コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【自分をアピール】個人の情報発信におすすめのツール10選!成功のコツを惜しみなく紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「個人が情報配信するメリットってあるの?」
「情報配信する際のおすすめツールを知りたい!」
「どんな情報を配信すれば良いのか分からない」

情報発信を
したい人

このようなお悩みを抱えていませんか?

近年ではSNSが活発に使われており、個人が情報を発信するケースが増えてきました。「インフルエンサーのような影響力が欲しい」「知名度を上げたい」なども考え、情報発信を行おうとしている方も多いのではないでしょうか。
とはいえ、情報発信できるツールは多数あるため、どれを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

さらに、どんな内容を発信するか迷っている方も多いはず。

そこでこの記事では、情報発信を行おうとしている方に向けて、

  • メリット
  • おすすめのツール
  • 意識したいポイント

などを解説します。

個人が情報発信をすることで、さまざまな可能性が広がります。ぜひこの記事を参考に、情報発信を始めてみてくださいね。

なお、僕のメルマガでは、情報発信を始めとしたネットビジネスのノウハウを紹介しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください!

 

個人が情報発信を行う5つのメリット

個人が情報発信を行うには、主に以下5つのメリットがあります。

  1. 伝えるスキルが身につく
  2. 人間関係が広がる
  3. 仕事の獲得に繋がる
  4. 費用をかけずに宣伝できる
  5. 新たな情報をキャッチできる

順番にみていきましょう。

1.伝えるスキルが身につく

情報発信を行うメリットは、伝えるスキルが身につくことです。TwitterやInstagramなどでは、限られた文字数で情報を発信しなければならないためです。

伝わりやすい表現や言い回しを模索することで、伝えるスキルが身につくのです。
このスキルがあれば、他人に自分の意見を分かってもらいやすくなり、仕事や私生活で役立ちます

加えて、正しい情報を伝えるために、リサーチ力も身につきますよ。

2.人間関係が広がる

情報発信をすることで、人間関係が広がります。自分の考えに共感してくれる人が、自然と集まってくるためです。
例えば、フォロワーが増えたり、友達ができたりします

大人になると、プライベートな人間関係は広がりにくいです。そのため、情報発信は大きなメリットといえるでしょう。

3.仕事の獲得に繋がる

副業や事業をしている人は、積極的に情報発信を行いましょう。仕事の獲得に繋がるためです。

例えば、自分の考えを発信し続けると、セミナー講師や書籍出版に発展する可能性があります。また、自分の作品を投稿することで、仕事の依頼が舞い込んでくるかもしれません。
このように、情報発信は仕事の可能性広めてくれます副業をしている方やフリーランス・経営者の方は、ぜひ情報発信に取り組みましょう。

4.費用をかけずに宣伝できる

インターネット上で発信を行うことで、費用をかけずに宣伝できます。

広告費用の目安は、以下の通りです。

  • 折込チラシ:1枚2.7円〜9.7円
  • テレビCM:1回40~80万円
  • 雑誌掲載:1件50~250万円

これらの金額は単発的なものなので、継続的に宣伝を行う場合はさらに費用が必要です。
情報発信を普段から行なっていると、商品やサービスを打ち出した際に、費用をかけずに宣伝を行えます

 

5.新たな情報をキャッチできる

情報発信をすることで、新たな情報をキャッチできます。フォロワーや視聴者から、情報を提供してもらえるためです。

例えば、SNSで投稿者に「◯◯も良いですよ」などとコメントしているユーザーを見かけた経験はありませんか?

このように、情報を発信することで、新たな情報をキャッチできるのです。
さらに、取り入れた情報を元に発信するネタを考えられるのも魅力といえるでしょう。

 

個人の情報発信におすすめのツール10選

情報発信する際、どのツールを使えばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。発信する内容と相性の良いものを選びたいですよね。

そこでこちらでは、個人の情報発信におすすめのツールを10点紹介します。

  1. ブログ
  2. note
  3. LINE
  4. メルマガ
  5. Twitter
  6. Instagram
  7. YouTube
  8. Facebook
  9. TikTok
  10. stand.fm

特徴や活用例なども解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1.ブログ

ブログは、個人が取り組みやすいツールです。文字数の制限がないため、自分の伝えたいことをとことん発信できるのがメリット。

さらに、他のツールと組み合わせやすくなっています。例えば、YouTubeやLINEなどへ誘導する際に利用できます。
スマホからでも投稿できるため、通勤中や寝る前などのスキマ時間でも取り組みやすいのがメリットです。

2.note

noteとは、テキストコンテンツをメインに展開できるサービスです。

ブログとの違いは、自分が書いた記事を有料で販売できること。価格は100~10,000円までで、自分の好きなように設定できます。

「文章を書くことが好き」「情報配信で収入を得たい」と考えている方は、noteの活用を検討してみてください。

3.LINE

LINEのメリットは、登録してもらえば定期的にメッセージを送れることです。

役立つ情報などを発信することで、自身のサービス・商品の利用に繋がりやすいです。そのため「同じクリエイターを集めたオンラインサロンを経営したい」「同業者向けのコンサルを販売したい」と考えている方におすすめ。

さらに、ブログやYouTubeなどの他媒体から誘導しやすいのも強みです。いきなりサービス・商品の購入は難しくても、LINEの無料登録なら行ってくれる可能性が高まります

4.メルマガ

メルマガは、じっくりと顧客を教育するのに使える情報発信ツールです。一度登録してもらえば、定期的にメッセージを届けられます。
メルマガは、主に商品・サービスの展開に利用しやすいのが特徴です。

例えば、商品のこだわりを伝えたり、そもそもサービスの必要性を説明したりすれば、徐々に興味を持ってもらえます。

ただし、まずメルマガに集客する必要があるのがデメリットです。そのため、他のツールで集客をしつつ、メルマガに誘導できると良いでしょう。

5.Twitter

Twitterの特徴は、拡散性が高いことです。

ツイートに話題が集まれば、クリエイターとして認知度を高められます。さらに、リツイート機能により、不特定多数のユーザーにあなたのツイートを届けられるのもメリットでしょう。

Twitterには、画像や動画をアップできるため、自分の作品を投稿するのがおすすめです。加えてURLを貼れるため、YouTubeやブログなどの他多媒体の誘導目的でも利用できます。

6.Instagram

Instagramは、画像の投稿がメインのSNSです。

主に、以下のような機能が備わっています。

  • 通常投稿
  • ストーリー:24時間で消える投稿
  • ハイライト:過去のストーリーをプロフィール下に固定表示する機能
  • ライブ配信

そのため、集客ツールとしてブログやYouTubeなどに誘導させる使い方も可能です。
さらに、近年ではパワーポイントのようにスライドを作ったり、図解を入れたりする使い方がよく見られます。クリエイター向けのノウハウを投稿するもの良いでしょう。

7.YouTube

YouTubeは、個人の情報発信におすすめのツール。スマホと編集アプリさえあれば、誰でも始められます。
1分間の動画は、一般的なテキストコンテンツの3,600ページ分の情報量といわれています。短い時間で多くの情報を盛り込めるため、視聴者へ情報を訴求が行いやすいのがメリットです。

さらに、YouTubeで顔を出しながら話すことで、視聴者から信頼してもらいやすくなります。そのため、今後商品やサービスを展開したり、集客を予定したりしている方におすすめのツールです。

8.Facebook

Facebookは、他のツールとは異なり、実名での登録が一般的です。そのため、ユーザーから信頼を寄せてもらいやすくなっています。
さらに、TwitterやInstagramと比べて長文での投稿が可能。

さまざまな#(ハッシュタグ)を使えたり、サービス・商品のアピールをしっかりと記載できたりするのがメリットです。

9.TikTok

TikTokは、15秒から1分ほどの短い動画を投稿するツールです。日本国内以外も含めると、10億人のユーザーを抱えています。

TikTokは動画配信がメインになるので、さまざまな情報を発信できます。例えば、イラストレーターが作品のメイキング映像を投稿したり、ダンス動画をアップしたりすることも可能。

ユーザー層は10~20代のため、若年層をメインにアプローチできます。そのため、若者をターゲットにした情報を発信するのがおすすめです。

10.stand.fm

stand.fm(スタンドエフエム)は、音声配信のプラットフォームです。

ラジオ感覚で、音声のみで情報を発信できます。「顔を出したくない」「個人情報を隠したい」と考えている方におすすめです。
音声配信の強みは、仕事や育児などで忙しい方でも聴いてもらいやすいことです。そのため、注目も情報収集ツールといえるでしょう。

音声配信の始め方は必要なものは、関連記事「【想いが伝わる】音声コンテンツの作り方4ステップ!おすすめプラットフォームや活用法を解説」にて紹介しています。

 

【成功を掴む】個人が情報発信する際のコツ3選

個人が情報発信をする際は、主に以下3つのポイントを意識しましょう。

  1. ターゲットを決める
  2. 役立つ情報を発信する
  3. コンスタントに発信する

順番に解説します。

「どんな情報を発信すればいいか分からない」「情報発信で成果を上げたい」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

1.ターゲットを決める

情報発信する際には、ターゲットを決めることが大切です。ターゲットによって発信する内容が異なるためです。

例えば、ダイエットをしたい女性向けに発信をするとしても、10代の学生と出産後の女性では、伝える内容が異なってきます。

学生なら授業中にできるエクササイズ、産後女性なら家族も喜ぶダイエットメニューの紹介が良いと予想できますよね。
このようにターゲットを決めることで、受け手の心に最も刺さる情報を発信できます

ターゲットを設定する際には、

  • 年齢・性別
  • 趣味
  • 悩み

などを明確にしましょう。特に、悩みを明らかにすることが重要です。

ターゲットの設定方法については、関連記事「【実例解説】ターゲット設定はマーケティングの根幹!STP分析を通じて明確にターゲティングしよう」にて紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

 

2.役立つ情報を発信する

情報発信で重要なポイントは、ターゲットにとって役立つ情報を発信することです。ユーザーと信頼関係を築くために行います。

例えば、今日食べたものや買ったものなど、日記のような内容はNG。有名人でもない限り、ユーザーからの需要はありません。

知名度を上げたり、人間関係を広めたりしたいなら、役立つ情報を発信しましょう。そのため、ターゲットが何に悩んでいるのかを明確にすることが大切です。

3.コンスタントに発信する

情報発信は、継続が重要。いきなりSNSなどで発信したからといって、すぐに成果が現れるわけではないためです。

現在活躍しているインフルエンサーも、コツコツ継続した結果、仕事を獲得できたり、多数のフォロワーを抱えていたりするのです。あくまで目安ですが、情報発信は最低でも半年は続けましょう

ぜひこの記事を参考に、情報発信にチャレンジしてみてくださいね!

ブログには書けない濃い内容のネットビジネスノウハウについては、僕のメルマガにて配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください。

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.