいろいろあります。ブログの運営やSNSの運用は手間がかかりますが、濃いリストには必須です。

メルマガを効果的に活用するために、充実したリストを取ってみてください。

そもそも、メルマガの作り方は?と疑問に思う方は関連記事「サルでもわかる】読まれるメルマガの作り方7STEP!無料配信ツールや文章のコツを紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

そして、ブログに書けない更に詳しいオンラインビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.