コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【視聴数UP】魅力的な動画コンテンツの作り方6ステップ!YouTube投稿に活かせる4つのコツとは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「動画コンテンツの作り方を知りたい」
「動画コンテンツにはどんな種類がある?」
「作る際のポイントは?」

ネットビジネス初心者

このような悩みにお答えしていきます。

YouTubeをはじめとする動画コンテンツが気軽に作れるようになり、ネットビジネスに導入したいと考える方も多いでしょう。
しかし、どうやって作ればよいのか、どんな内容にすればよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

  • 動画コンテンツの種類
  • 動画コンテンツの作り方6ステップ
  • 作るときのポイント

について詳しく解説していきます。

動画コンテンツを作るからには、たくさんの人に見てもらい、ビジネスの成功に役立てたいですよね。

ぜひこの記事を参考に、動画コンテンツの作り方やコツをチェックしてみてください。

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスに関するノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

動画コンテンツの6つの種類

動画コンテンツにはどのような種類があるのか、確認してみましょう。

こちらでは、以下6種類を紹介していきます。

  1. 商品やサービス紹介
  2. 動画広告
  3. 社内向け映像
  4. 採用者向けコンテンツ
  5. イベントの紹介
  6. 専門家へのインタビュー

どの動画コンテンツを取り入れると良いのか、ご自身のビジネスと照らし合わせてみてください。

1.商品やサービス紹介

購入してもらいたい商品やサービスを、視聴者向けにわかりやすく紹介するために動画コンテンツを作る方法があります。文字のみや画像だけよりも、より情報が伝わりやすいメリットがあります。

商品の使いやすさを伝えるデモンストレーションや、使い方を教えるハウツー動画など、扱う商材に合わせて選ぶのがおすすめです。

見込み顧客にも、商品の良さを伝えやすいので、積極的に商品サービスには動画を利用するのが良いでしょう。

2.動画広告

SNSやYouTubeなどに、自社商品を紹介する動画を流す方法があります。動画広告のメリットは、不特定多数のユーザーに見てもらえる可能性が高いことです。

例えば、Instagramに広告を載せれば、若い世代のユーザーにも商品を知ってもらえる確率が上がります。魅力的な動画広告を作れば、商品購入やメルマガ登録などへ誘導できるでしょう。

ただし、広告を出すとなると高額な料金がかかるので、個人で行うのはややハードルが高いかもしれません。

3.社内向け映像

動画コンテンツは、社外向けだけでなく社内向けに作ることもあります。研修用の動画を作ったり、営業に使うプレゼン資料にしたり、さまざまな用途に活用できます。

YouTubeを利用すれば、社内のみの限定公開にして簡単に共有しやすくおすすめです。

4.採用者向けコンテンツ

採用者が見るためのコンテンツを動画で作る方法も有効です。

近年、YouTubeを使って企業情報を動画で公開することが増えてきています。パンフレットのみに比べて、伝えられる情報が多く魅力が伝わりやすいのもメリットです。

実際に働いている人の様子や、インタビューなども取り入れて「ここで働きたい」と思ってもらえるような動画コンテンツを作ることが大切です。

5.イベントの紹介

イベントを行ったときの動画をコンテンツにする方法もあります。開催時の様子をコンテンツにすることにより、視聴者は次回のイベント参加を検討しやすくなるでしょう。

それに加えて、イベント紹介動画は企業PRや採用者向けにも活用できます。

6.専門家へのインタビュー

商品やサービスの信頼性を高めるために、専門家へのインタビュー動画をコンテンツ化するのもおすすめです。例えば、健康に関する商品なら、医者、法律に関わることなら弁護士など。

権威のある人へのインタビューは、ただ商品の良さを紹介するよりも、信頼性を上げやすくなります。信頼性が高いかどうかは、購入を検討するときに大切な要素です。

 

動画コンテンツの作り方6ステップ

動画コンテンツをどうやって作っていけばよいのか、具体的に知りたいと考えるでしょう。

動画は、単純に撮影すればよいのではなく、事前の計画も大切です。以下6つのステップに分けて、解説していきます。

  1. ターゲットを明確にする
  2. ユーザーに伝えたいコンセプトを設定する
  3. 企画・構成を考える
  4. 撮影の準備をする
  5. 撮影する
  6. 編集する

動画コンテンツを作成する流れを知りたい方は、ぜひ確認してみてください。

1.ターゲットを明確にする

まずは、動画を作る前にどんな人をターゲットにするのか、明確にすることが大切です。

例えば、10代がメインターゲットなら、TikTokのような短い動画、高齢者向けなら多少長くても丁寧な動画を作成したほうが好まれるでしょう。
ターゲットを明確にすることで、動画の内容はもちろん、長さや会話のスピード・音量などもターゲットに最適なコンテンツを作るために必要な情報が得られます。

2.ユーザーに伝えたいコンセプトを設定する

動画コンテンツで、ユーザーにどんなことを一番伝えたいのか、コンセプトを設定しましょう。コンセプトというと難しく感じるかも知れませんが、簡単にいうと商品やサービスの「売り」のことです。

例えば「使いやすさ」が売りなら、その商品がどれだけ使いやすいのかをしっかり動画で伝える必要があります。

極端ですが、その商品がどれだけ使いやすいのかが伝われば、多少価格が高くても購入したいと思ってもらえるはずです。

商品の強みを見つけ、魅力がしっかり伝わるように動画コンテンツを作ることを意識してみてください。

3.企画・構成を考える

ターゲットとコンセプトが明確になったら、企画・構成を考えていきます。動画コンテンツでは、構成の設計に絵コンテを使うケースがほとんどです。

テキストで作る台本とともに、セリフやナレーション、動きなどを絵コンテで作成します。

ユーザーに必要な情報を過不足無く入れるように構成を考えましょう。

4.撮影の準備をする

いよいよ撮影を行っていきます。必要なアイテムは、動画コンテンツの内容により異なりますが、必須アイテムは以下のとおりです。

  • カメラ
  • 三脚
  • マイク
  • 台本
  • 照明(暗い場所で撮影する場合)

撮影はスマートフォンでも良いですが、商品の詳細を伝える必要がある場合は、高画質なカメラを用意したほうが良いでしょう。また、三脚があれば、手ブレを避けられるのでより見やすい動画コンテンツを撮影できます。

出演者についても、事前にしっかりキャスティングしておくことが大切です。社内の人が出演するのか、プロに依頼するのか。長い説明が多い場合は、プロのナレーターに依頼したほうが、コンテンツの質が高まります。

5.撮影する

準備がしっかり整ったら、撮影を開始していきます。短い動画でも撮影は何時間もかかることがあるので、十分に時間を確保しておくと良いでしょう。

外で撮影するなら、天候に左右されるので候補日をいくつか作っておくと安心です。

撮影の際は、テロップを入れることを想定してちょうどよい画角を意識することが大切です。テロップの場所を確保して撮影すれば、後の作業がぐっと楽になるでしょう。

6.編集する

動画の撮影が終わったら、編集作業を行います。

  • BGM
  • ナレーション
  • テロップ
  • 商品画像や会社のロゴ

など、必要な情報を追加していきましょう。動画編集ソフトを用意しても良いですが、Windowsムービーメーカー(Windows)やiMovie(mac)など標準装備されているものでも十分です。

初めのうちは標準ソフトを使い、もっと複雑な作業が必要になったときに編集用ソフトを購入するのがおすすめです。

 

動画コンテンツを作るときのポイント4つ

動画コンテンツを作るときのポイントを4つ紹介していきます。

  1. 動画が長くなりすぎないよう注意する
  2. 最初の10秒でユーザーを引きつける
  3. 分析・改善を繰り返し行う
  4. SEO対策を行う

良い動画コンテンツを作る際の参考にしてみてください。

1.動画が長くなりすぎないよう注意する

動画が長くなりすぎないように注意しましょう。動画を多くの人に見てもらうことは大切ですが、途中で離脱されないことも大切だからです。

そもそも、商品やサービスに興味を持っている人なら、多少長い動画でも最後まで見てくれるでしょう。しかし、興味のないユーザーは動画が長いと途中で視聴をやめてしまう可能性が高く、大事なことを伝え切れません。

説明が長くなる場合、詳細はテキストコンテンツにしてURLを記載しておくなどして、動画にすべて詰め込もうとしないほうが良いでしょう。

2.最初の10秒でユーザーを引きつける

動画を最後まで見てもらえるかどうかは、最初の10秒で勝負が決まると言われています。最初の10秒は特に力を入れて作り込みましょう。

テンポが悪かったり、導入が流すぎて動画でどんなことを伝えたいのかわからなかったりすると、最後まで閲覧してもらえる可能性は著しく低下します。

早い段階で、その商品を使うことによりユーザーにどんなメリットがあるのかを提示することがおすすめです。

3.分析・改善を繰り返し行う

動画コンテンツは、作って終わりではありません。特に、動画をマーケティングに利用する場合は、分析・改善を行うことが必須です。

例えば、以下のような内容が分析対象です。

  • クリック数:どんなタイミングでクリックされやすいのか(SNSで宣伝したとき、動画を公開してすぐなど)
  • 視聴者層:狙った視聴者層に見てもらえているか。もし想定外の視聴者層が多い場合は、コンテンツの内容を見直す必要がある
  • 離脱ポイント:どこで視聴をやめてしまう人が多いのか。該当箇所を改善する必要がある

分析・改善を繰り返して多くの人に動画を閲覧してもらえるようにしていきましょう。

4.SEO対策を行う

動画コンテンツは、Web上にアップするだけではなかなか見てもらえません。そのため、タグ付けを行ったり、足りない情報をテキストで補ったりして、SEO対策を行いましょう。

SEO効果が高まれば、検索にヒットしやすくなるため、多くの人に見てもらえる可能性が高まります。SNSで宣伝することも有効ですが、見てもらえるのはフォロワー中心です。

その他のユーザーにも動画コンテンツを見てもらうためには、SEOで検索順位を上げて、SNSではアプローチできない人の目に留まるようにしてみてください。

 

動画コンテンツの作り方を知り集客アップにつなげよう

動画コンテンツは、文字のみに比べてより多くの情報を伝えられるメリットがあります。自社商品やサービスをアピールしたり、社内資料にしたりして、有効活用してみてください。

動画コンテンツを多くの人に見てもらうためには、分析して改善していくことが必須です。ユーザーにとって役に立つ動画を作って売上げアップ目指していきましょう。

こちらの記事では動画コンテンツについて解説していますが、音声コンテンツについては関連記事「【想いが伝わる】音声コンテンツの作り方4ステップ!おすすめプラットフォームや活用法を解説」にて解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

そして、ブログに書けない更に詳しいオンラインビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.