コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【成功のコツ】起業家はランディングページ(LP)の作成がおすすめ!自作手順と外注する際の注意点を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「起業家がLPを作るメリットってあるのかな?」
「ランディングページを作る方法を知りたい!」
「自作する方法は?どんなツールを使えばいいの?」

起業家

このようなお悩みを抱えていませんか?

ランディングページは、売り上げに直結するもの。そのため、作成を検討しているか起業家の方がいるのではないでしょうか。しかし、ランディングページはどのようにして作ればいいのか分からない方も多いはず。

せっかく作成するなら、きちんと成果が出るものにしたいですよね。

そこで本記事では、ランディングページの作成を考えている起業家の方に向けて、以下の内容を解説します。

  • 作成するメリット
  • 自作するステップ
  • 外注する際の注意点

なお、ランディングページは一度作ったら終わりではありません。効果を引き出すための運用方法も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

当ブログに書けない更に濃い内容のビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください。

 

ランディングページ(LP)とは?

ランディングページを作りたいと思っている方の中には、ホームページとの違いなどが分からない方もいるのではないでしょうか。

そこで本項では、基本的な情報を以下2つに分けて解説します。

  1. 概要
  2. ホームページとの違い

ランディングページの作成において重要となるポイントです。ぜひチェックしてみてください。

1.概要

ランディングページ(LP)とは、縦長の1枚もののページを指します。一般的には、広告をクリックすると表示されるものです。ランディングページは、サービスの申し込みや商品購入など、成果に繋げることを最大の目的としています。

そのため、ページ内には「お申し込みはこちら」「無料で相談する」などのボタンが設置されているのが特徴です。

2.ホームページとの違い

ランディングページとホームページとの大きな違いは、目的です。ホームページは、読者への情報提供を目的としています。

そのため、内部リンクがあり、サイト内を回遊できるようになっていることが特徴です。情報量もホームページの方が多いです。
一方、ランディングページの目的は、成果に繋げることです。

成果に関すること以外の情報は一切表示されておらず、内部リンクは存在しません。例えば、酵素ドリンクのランディングページでは、商品のメリットや購入者の声などを入れていても、運営者の情報や他製品の訴求はしていません。

情報を提供したいならホームページ、成果に繋げたいならランディングページと使い分けましょう。

 

起業家がランディングページを作る3つのメリット

起業家がランディングページを作ることで、ビジネスに良い影響を与えます。

主なメリットは、以下の3点です。

  1. 読者に伝えたい情報を届けられる
  2. 順序立てて情報を伝えられる
  3. 強いアピールができる

各項目について、順番に解説します。

1.読者に伝えたい情報を届けられる

起業家がランディングページを作ることで、読者に伝えたい情報をとどけられることです。1つのページに、情報がまとまっているためです。

ランディングページは通常ページとは違い、読者がサイト内を回遊できません。結果、伝えたい内容を凝縮できることがメリットです。

2.順序立てて情報を伝えられる

ランディングページのメリットは、順序立てて情報を伝えられることです。他のページに移動することがなく、サイトの上から下に読んでいくことになるためです。
導入→悩みの共感→サービスの訴求→申し込みの順に記載できます。

この流れは、営業で行われるものを文章に落とし込んでいることが特徴です。結果、サービスや商品の購入に繋がりやすくなります。

なお、ランディングページではセールスライティングの知識が必要です。成果を上げたいと考えている方は、関連コラムの「【誰でもできる】セールスライティングの書き方5ステップ!怖いほど商品が売れる文章の型を解説」を参考にしてみてください。

 

3.強いアピールができる

起業家がランディングページを作ることで、読者に強いアピールを行えます。イラストや図解などを入れ、デザイン性を高くできるためです。
ビジネスを成功させるためには、自分やサービスを認識してもらうことが大切です。

そのため、読者に強いインパクトを与えられるランディングページは、有効的なマーケティング戦略といえるでしょう。

 

起業家がランディングページを作る方法2選

起業家がランディングページを作成する方法は、主に以下2点です。

  1. 自分で作る
  2. 外注する

各項目について、詳しく解説します。

1.自分で作る

ランディングページは、自分でも作れるものです。

最近では、特別なスキルがなくとも作成できるサイトが出ています。主なツールは、以下の通りです。

ランディングページを自作するメリットは自分の思い描いたものを作りやすいことです。また、コストを抑えられるので起業したてで予算がなくても安心です。

ランディングページを自作する方法は、本記事中の「【初心者でも大丈夫】ランディングページを自作する手順6ステップ」にて紹介しています。ぜひ確認しておいてください!

2.外注する

ランディングページに力を入れたい方は、外注するという手段があります。プロに依頼することで、クオリティが担保されるのがメリットです。
ランディングページを外注する際の相場は、30~60万円です。安価なものであれば、10万円以下でも依頼できます。

なお、どの作業を外注するかでも予算が異なります。例えば、デザインやコーディングだけを依頼するなら、10万円程度での作成が可能です。

ランディングページを外注する際の注意点は、本記事中の「ランディングページを外注する際の3つのチェックポイント」にて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

【初心者でも大丈夫】ランディングページを自作する手順6ステップ

ランディングページを自作する際には、主に以下6ステップを踏みましょう。

  1. ゴールを決める
  2. ターゲットを設定する
  3. ワイヤーフレームを作成する
  4. デザインをする
  5. コーディングを行う
  6. 最終確認を行う

初心者向けに分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ステップ1.ゴールを決める

まずは、ランディングページを作成する目的を決めましょう。

例えば、

  • メルマガに登録してもらう
  • サービスを購入してもらう
  • 問い合わせをしてもらう

などが挙げられます。自社のビジネスモデルに合ったものを選んでみてください。
なお、ランディングページのゴールは1つに絞りましょう複数にしてしまうと、訴求が弱くなり、成果が期待できなくなります。

ステップ2.ターゲットを設定する

ランディングページのゴールが決まったら、ターゲットを設定しましょう。
訴求する内容に一貫性を持たせるためです。

主に、

  • どんな悩みがあるのか?
  • サービス・商品に何を期待しているのか?
  • どの年齢層に受けそうか?

などを考えてみてください。

ターゲット設定については、関連記事「【実例解説】ターゲット設定はマーケティングの根幹!STP分析を通じて明確にターゲティングしよう」にてより詳しく解説しています。

 

ステップ3.ワイヤーフレームを作成する

ワイヤーフレームとは、ランディングページの骨組みとなる部分。営業で例えると、何をどの順番で話すか決めるステップです。

ワイヤーフレームを作成する際には、紙に書くか、データでテキスト形式に残しておけば問題ありません。後から振り返られるようにしておきましょう。

なお、ワイヤーフレームの基本的な構成は以下の通りです。

  • ヘッダー:読者が最初に見るもの、キャッチコピーを入れたり、読者を惹きつける言葉を入れたりする
  • ボディコピー:LPの中身、問題提示・ベネフィットの訴求・サービスのメリット・実績などを記載する
  • クロージング:問い合わせフォームやボタンなどを設置する

ランディングページの中でも重要なフェーズなので、ある程度時間をかけて考えましょう。

ステップ4.デザインをする

ワイヤーフレームに沿ってコンテンツを作成し、デザインを行っていきます。

主に、写真を入れたり、フォントを変えたりします。他のランディングページを見て、デザインを参考にするのも良いでしょう。

ステップ5.コーディングを行う

デザインが決まれば、コーディングを行います。ランディングページを、Webのページにする作業です。コーディングをするためには、専門知識が必要です。

スキルに自信のない方は、この手順だけ外注するのも良いでしょう。またペライチやジンドゥーなどのツールを使用すれば、コーディングせずともランディングページを作れます。

ステップ6.最終確認を行う

コーディングが終われば、最終確認を行います。きちんと表示されているか、お問い合わせボタンをクリックするとリンクへ飛ぶかなどをチェックしてみてください。

さらに、スマホで見たときに、レイアウトが崩れていないのかも確かめます。

 

ランディングページを外注する際の3つのチェックポイント

ランディングページを外注するとしても、注意すべきポイントがあります。主に、以下3点です。

  1. 目的・ターゲットを明確にする
  2. 外注先の得意分野を確認する
  3. 複数社に見積もりを取る

いくらプロに任せるとしても、思い通りの仕上がりにならないなどの失敗に繋がる可能性があります。外注を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

1.目的・ターゲットを明確にする

外注するからといって、目的・ターゲットを曖昧にしてはいけません。依頼する前に、必ず明確にしておきましょう。
目的・ターゲットが決まっていないと、ランディングページの訴求内容がぶれることがあります。

結果、効果が薄まってしまう可能性も考えられます。外注する際には、依頼先が理解できるように、目的・ターゲットを分かりやすくまとめておくのがおすすめです。

参考としているランディングページを提示すると、イメージが伝わりやすいでしょう。

2.外注先の得意分野を確認する

外部に作成を依頼する際には、外注先の強みを確認しておきましょう。会社によって、得意としているランディングページは異なるためです。

強みにしている分野であれば、クオリティやその後の成果が期待できます。

得意ジャンルを確認するには、外注先の実績などを確認するのがおすすめです。

3.複数社に見積もりを取る

外注先を決める際には、複数社に見積もりを取りましょう。見積もりをもらったら、料金内でどこまでサービスが含まれているのかを確認します。

例えば、作成したあとの運用フォローもしてくれる会社なら、成果を出すためのサポートが期待できます。

複数社に見積もりを取り、予算とサービス内容に見合った企業を選ぶと良いでしょう。

 

ランディングページの効果を引き出す運用方法3選

ランディングページの効果を高めるためには、Webに公開した後の運用が重要です。作成した後の行動によって、成果に繋がるかどうかが決まります。

こちらでは、ランディングページの効果を引き出す運用方法を紹介します。主に、以下3点です。

  1. Webで集客を行う
  2. 通常サイトから誘導する
  3. 改善(LPO)を行う

それぞれの方法を順番にみていきましょう。

1.Webで集客を行う

効果を高めるためには、Webでの集客を行います。ランディングページの流入数を増やすためです。
あなた自身のサービスや知名度が低い状態だと、そもそもユーザーが検索しない可能性が高いです。

そのため、自分から集客を行い、多くの人にランディングページを見てもらいましょう。

Webで集客する方法については「【保存版】Web集客の方法9選!メリット・デメリットから成功のコツまでまるっと解説」にて解説しています。注意点も併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

2.通常サイトから誘導する

ランディングページを多数のユーザーに見てもらうには、通常のサイトから誘導するのもおすすめです。

それぞれの役割を分担できるのが強みです。ホームページで集客を行い、ランディングページでクロージングを行えます。

3.改善(LPO)を行う

ライティングページの内容によっては、成果が期待できないことがあります。その際には、改善を行うことが大切です。ランディングページをより良くすることを「LPO(Landing Page Optimization)」と呼びます。
なかでも改善点を見つけるのにおすすめなのが、ヒートマップと呼ばれるツールです。

ヒートマップを使うことで、サイト内のどこを多くクリックしているのかなど色の濃さで読み取れます。主に、色が濃くなっている部分は関心があり、反対に薄い部分は読まれていないことが分かります。

ヒートマップを用いて課題を明確にし、ランディングページの改善を行いましょう。

ぜひこの記事を参考に、LPを制作してみてください!

なお、僕のメルマガでは、起業家や個人事業主に向けたビジネスのノウハウを発信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.