コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【事例あり】Lステップを集客に活用する方法!マーケティングに効果的な5つの機能を紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「Lステップは集客に使える?」
「具体的にどうやって集客するの?」
「Lステップで集客している例は?」


Lステップ
初心者

マーケティングやネットビジネスで耳にする機会が増えてきた「Lステップ」ですが、集客への活かし方がいまいちピンときていない方も多いのではないでしょうか。
そもそもLステップとは、LINE公式アカウントの機能をパワーアップさせるための外部ツールです。

結論からお伝えすると、LステップとLINEを連携することで、本来LINEだけでは難しかった高度なマーケティングが可能になり、集客を効率化できます。

この記事では、Lステップの集客への活かし方について知りたい方のために、

  • Lステップで集客するメリット・デメリット
  • 集客に使える機能
  • 集客のコツ
  • 活用事例

などを詳しく紹介していきます。

これからLステップを使う方でも「Lステップを導入しているけど上手く集客できていない」という方でも、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

Lステップを集客に活用する3つのメリット

Lステップを上手に活用するとあなたのビジネスへの集客がどのように変化するのか、メリットを3つお伝えしていきます。

  1. LINE単体よりも高度な配信ができる
  2. 顧客情報を管理しやすい
  3. 流入経路を分析できる

Lステップを集客に使うべきか迷っている方は、ぜひご確認ください。

1.LINE単体よりも高度な配信ができる

Lステップは、LINEの機能を拡張するためのツールです。本来LINEにはなかった高度な機能が使えるようになり、より自由度の高い配信ができるようになります。

例えば、Lステップを導入することでパワーアップするのは、次のような機能です。

  • ステップ配信をする
  • セグメントで配信内容を分ける
  • メッセージへの自動返信

ステップ配信は、LINE公式アカウントにはないLステップ特有の機能です。

さらにセグメント配信と自動返信は、Lステップを使うとLINE単体よりもさらに高度な設定ができるようになります。
Lステップで機能を増やすことで、集客でできる施策の幅が広がるでしょう。

集客に使えるLステップの機能については、記事内の「集客に使えるLステップの機能5選」で詳しく紹介しています。

2.顧客情報を管理しやすい

Lステップでは、LINEを購読してくれた「友だち」の顧客情報を詳しく管理できます。次のような項目で友だちをグループ分けし、分析できるのです。

  • リンクへのアクセス回数
  • トークの送信回数
  • 購入回数

これらの情報を整理するのに、手作業でデータを管理する必要はありませんLステップが自動で取得し、見やすく一覧化してくれます。

友だちの行動をスコアリング(点数付け)し、あなたへの関心が高い人だけを抽出して、教育を強化することも可能です。数値的な根拠に基づいた集客で、ネットビジネスの売り上げをさらに伸ばせるでしょう。

3.流入経路を分析できる

流入経路とは、どのようなきっかけであなたのLINEを友だち登録してくれたのかを示すものです。以下のような内容を、Lステップが自動で結果を出して見える化してくれます。

  • 広告のパターンAとパターンBのどちらが好反応か
  • InstagramとTwitterではどちらのユーザーに好まれているか
  • どの店舗に設置したQRコードからよく友だち登録されているか

集客において、ユーザーの流入経路を知ることは大切です。上手に分析すれば、施策の当たり外れを分析し、ロジカルに友だちを集められるようになります。

 

Lステップで集客するデメリットは費用がかかること

Lステップのデメリットを強いて言えば、費用がかかることです。Lステップは、LINEとは別に契約する必要があります。
LINEとLステップで別々に利用料金がかかるため、やや割高に感じる方もいるかもしれません。

例えば300人の友だちに1日3通ずつメッセージ配信すると、以下の料金がかかります。

  • LINE:スタンダードプラン月額15,000円
  • Lステップ:プロプラン月額32,780円

費用の合計は47,780円です。
しかしLステップは集客を効率化するための投資だと考えれば、価格以上の価値を実感できるでしょう。

友だち1人あたりで換算すると、以上のケースでは月に約160円の投資だけで集客できます。

 

集客に使えるLステップの機能5選

Lステップの中で、特に集客で使える機能は次の5つです。

  1. ステップ配信
  2. セグメント配信
  3. 回答フォーム(アンケート)
  4. リッチメニュー
  5. カルーセル

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.ステップ配信

ステップ配信とは、あらかじめ配信の内容とスケジュールを決め、自動配信する機能です。

例えば友だち登録1日後の人には自己紹介、2日目の人にはブログの紹介といった配信設定で、少しずつステップアップするように情報を伝えられます。

LINE単体では、友だち登録後の日数で配信内容を分ける機能は付いていません。配信のたびに内容を考え直す必要がなく、あらかじめ作ったストーリーで集客の道筋を敷けます。

LINEでステップ配信の機能を解放するために、Lステップでの集客を始める方も多いです。

2.セグメント配信

セグメントとは、友だちの行動を分析してグループ分けすること。Lステップのセグメント配信では、特定の共通点がある友だちグループにだけ、絞り込み送信ができます。

次のように、友だちの興味や購買意欲でセグメント分けし、配信内容を使い分けましょう。

  • リンクをクリックした人にだけ追加情報を伝える
  • 申し込みページを開いた人に、注文の背中を押すような内容を送る
  • 男性・女性で訴求の角度を変える

LINEの一斉送信では友だちにとって興味のない情報まで一括で届いてしまい、ブロックされる原因になります。Lステップなら友だちの関心に合わせたピンポイントな配信で、集客効果が上がるでしょう。

LINE単体でもセグメント分けはできますが、Lステップのような高度な分析には対応できません。

3.回答フォーム(アンケート)

Lステップの回答フォーム機能では、友だちにアンケートをお願いできます。配信内容を決める材料にすることで、集客をよりパワーアップできるでしょう。

例えば学習塾の公式LINEで、回答フォーム機能でアンケートを実施したとします。塾生本人と保護者のどちらがLINEの友だちになっているのか割合を調べることで、配信の方向性が変わるのです。

回答フォームを活用しなければ「LINEを読んでいるのはほとんど保護者なのに、塾生に向けた配信内容になっていた」といった失敗があっても気づけません。
アンケート結果をセグメント配信やステップメールの参考にすることで、より集客の精度を高められます。

4.リッチメニュー

リッチメニューは、LINEのトーク画面のキーボード部分に表示できるメニュー表示のことです。例えば次のようにリッチメニューを設定できます。

LINE公式の機能でもリッチメニューを作成できますが、Lステップを使ったほうがよりクオリティの高さを追及できます。

セグメントによって表示内容を変えたり、LINE単体で設置できる上限の6個以上のボタンを作ったりできるのです。リッチメニューは画面に大きく表示されて友だちからの第一印象となる部分なので、こだわりを持って作成すれば集客にもきっと役立ちます。

Lステップが提供するテンプレートで、初心者の方でも十分にきれいなリッチメニューを作ることが可能です。

5.カルーセル

カルーセルは、横方向に画像を複数枚並べて、スライドできるカード表示の機能です。


カルーセルに「はい」「いいえ」などの選択肢を設置し、反応によって次に送る内容を変えられることが特徴です。

例えば上記のカルーセルで「プログラミング」と選ぶと、プログラミングを選んだ人向けの内容が続いて配信される仕組みです。
ユーザーにとって関心が強い配信内容にカスタマイズでき、集客の効率を高められます。

なお、LINE単体では、カルーセルを使ったシナリオ分岐ができません。

 

Lステップで集客する4つのコツ

Lステップでより集客の成功率を高めるには、次のコツを意識してみてください。

  1. 配信を継続する
  2. リード文を意識する
  3. ウェルカムメッセージにこだわる
  4. 外部サイトに誘導する

Lステップで集客効果が出ずにお困りの方、これから本格的に運用を始めたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.配信を継続する

1回きりの配信ではなく、継続的にメッセージを送ることが大切です。Lステップを使ったとはいえ、たった1度のLINE配信だけで友だちの心を掴むことはできできません。
何回かに分けてアプローチし、あなたの存在やサービス内容を読者に印象付けすることが集客への鍵となります。

前回の配信から半年後にメッセージを送っても友だちはあなたのことを忘れてしまいます。内容に興味を持ってもらえず、思うような集客ができないでしょう。

決まった時間や固定の曜日に繰り返しLINEを送り、あなたの配信が楽しみだと感じてもらうことが理想です。

2.リード文を意識する

メッセージの冒頭部分であるリード文は、丁寧に作り込みましょう。挨拶などのクッションを置くことなくいきなりコンバージョンを意識した配信に突入しては「事務的な売り込み配信」と思われて悪い印象につながってしまいます。

特に個人のネットビジネスでは、機械的な感じよりも人間味を出した方が、読者が共通点や人柄を知って親近感を感じてもらえるでしょう。個人的なニュースや世間で話題になっていることなどを盛り込み、メッセージをコミュニケーションのきっかけにしてみてください。

3.ウェルカムメッセージにこだわる

ウェルカムメッセージとは、友達登録して最初に送るメッセージのことです。

友だち登録してすぐは、あなたへの関心が高い状態です。時間を空けることなく新規の友だちにメッセージを送れば、そのまま商品を購入してくれる可能性があります。

さらに、友だち登録して間もない段階で、次のような情報を相手に伝えられます。

  • 読者に必ず知っておいて欲しい情報
  • 他のSNSやブログの紹介
  • 今後の配信が楽しみになるような予告

ステップ配信で登録後すぐに届くウェルカムメッセージを設定し、集客の最初のチャンスを逃さないようにしましょう。

4.外部サイトに誘導する

Lステップを使って、友だちを外部サイトに誘導することでも、集客効果を高められます。

LINE単体での配信は、Lステップを使っても絵文字以外の本文の装飾ができません。上手く配信内容を考えないとただの文字の羅列になり、つまらない印象になってしまいます。
多くの情報量を伝えたい時は、ブログやYouTubeでたっぷり説明し、LINEから外部リンクに先に移動してもらうことがおすすめです。自由な装飾や動画を活用したほうが、同じ内容でも分かりやすくまとめられるでしょう。

Lステップで外部リンクのクリック率などを計測すれば、より集客へのヒントを得られます。

 

Lステップを使った集客事例

ここからは、LステップとLINEを連携させて集客している事例を2つ紹介していきます。

  1. WEBEAUTY大阪店
  2. もふもふ不動産

どのような点を工夫しているのか知って、ご自身のネットビジネスでもぜひ参考にしてみてください。

1.WEBEAUTY大阪店

WEBEAUTY大阪店は、小顔矯正などを行うビューティサロンです。

Lステップを導入し、施術メニューの確認から予約まで全てLINEの中で完結できる仕組みを作っています。

「お店に興味を持った人を、外部の予約サイトに誘導する」という手法では、予約を後回しにされ、結局興味を失われてしまう可能性が高いです。そこでLステップとLINEでコンバージョンまでの道筋を作ることで、離脱されにくい集客方法を実現しているのです。

お店へのアクセス方法もLINEの中で動画を使って紹介し、より確実にお店まで足を運んでもらえるよう作り込んでいます。

2.もふもふ不動産

もふもふ不動産は、投資知識などを解説するYouTubeチャンネルです。

公式LINEへの登録特典として「不動産投資どうぶつ診断」を提供。Lステップの「回答フォーム」の機能で友だちからアンケートをとり、その人ごとに合った投資のタイプを教える診断コンテンツです。
「不動産投資どうぶつ診断」のような診断結果を作り「結果Aが診断された人にはコンテンツAを訴求」と配信内容を分ければ、集客をさらに強化できるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、Lステップでネットビジネスの集客を実践してみてください!

なお、ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.