コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【チャンスを掴め】クリエイターの情報発信は最強!メリットや発信内容を簡単に解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「インターネット上に情報を発信したい!」
「クリエイターってどんな情報を発信したらいいの?」
「情報発信におすすめのツールはある?」


クリエイター

このようなお悩みを抱えていませんか?

「仕事を獲得したい」「知名度を上げたい」と考え、情報発信をしようと考えているクリエイターは多いのではないでしょうか。とはいえ、どんな内容を発信しようか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、情報発信を始めようとしているクリエイターに向けて

  • 始め方
  • 発信内容
  • おすすめのツール

などを解説します。
なおクリエイターの情報発信は、メリットしかありませんまだ発信を行っていない方は、この記事を参考に今すぐ始めましょう。

なお、僕のメルマガでは、情報発信を始めとしたネットビジネスのノウハウを紹介しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください!

 

クリエイターが情報発信するメリット5選

クリエイターが情報を発信することには、以下5つのメリットがあります。

  1. ポートフォリオになる
  2. 仕事を獲得できる
  3. クリエイター仲間ができる
  4. 宣伝費を抑えられる
  5. 新しい情報を取り入れられる

どれもクリエイター活動を後押しするものばかり。順番にみていきましょう。

1.ポートフォリオになる

クリエイターが情報発信するメリットは、発信した内容がポートフォリオになることです。ポートフォリオとは、いわば自分をアピールするもの

例えば、イラストレーターがTwitterに作品を投稿することで「自分はこんな絵が描けます」と発信できます。また、動画クリエイターがYouTubeに動画をアップすれば、どんな編集をするのか他のユーザーにアピールできます。

このように、クリエイターの情報発信は自身のポートフォリオとなります。自分がどんな人間なのかをアピールするのにも使えるので、積極的に発信していきましょう。

2.仕事を獲得できる

クリエイターが情報を発信することで、仕事を獲得しやすくなります。
自分がどんな人間なのか、どんな作品を作れるのかをアピールできるためです。

例えば、WebライターがSNSに自分が書いたブログを投稿すると、それを見たクライアントから執筆依頼が舞い込む可能性があります。その他にも、書籍出版やセミナー講師のお誘いがあるかもしれません。

仕事を獲得したいクリエイターは、ぜひ情報発信に取り組んでみてください。

3.クリエイター仲間ができる

クリエイターが情報を発信することで、仲間ができます。自分の考えに共感してくれる人が集まってくるためです。

例えば、SNSで自身のイラスト発信すれば、ファンだけでなくイラストレーターがフォローすることが考えれらます。
仲間ができることで、情報を交換できたり、ビジネスに発展できたりと、さまざまな可能性が広がります

クリエイター活動の後押しをしてくれるため、積極的に情報を行いましょう。

4.宣伝費を抑えられる

インターネット上に情報を発信することで、宣伝費を抑えられるメリットがあります。SNSやブログなどで宣伝することで、広告費をかける必要がなくなるためです。

広告費用の目安は、以下の通りです。

  • 折込チラシ:1枚2.7円〜9.7円
  • テレビCM:1回40~80万円
  • 雑誌掲載:1件50~250万円

このような費用をかけなくても良いのは、情報発信をする強みです。自身の商品を販売したり、セミナーなどを開いたりする可能性があるクリエイターは、ぜひとも情報発信を行っていきましょう。

5.新しい情報を取り入れられる

情報発信をするメリットは、新しい情報を取り入れられることです。フォロワーや視聴者から、情報をもらえるためです。

例えば、美容系のSNSで投稿者に「◯◯の化粧品も良いですよ」などとコメントしているユーザーも見受けられます。このように自分から情報を発信することで、かえって新しい情報を取り入れられるのです。

クリエイターは、情報の移り変わりが激しい傾向にあります。そのため、新しい知識を取り入れられるのは大きなメリットです。

さらに、取り入れた情報を元に発信するネタを考えられるのも魅力といえるでしょう。

 

【5ステップ】クリエイターの情報発信の始め方

クリエイターが情報発信するには、主に以下5つのステップを踏みましょう。

  1. 目的を決める
  2. ターゲットを設定する
  3. メディアを立ち上げる
  4. コンスタントに発信する
  5. 分析を行いながら改善する

ステップごとに詳しく解説します。

「情報発信したいけど何から手を付けて良いのか分からない」という方は、ぜひチェックしてみてください。

1.目的を決める

まずは「何のために情報発信するのか」目的を決めましょう。軸がブレてしまうと、発信する内容に一貫性がなくなるためです。
目的を決めるためには、最終的なゴールから先に設定するのがおすすめです。

例えば、知名度を上げることが目的なら、自身の作品を投稿したり、他のクリエイターに役立つ情報を発信したりすることが望ましいです。

このように目的を決めた上で、情報発信を行っていきましょう。

2.ターゲットを設定する

情報発信する目的が決まれば、ターゲットを設定しましょう。ターゲットを設定することで、ユーザーの心に刺さる情報を発信できるためです。
「多数の人に当てはまる情報を届けた方が効果的なのでは?」という疑問もあると思いますが、そのような発信は「自分に向けられた発信じゃないな」と感じられやすいです。

結果、誰の心にも刺さらない投稿となってしまうでしょう。

ターゲットを決める際には、

  • 年齢・性別
  • 価値観
  • 趣味
  • 抱えている悩み

などを明確にしてみましょう。

ターゲットの設定方法については、関連記事「【実例解説】ターゲット設定はマーケティングの根幹!STP分析を通じて明確にターゲティングしよう」にてより詳しく解説しています、マーケティングの基本となる重要なフェーズなので、ぜひチェックしてみてください。

 

3.メディアを立ち上げる

続いて、情報を発信するメディアを立ち上げましょう。このフェーズで重要なのは、発信する内容と相性の良いメディアを選定することです。

例えば、動画クリエイターなら、自身の編集スキルをアピールできるYouTubeがおすすめです。また、Webライターならブログやnoteなどの、文章を投稿できるメディアが望ましいでしょう。

このように自信の活動や発信内容に適したメディアを選ぶことが大切です。

クリエイターと相性の良いメディアは、本記事中の「クリエイターと相性の良い情報発信ツール5選」にて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

4.コンスタントに発信する

メディアを立ち上げたら、いよいよ情報を発信していきます。コンスタントに発信することを心がけましょう。

情報発信は、取り組んですぐに効果が出るものではありません。あくまでも目安ですが、半年間はコツコツと情報を発信してみてください

5.分析を行いながら改善する

情報を発信したら、分析を行いましょう。改善点や課題点や明らかになってくるためです。

主に、以下のポイントを意識しながら分析するのがおすすめです。

  • フォロワーは何人増えたか
  • 反響の大きかった投稿は何か
  • 低評価やマイナスなコメントがついたのは何が原因か

このあたりのポイントを把握して改善できると、今後の情報発信に活かせます。反対に、分析を怠ってしまうと、改善点が見えてこないので注意が必要です。

特に、低評価やマイナスなコメントがついた原因をさぐることは大切です。放置したままだと、ファンを獲得できなかったり、最悪の場合炎上問題に発展したりする恐れがあります。

 

【実例あり】クリエイターが発信したい2つの情報

「どんな情報を発信すればいいか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、クリエイターが発信したい情報を2つ解説します。

  1. 自分の作品
  2. ノウハウ

実例もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.自信の作品

クリエイターの情報発信に迷ったら、自分の作品を投稿するのがおすすめです。
インターネット上にアップすることで、自分の作品を多数のユーザーにアピールできます。

例えば、イラストレーターの「吉本ユータヌキ(@horahareta13)」さんは、以下の投稿のようにマンガやイラストを発信しています。

さらに、画家の「はるアトリエ」さんは、YouTubeで作品のメイキング映像をアップしています。

投稿する内容に迷ったら、まずは自分の作品を発信してみるのがおすすめですよ。

2.ノウハウ

同じクリエイター向けに、ノウハウを発信するのもおすすめです。クリエイター仲間ができやすいという魅力もあります。

例えば、Webデザイナーの「るちこさん」は、TwitterやInstagramでデザイナーに特化した投稿をアップしています。


このように、同業者をターゲットとして情報発信するのも1つの方法です。

 

クリエイターと相性の良い情報発信ツール5選

クリエイターが情報を発信するなら、主に以下5つのメディアがおすすめです。

  1. Twitter
  2. Instagram
  3. YouTube
  4. ブログ
  5. LINE

各ツールの特徴や使い方の例を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.Twitter

Twitterの特徴は、拡散性が高いことです。

ツイートに話題が集まれば、クリエイターとして認知度を高められます。さらに、リツイート機能により、不特定多数のユーザーにあなたのツイートを届けられるのもメリットでしょう。

Twitterには、画像や動画をアップできるため、自分の作品を投稿するのがおすすめです。加えてURLを貼れるため、YouTubeやブログなどの他多媒体の誘導目的でも利用できます。

2.Instagram

Instagramは、画像の投稿がメインのSNSです。そのため、写真や画像など自分の作品をアップするのに向いています。
さらに、近年ではパワーポイントのようにスライドを作ったり、図解を入れたりする使い方がよく見られます。

クリエイター向けのノウハウを投稿するもの良いでしょう。

3.YouTube

YouTubeは、クリエイターと相性が良い情報発信ツールです。
1分間の動画は、一般的なテキストコンテンツの3,600ページ分の情報量といわれています。短い時間で多くの情報を盛り込めるため、視聴者へ情報を訴求が行いやすいのがメリットです。

さらに、YouTubeで顔を出しながら話すことで、視聴者から信頼してもらいやすくなります。そのため、同じクリエイター向けに情報を発信しようとしている方にもおすすめです、

4.ブログ

ブログは、Webライターなど文章を執筆するクリエイターにおすすめのツールです。

特徴は、文字数に制限がないこと。そのため、自分の伝えたいことをとことん発信できるのが強みです。

さらに文字での発信がメインとなるため、動画編集やイラスト制作など特別なスキルがない方にでも始めやすくなっています。

5.LINE

LINEのメリットは、登録してもらえば定期的にメッセージを送れることです。

役立つ情報などを発信することで、自身のサービス・商品の利用に繋がりやすいです。そのため「同じクリエイターを集めたオンラインサロンを経営したい」「同業者向けのコンサルを販売したい」と考えている方におすすめ。

さらに、ブログやYouTubeなどの他媒体から誘導しやすいのも強みです。いきなりサービス・商品の購入は難しくても、LINEの無料登録なら行ってくれる可能性が高まります

LINEの運用方法については「【ビジネス活用術】LINE公式アカウント運用のやり方を徹底解説!事例や使い方を紹介」をチェックしてみてください。活用事例やビジネスで使えるおすすめの機能を紹介しています。

 

ぜひこの記事を参考に、情報発信にチャレンジしてみてください!

ブログには書けない濃い内容のネットビジネスノウハウについては、僕のメルマガにて配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください。

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.