コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【やらなきゃ損】個人で情報発信する4つのメリット!よくある誤解や始めるコツも解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「個人で情報発信する時代と言われているけど、何をしたらいいの?」
「情報発信するような特別な知識はないけどどうしたらいいんだろう?」
「そもそもなぜ情報発信しようと言われているの?」


コンテンツ販売
初心者

このように考えていませんか?
個人で情報発信をすることで、スキルアップしたり知識がさらに蓄積されたりするので、早めにスタートするのがおすすめです。

しかし、情報発信が大切だとは知りつつも、何から始めていいかわからず、具体的な行動に移せていない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、個人で情報発信を始めてみたい方に向けて役立つ情報をお届けします。

  • 個人で情報発信とは何をすればいいのか
  • 取り組むメリット
  • 発信の手段
  • 情報発信をするコツ

といった内容を丁寧に解説するので、これからスタートしたい人にピッタリの内容となっています。ぜひ参考にしてみてください。

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

個人で情報発信するとは?

個人で情報発信するというと、とても難しそうなものと考える方がいるかもしれません。

しかし、日常生活の中ですでに情報発信を始めている可能性があります。情報発信とは、自分の人となりや考え方を伝えたり、他の人に役立ちそうな内容を届けたりすることです。

たとえば、ネットで美味しかったレストランの感想を共有するのも情報発信に当たります。

より多くの人に役立つ情報を発信したり、より反応の多い伝え方をするのにはコツがありますが、情報発信をすること自体は決して難しいものではありません。身構えずに、気軽に挑戦してみて下さい。

 

個人で情報発信するメリット

個人で情報発信をするとメリットが多くあります。ここでは代表的なものを4つ紹介します。

  1. 知識が蓄えられる
  2. 仲間が増える
  3. スキルが身に付く
  4. ビジネスに繋がる可能性がある

それぞれ解説していきます。

1. 知識が蓄えられる

情報発信することで、そのジャンルに関する情報を積極的に収集するようになります。また、周りからの情報を得る機会も増えるので、結果的にどんどん自分の知識が深まっていくでしょう。

自分の趣味の分野や、もともと人より詳しい分野について発信していくことで、それがさらに強みになってきます。

逆に初心者として発信すれば、周りの人が参考になる情報を教えてくれるかもしれません。勉強が加速することもあるのは大きなメリットです。

2. 仲間が増える

情報発信していくことで、同じ情報を求める人が集まってきます。

そこから情報が得られることもあり、趣味や価値観の似た知り合いがインターネット上に増えていくでしょう。発信者同士のコミュニティやオフラインでのつながりなど、仲間が増えていく可能性があります。

趣味の友達がいなかったり、新しく始めた勉強について相談し合いたかったりする場合、情報発信を続けるのは繋がりを作る一つの手段になります。

3. スキルが身につく

情報発信を続けると、さまざまなスキルが身につきます。

最近は企業でもSNSを活用しており、個人で発信を続けた経験がそのまま活かせるかもしれません。そうでなくても、情報をわかりやすく伝えるライティングスキルや、相手の反応が良い内容を考え戦略を立てていくマーケティングスキルは多くの場面で役立つでしょう。

トライ&エラーを繰り返しながら自然とスキルアップにつながるのは情報発信のメリットです。

4. ビジネスに繋がる可能性がある

情報発信の結果、そのままビジネスにつながった人もいます。発信している内容が書籍化したり、コンサルティングなどのサービスを手掛けるようになったりするのが一例です。

そうでなくても、情報発信で影響力がついてくれば、アフィリエイトで稼いだり、企業からのPR案件をもらったりすることもできます。情報発信がそのままお金になるケースもあるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

情報発信をビジネスに繋げる方法は「【君にもできる】ただの会社員が情報発信ビジネスで脱サラする方法5選!メリットや注意点も解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

 

個人で情報発信する手段

個人で情報発信する手段には以下のようなものがあります。

  • Twitter
  • note
  • ブログ
  • Instagram
  • YouTube

それぞれ、利用者の年代や特徴が異なっているので、自分が伝えたい内容に反応する人が多そうな媒体を選ぶのがおすすめです。

また、発信する内容に合わせた媒体を選ぶのもよいでしょう。
価値観を中心に伝えるのなら、文字中心でコミュニケーションが取れるTwitterやnote・ブログが適しています。

一方でグッズ紹介など映像を使ったほうがわかりやすい内容を伝えるならば、InstagramやYouTubeの方がわかりやすく、人が集まるでしょう。

また、慣れてきたら複数を組み合わせるとそれぞれから読者を引っ張ってこられるため、影響力が増します。

どの手段を使うのが向いているのか悩む方は関連記事「【自分をアピール】個人の情報発信におすすめのツール10選!成功のコツを惜しみなく紹介」を参考にしてください!

 

個人の情報発信に関する誤解

個人の情報発信に対して、ハードルを上げてしまって手が動かせていない方もいます。

ここでは、情報発信に関するよくある誤解について紹介します。

  1. すごい人しか情報発信してはいけない
  2. 勉強しないと情報発信できない
  3. 情報は発信して終わりである

もしこれらに当てはまるイメージを一つでも持っていた方は、ぜひ読みすすめてみて下さい。

1. すごい人しか情報発信してはいけない

既に影響力があるすごい人でないと情報発信してはいけないと思う方もいます。自分は普通の人だから、発信に価値がないと感じているならば、それは誤解です。

今有名になっている人も、情報発信を始めた頃はほとんどの人に見られていません。情報発信を続けたからこそ、影響力が付き、今のポジションにいます。

すごい人になったら発信しようというのは誤りで、発信した結果すごい人になったというのが正しいです。また、わかりやすくためになる発信ができるようになったのも、今まで積み重ねてきて、何をどう伝えればいいのかわかってきたからです。

はじめはみんな初心者なので、まずは見ている人の数を気にせず、発信を続けることをおすすめします。

2. 勉強しないと情報発信できない

自分は勉強不足だから発信できない、という人もいます。もっと詳しい人がいるから自分の情報には価値がないだろうというのも誤りなので、今の知識レベルを気にする必要はありません。

たとえば、近所のラーメン屋さんの感想を集めるとき、一般の人の意見も知りたいですよね。プロの料理人の意見以外は聞きたくないという方は少ないのではないでしょうか?経験が深い人であれば、逆に初心者が何に悩んでいるのか知りたいというニーズもあるので、今の自分のまま発言して良いのです。

何かの初心者ならば初心者同士で情報交換できますし、経験者からアドバイスが貰えるかもしれません。等身大の自分で感じていることを発信してみましょう。

3. 情報は発信して終わりである

発信する内容を考えていざ投稿!それで終わりにしてしまうのはとてももったいないです。むしろ、情報発信をした後の反応を見ることに価値があります。

情報に対して反応してくれる人の数や、コメントの内容を見ることで、どんな情報が共感されたり役立つと思われたりするのか見えてきます。発信後の反応はいわば、発信に対するフィードバック活用しない手はありません。

ぜひ、情報を投稿した後の反応にもしっかり目を通してみて下さい。視野が広がり、次の発信のヒントにもつながるかもしれません。

 

個人で情報発信するときのコツ

個人で情報発信をするときは、以下のコツを意識しましょう。

  1. 発信の軸を決める
  2. はじめは反応が少なくても気にしない
  3. 継続して発信を続ける
  4. 直接の知り合いに言えないことは言わない

ひとつひとつ解説します。

1. 発信の軸を決める

自分の情報を見てくれる人を増やすためには、発信の軸を決めることが重要です。

ある日は料理、別の日は仕事術といったように発信している内容がバラバラだと、そのアカウントやブログを継続して見るメリットを感じにくくなります。軸を決めることで、過去の発信を並べてみたときにどんな人かがわかり、見続けてもらえるようになるのです。

さらに、発信の軸を決めることでネタを見つけやすくなります。「いいことがあったら発信しよう」とぼんやり考えていると、なかなかネタに出会えません。軸を決めておくことでアンテナが張られて、情報に敏感になります。

発信するジャンルや対象者を最初に絞ってみることをおすすめします。

2. はじめは反応が少なくても気にしない

発信を始めても、最初の頃はほとんど反応はありません。そもそも認知されていないので、しばらく発信を蓄積していく必要があります。

発信を積み重ねれば徐々に反応してくれる人が出てきます。それまでは、無反応でも気にせず、コツコツと積み重ねていくことが大切です。

自分がわかりやすく発言をまとめるための練習をしているのだと思い、周りに期待しないようにすると続けやすくなるでしょう。

3. 継続して発信を続ける

ある一時期だけたくさんの情報を伝えても、継続しなければ無駄になってしまいます。

ずっと発信を続けているからこそ、そこに信用が生まれ、発言に価値が出てくるのです。どんなにいい内容を伝えたとしても、1回きりになってしまってはもったいないです。

特にSNSでは積極的に発信したり交流したりしている相手の投稿を優先表示するようになっているため、とぎれとぎれの活動ではもったいないです。

無理をせず、継続できるペースで発信を続けてみて下さい。

4. 直接の知り合いに言えないことは言わない

情報発信をする上で、気をつけなければいけないのが炎上です。もし発言が炎上してしまうと、誹謗中傷されたり大量の反論コメントに埋め尽くされてしまったりして、精神的に大きな負担になります。

また、今まで積み上げてきた信頼を失ってしまうでしょう。

炎上しないために気をつけるべきなのは「直接の知り合いに言えないことは言わない」ということ。

インターネット上だと周りの人の顔が見えないため、配慮にかけた発言をしてしまいがちです。発信する前に自分で読み直し、誤解を生む内容を書いていないか確認すると良いですね。

個人で情報発信を始めると、スキルアップにつながるほか、ビジネスや新たなチャンスを得られる可能性もあります。ぜひ、少しずつ継続的に発信を始めてみてください!

そして、ブログに書けないさらに濃い内容のネットビジネスノウハウに関しては僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.