コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【完全網羅】ネットビジネスで稼げる仕組みを解説!アフィリエイトやSNSで不労所得を目指そう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「ネットビジネスってどんなもの?」
「ネットビジネスってどんな仕組みで稼げるの?」
「具体的にどんな稼ぎ方があるの?」

ネットビジネス初心者

このような悩みにお答えしていきます。

インターネットを使ったビジネスは、場所や時間に縛られないので魅力的。やってみたいなと思うものの、どうやって稼いでいるのか具体的な仕組みがわからないと、怪しいなと不安になるかもしれません。

現在はオンラインビジネスを自動化し、月商2,700万円を突破した僕ですが、昔は知識ゼロ。そこからでも、ネットビジネスの仕組みを正しく理解すれば、しっかりと稼いでいくことは可能です。

そこで、この記事では

  • ネットビジネスが稼げる仕組み
  • ネットビジネスを行うメリット・デメリット
  • 具体的にスタートしやすいビジネス

を詳しく解説しました。

これからネットビジネスを始めたい方はぜひ参考にしてください!

なお、ブログに書けないさらに濃い内容のノウハウに関しては僕のメルマガで配信しています。登録も配信解除も無料なので、ぜひ活用してみて下さい!

 

ネットビジネスって何?稼げる仕組みをサクッと解説

そもそも、ネットビジネスって何をするの?と疑問を持つ方に向けて、稼げる仕組みを簡単に解説します。そもそもネットビジネスは、インターネットを活用したビジネス全般を指します。

  • ネット上で物品の売買
  • ネットを介したサービスの提供
  • ネットを通じた情報配信

など、ネットを使ってお金を稼ぐビジネスすべてが当てはまります。

取引がインターネット上で行われるだけで、モノやサービスを売買しているというところは実店舗を持つビジネスと変わりません。ネットビジネスは何も特別なものではないのです。

ただし、なかには詐欺まがいのビジネスも存在します。

  • 100%稼げる
  • スキマ時間で簡単にできる
  • 楽して自動で儲かる

というものは、危険。下準備なしに100%誰でも稼げることはありません。また、今までやっていたことを自動化して収益を上げることはできますが、何もせずに自動で儲かるビジネスもないです。

繰り返しになりますが、ネットビジネスは取引がインターネット上で行われるだけで特別なものではありません。それぞれメリット、デメリット、何をしたら稼げるのか理解しましょう。

 

ネットビジネスの4つのメリット

ネットビジネスには、4つのメリットがあります。

  1. 時間にしばられない
  2. 遠くの顧客にもリーチできる
  3. 利益率が高い
  4. 初期投資が少ない

それぞれ詳しく解説します。

1. 時間にしばられない

ネットビジネスは時間に縛られずにできるのがメリット。昼でも夜でも、自分が働きたい時間に仕事をすることができます。

週末だけ、帰宅してからだけという働き方もできるので、副業にもピッタリ。通勤して場所に縛られることもないので、小さなお子さんがいる方でも働きやすいでしょう。

2. 遠くの顧客にもリーチできる

実店舗ビジネスと異なり、インターネットが繋がっている地域であればどこにでもリーチできます。日本語のサービスであれば、ほぼすべての日本人を対象にビジネスできるでしょう。もし英語が使える場合は、さらにチャンスが広がります。

どれだけ遠くの人まで対象にしたとしても、近場の人だけにアプローチするのと費用も物理的な負担も変わりません。ネットビジネスをすることでより多くの人にアプローチできるのは、夢があるところですね。

3. 利益率が高い

オンラインビジネスは一般的に利益率が高め。なぜなら、ものが介在しないビジネスモデルも多いから。たとえば、過去の経験をもとにまとめたコンテンツを売る場合、必要なのはインターネット費用とパソコンだけ。商品・サービスを作るのにかかる費用がほぼありません。

また、最初に仕組みを作ってしまえば、その後はあまり手をかける必要がない仕事もあります。このようなビジネスを選べば、利益率はどんどん上がっていくでしょう。

4. 初期投資が少ない

オンラインビジネスは、初期投資が少ないのもメリット。内容にもよりますが、パソコン一つで資本ゼロで始められるビジネスも少なくありません。

実店舗を保つビジネスの場合、家賃などの固定費や最初に在庫を抱えるリスクも。その点、先に準備するものがほとんどないので、ネットビジネスはお金がない人でも始めやすいでしょう。

 

ネットビジネスの2つのデメリット

ネットビジネスには知っておきたいデメリットもあります。

  1. 常にスキルアップが求められる
  2. 初期は売上が立ちにくい

ぜひ始める前に理解しておきましょう。

1.常にスキルアップが求められる

インターネットビジネスを始めるときは、常にスキルアップすることが求められます。ネットの移り変わりは早いからです。

たとえば昔は情報発信といえばメルマガが主流。しかし今では、公式LINEやYouTubeなど、発信の媒体が増えてきました。プログラミング言語も、どんどんアップデートが繰り返され、新しいものも出てきています。

このように、インターネット市場環境は、ほかに比べて圧倒的に変化が早いもの。常に勉強し、トレンドを抑える姿勢がないと、一時的に稼げても継続できない可能性があります。

2.初期は売上が立ちにくい

ネットビジネスは、初動で売上を立てにくいのがデメリット。会社で働いたりアルバイトをしたりする場合、出勤初日から安定して給料がもらえます。一方で、ネットビジネスは個人で始めても時間がかかることが多いです。

たとえば、ブログの場合は初めて収益が出るまでに半年ほど時間がかかるのが一般的。YouTubeで収益化するならば、登録者1,000人を超えるのが最低条件のため、動画を撮ってもお金にならない時期を過ごすことになります。
情報発信する場合も、そもそも自分のことを知られていないといけないので、明日からすぐ稼げるわけではありません。

このように、比較的お金が手元に入るまでに時間がかかりやすいのはデメリットでしょう。

 

スタートしやすいおすすめネットビジネス9選

ここではスタートしやすいおすすめのネットビジネスを9つ紹介します。

  1. せどり
  2. アフィリエイト・アドセンス
  3. Webライティング
  4. 動画編集
  5. コンテンツ販売
  6. Webデザイン
  7. イラスト制作
  8. オンライン講師
  9. YouTube

自分にあったものを探してみてください。

1.せどり

せどりは、安く物を仕入れて高く売り、利益を得るネットビジネス。たとえば、海外で珍しいものを安く仕入れて日本で高く売れば、差額が儲かりますよね。このように、仕入れた商品をそれより高く販売するのが簡単なせどりの仕組みです。

商品が売れればすぐに収益が得られるので、即金性が高いのがメリットです。最初に仕入れ分の初期費用が必要なのと、個人相手にやり取りする場合はトラブルになるリスクがある点に注意しましょう。

2.アフィリエイト・アドセンス

ブログを立ち上げて、そこで商品を紹介することで稼ぐのがアフィリエイト・アドセンスです。ブログ内で取り上げた商品を買ってもらうことで、紹介料がいくらか貰える仕組みになっています。

様々なジャンルの広告があるので、よく知っているジャンルや単価の高い商品を扱うことが可能です。

高いものでは、1件買ってもらうと10,000円以上もらえるケースもあります。

3.Webライティング

Webライティングは、企業やアフィリエイトをやっている個人に向けてネット記事を書く仕事。

パソコン一つで始められ、即金性も高いのがメリットです。Webライティングの場合、記事を納品するごとに報酬がもらえる仕組み。1記事あたりの値段が予め決まっているか、書いた文字数に応じて単価が決まるケースがほとんどです。

書いた分だけ稼げるので、クライアントに求められる記事が書ければどんどん収益をあげられます。

4.動画編集

動画編集は、企業やYouTuberに向けて、動画の編集を代行するビジネスです。

撮影が終わった動画が送られてきて、見やすい形にカットしたりテロップをつける仕事がほとんど。1本あたりの単価が決まっており、編集するほど稼げる仕組みです。

また、能力が認められれば動画の企画や台本を巻き取ることもあります。ここまでできると1本あたりの単価が上がるので、より稼げるようになるでしょう。

5.コンテンツ販売

コンテンツ販売は、自分のノウハウやスキルをまとめ、販売するビジネスです。

たとえば、

  • せどりのおすすめの仕入先
  • アフィリエイトでより商品を買ってもらう書き方

など、ほかのネットビジネスとも相性がいいのがメリット。コンテンツが売れるごとにお金が手元に入ってくるので、一回書いてしまえば少労所得で稼げます。

ただし、自分自身に実績や知名度がないと、なかなかコンテンツが売れない可能性があるのは理解しておきましょう。

6.Webデザイン

Webデザインの仕事は多岐にわたります。ホームページのバナーやチラシを作成するほか、ホームページの見た目を考える仕事まであります。

Webデザインの場合、報酬の仕組みは大きく分けて2つ。

  • 直接依頼
  • コンペ形式

直接依頼の場合は、それぞれ一本あたりの単価が決まっており、クライアントのOKが出たところでお金が貰える仕組みです。継続的なバナー作成などは直接依頼になることが多いでしょう。

コンペ形式は、期間内に応募者を募り、採用になった人に支払いをするシステム。サイトロゴの作成など、複数の選択肢からとっておきを選びたい場合はコンペになることが多いです。

コンペ形式の方が一般的に単価は高め。ただし、選ばれないと支払いもないデメリットもあります。

7.イラスト制作

SNSのアイコンを作成したり、挿絵を書いたりするのがイラスト制作の仕事です。

依頼主の求めるイメージに合わせてオリジナル画像を作成し、それに合わせた報酬をもらいます。また、色紙やキャンバスに描いたイラストをそのまま販売することも可能です。

イラストの作成実績を画像つきで見せるのがポイント。画風がわかると、その雰囲気が気に入った人から依頼が来るでしょう。

8.オンライン講師

オンラインで教える仕事もおすすめ。

  • オンラインヨガ
  • オンライン家庭教師
  • オンライン料理教室

など、ネット上で教える仕事は増えてきています。ほとんどの場合は時給制で、教えた分だけお金が貰える仕組みです。

本業があり、その分野のスキルがある方にはかなり始めやすいネットビジネスでしょう。

9.YouTube

YouTubeに動画を投稿し、稼ぐことも可能です。稼ぐ仕組みは大きく分けて3つ

  • 広告収入を得る
  • 企業の案件をもらう
  • 自分のサービス販売につなげる

YouTubeでは視聴者が動画をみている途中で広告が流れます。動画が見られるほど、この広告収入がもらえるようになります。報酬は再生回数が多いほど伸びますが、1再生あたりの単価はチャンネルの人気やジャンルによって様々です。

そのほか、商品をPRしてほしい企業から直接依頼を受けることも。この場合は1本あたりの料金が提示され、指定された動画を取ります。

そのほか、自分で他のビジネスをやっている場合は、サービス販売につなげるのも一つの手。ここからも収益化することが可能です。

 

ネットビジネスを仕組み化すると事業が拡大

ここまでネットビジネスが稼げる仕組みを説明してきましたが、やり方を知ればけっして怪しいものではありません。むしろ、初期投資がほぼかからないなど、リスクが低いというメリットがあるので、初めてのビジネスにもおすすめできます。

なお、ネットビジネスで大きく稼ごうとするならば、「仕組み化」が大切。最初は自分が手をかけていたところを、徐々に自分がいなくても回るようにしていくことで、より少ない労力で稼げるようになります。

僕のメルマガでは、ネットビジネスを仕組み化していく方法を紹介しています。ブログには書けない情報も公開しており、入退会無料なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.