コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【知らなきゃ損】売れるランディングページの作り方を解説!9つのコツを押さえよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「売れるランディングページの作り方が知りたい」
「購入につながるランディングページとは?」
「ランディングページを作るコツは?」

ネットビジネス初心者

ランディングページ(LP)は、販促用に作る1枚のWebページのことです。ただのホームページとは違い、購買につなげる成果が求められます。

そのため、専門的な文章力や、デザインの構成力が必要になるのも事実。

そこで、この記事では、

  • ランディングページの概要
  • ランディングページを作成するメリット
  • 売れるランディングページを作るコツ

について詳しく解説していきます。

ぜひこの記事を参考に、ユーザーが行動したくなるランディングページを作り、売上を伸ばしていきましょう。

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

ランディングページとは!概要をサクッと解説

ランディングページとは、検索エンジンや広告、SNSなどからたどり着いたユーザーに、何かしらアクションを起こさせることを目的とするWebページです。

集客からユーザーが行動するまでをまとめて行うため、1つのページに情報を盛り込み、スクロール以外の操作はしなくて済むように縦長のレイアウトで作成することがほとんどです。

また、離脱防止のため、他ページへのリンクは排除します。他のページに移動しなくても、ユーザーが必要な情報を全て得られるように作ることが大切です。

似たような概念に、Webサイトがあります。

複数ページで作成するWebサイトは、情報の提供が目的なので中長期的に集客するのに有効です。一方ランディングページは、広告の遷移先にするなど直接的な成果につながる運用をしていきます。

両者には明確な目的の違いがありますよ。

 

ランディングページを作成するメリット

ランディングページは必要なのか、疑問に思う方もいるでしょう。

こちらでは、ランディングページを制作するメリットを5つ紹介します。

  1. 売上に直結しやすい
  2. ターゲットに合わせて発信できる
  3. 広告配信することで新規ユーザーを獲得できる
  4. 成果を把握しやすい
  5. 修正しやすい

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.売上に直結しやすい

ランディングページは、購入やメルマガ登録など、ユーザーに行動を起こしてもらうために作成するものです。1つのページにユーザーが知りたい情報をまとめるため、離脱を防げます。

一般的なWebサイトは、訪問者にさまざまな情報を見てもらえるよう、複数ページに分けています。ユーザーは自分が欲しい情報を選べますが、なかなか該当ページにたどり着かず離脱する可能性が高いのが難点です。

その点、ランディングページは、1ページに必要な情報をすべて詰め込むため、購入(またはメルマガ登録や資料請求)までの道筋がわかりやすいのが利点です。

2.ターゲットに合わせて発信できる

ランディングページは、キーワードを設定して作成します。

そのため、意図したキーワードで検索したユーザーからの流入が期待できます。狙っているターゲット層を呼び込めるので、ユーザーに合わせてランディングページを作ることが可能です。

例えば、若い女性向けなら明るく鮮やかなデザインでSNSのように親しみやすい文章、サラリーマン向けならシンプルなデザインで読ませる文章が好まれるだろうと予測できます。

万人受けするランディングページは、結局誰に向けて作られたものなのかわからず、ユーザーも魅力を感じません。極端にいえば、ターゲット以外の人には興味を持たれなくてもいいのです。

ターゲットに合わせて、商品の魅力が伝わるランディングページを作り込んでいきましょう。

3.広告配信することで新規ユーザーを獲得できる

ランディングページは、検索エンジンの結果に表示させたり、メルマガに配信したりして広告として利用できます。

サービスを知らない人にもアプローチできるので、新規ユーザを獲得できる可能性が高まります。

一般的に、広告を目にしてもそこからアクションを起こす人は少ないでしょう。しかし、ランディングページは1つのページ内で商品やサービスの特徴を伝えられます。

Webページに比べて、新規ユーザーに興味を持ってもらえるのがランディングページのメリットです。

4.成果を把握しやすい

ランディングページは1ページの構造です。そのため、ユーザーがどこで離脱するのか把握しやすい利点があります。

ランディングページは作ったら終わりではなく、アクセス解析することが必須です。ユーザーが読み飛ばしたり離脱したりする場所がわかれば、そこを改善していきます。

Webサイトの場合、ページ数が多いため成果を解析するのは手間がかかりますが、ランディングページなら1ページのみ分析すればよいので負担はそれほどかからないでしょう。

5.修正しやすい

ランディングページは1ページ完結型がほとんどです。修正があれば、該当箇所のみ対応すれば良いため、手間が省けます。

Webサイトは修正しようとすると、リンクする複数ページを修正する必要が出てくるでしょう。

ランディングページは修正しやすいので、より良いページに改善しやすいのがメリットです。どんどん修正を行い、最高のランディングページができるよう作り込んでいきましょう。

 

売れるランディングページを作るコツ

売れるランディングページには共通点があります。

こちらでは、LP制作にあたり覚えておくべき9つのコツを紹介していきます。

  1. 結論が先にくるように構成を作る
  2. ターゲットを明確にする
  3. ユーザーが必要とする情報を不足なく入れる
  4. ユーザーの悩みに対する共感やベネフィットを入れる
  5. 実績やお客様の声を掲載する
  6. FAQを入れる
  7. CTA(申し込みボタン)をわかりやすく入れる
  8. 画像を圧縮して読み込み速度を早める
  9. クリック数やスクロール数を最小限に抑える

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.結論が先にくるように構成を作る

ランディングページの構成は「結・起・承・転」が基本です。結論から先に書くことが最重要事項です。

なぜなら、ユーザーは、ランディングページを訪れた時点で結論が決まっているからです。

例えば、薄毛に悩んでいる人の場合、育毛剤のランディングページを訪れた時点で「頭皮に効果的な育毛剤を購入したい」という結論が出ています。

そのユーザーに対して「この育毛剤で悩みを解決できます」と先に伝えることで、商品に対する興味を持ってもらえます。

「結・起・承・転」をランディングページに当てはめると、以下のような構成が効果的です。

  1. 結:キャッチコピーや画像
  2. 起:「このような悩みはありませんか?」と共感する
  3. 承:商品詳細や使うことでユーザーが得られるメリットを提示
  4. 転:利用者の声やよくある質問
  5. 結:購入ボタン

答えを後回しにせず、先にネタバラシするのが大切ですよ。

2.ターゲットを明確にする

ランディングページを作る際は、ターゲットを明確にしましょう。ターゲットを決める際には、具体的な人物を想像し、ペルソナを作り込んでみてください。

以下の2つの要素が参考になるでしょう。

  • デモグラフィック:年齢、性別、職業、居住地、家族構成などの客観的要因
  • サイコグラフィック:ライフスタイル、性格、価値観、抱えている悩みなどの心理的要因

これらのポイントを押さえることで、より明確なターゲットを設定できます。

「太っている女性」よりも「30歳女性事務職、3ヶ月で5キロ痩せたいと思っている。一応ジムの会員だが運動は苦手であまり通えていない。できれば運動しないで痩せたい」と細かく設定したほうが、商品のセールスポイントをより具体的に提示できます。

3.ユーザーが必要とする情報を不足なく入れる

ランディングページには、ユーザーが必要とする情報をきちんと記載することが大切です。ただし、商品をアピールしたいからといって必要以上に情報を詰め込むと、離脱につながってしまいます。

ユーザーに必要な情報とは、例えば以下のような項目が挙げられます。

  • 商品名:何に役立つ商品なのか
  • 写真:どんな商品かイメージできるもの
  • 内容量や個数:どれくらいのボリュームがあるのか
  • 使用期間:どのくらいの期間使えるか
  • 価格:定価よりどれくらいお得か、2回目以降はいくらになるのか

扱う商材により必要な情報は異なります。ユーザーが購入を検討する際に迷わないよう、必要な項目はしっかり入れるようにしましょう。

4.ユーザーの悩みに対する共感やベネフィットを入れる

「このようなことに悩んでいませんか?」というように、想定される困りごとを入れることで、ユーザーとの距離が縮まります。ユーザーがランディングページに記載された内容を自分のことと受け取り、悩みを解決できる商品だと認識してもらえる可能性を高められます。

また、ベネフィットを入れ込むことも大切です。

ベネフィットとは、ユーザーが商品を購入したことで得られる未来のこと。たとえば「気になるお腹がへこみますよ」という直接的な文言ではなく「ビーチで水着も堂々と着れますよ」「気になる男性にも自信を持ってアプローチできますよ」と、イメージをふくらませる表現を心がけてみてください。

商品が持つメリットだけでなく、その商品を使うとどんな良い未来がまっているのかを想像できるランディングページになるよう意識してみてください。

5.実績やお客様の声を掲載する

ベネフィットによりユーザーの購買意欲を上げたら、その根拠もしっかり記載する必要があります。ユーザーは、良い商品があるとわかっても「何か裏があるのでは」と考えてしまうものです。

そこで、ユーザーが安心できる情報をしっかり伝えることが大切です。具体的には、実績やお客様の声が有効です。

特に、実際に使用した人の声は、商品のリアルな感想がわかるので安心感を与えられます。特に顔写真や名前などが掲載されていると、信憑性が高められるので取り入れてみてください。

6.FAQを入れる

FAQ(よくある質問)を掲載することで、ユーザーが悩みをあらかじめ自己解決できます。購入に対する不安が軽減されるので、買わない理由がなくなります。

よくある質問でカバーしきれない項目は「お気軽にお問い合わせください」としておくと良いでしょう。

7.CTA(申し込みボタン)をわかりやすく入れる

CTAとは「Call To Action(行動喚起)」のことです。

  • 「購入」
  • 「資料請求」
  • 「問い合わせ」
  • 「セミナー参加」

など、ユーザーの行動を促すために設置するものなので、わかりやすく適切な場所に配置しましょう。さらに、ボタンの近くにクリックしやすくなるお得な文言や、不安を払拭する言葉を入れるのがおすすめです。

「今だけ送料無料」「1,000円オフ」や「無理な勧誘はいたしません」「効果がなければ全額返金します」など。購入へのハードルを下げる効果が期待できます。

8.画像を圧縮して読み込み速度を早める

ランディングページは1つの縦長いページです。サイズが大きい画像を複数入れると、読み込み速度が遅くなり、離脱率の増加に繋がります。

特に、スマホで見るユーザーが多いので、パソコンと同じ画像を使用すると読み込み速度が低下します。そのため、画像を圧縮して、読み込み速度を早めてユーザーの利便性を上げることが大切です。

9.クリック数やスクロール数を最小限に抑える

ランディングページは、なるべく負担が少ないことが大切です。クリックやスクロール数を最小限に抑えて、ユーザーが見たい情報を見失わないようにしましょう。

リンクをたくさん設置しすぎたり、スクロールが多すぎたりすると、ユーザーが離脱する可能性が高まります。リンクはCTAボタンのみにしたり、お得な情報は、スクロールしても消えない「追従ボタン」にしたりするのがおすすめです。

 

売れるランディングページを作って集客しよう

ランディングページは、売上につなげるために作成するものです。そのため、購入までの道筋をわかりやすくすることが大切です。

ランディングページは、通常のWebサイトとは構成や作成のポイントが異なります。

ぜひこの記事を参考に、ユーザーが購入したくなるようなランディングページを作ってみてください。

そして、ブログに書けない更に詳しいネットビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.