コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【穴埋めOK】魅力的なコピーライティングのコツとは!事前準備によるイメージの具体化が重要

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「コピーライティングが上達するコツは?」
「どんなコピーが魅力的?」
「コピーライティングで気をつけることはある?」

ネットビジネス
初心者

 

このように疑問を持っていませんか?

商品紹介やランディングページの文章を「とりあえず」で書いてしまってはもったいないです!魅力的なコピーライティングで、注文数や問い合わせ数などのコンバージョンを改善できる可能性があるからです。

しかしコピーライティングのコツが分からず、なんとなく文章を書いている方も多いはず。

そこでこの記事では、

  • コピーライティングの定義
  • コピーライティングに必要なリサーチ
  • 文章の型
  • コツ

などを解説していきます。

コピーライティングは、お金やツールを使うことなく工夫次第でブラッシュアップ可能です。

小説家や作詞家のような特別なセンスも必要ありません。

この記事を参考に、ぜひ感覚派のコピーライティングから卒業しましょう!

そして、ブログに書けない更に詳しいネットビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

 

コピーライティングの種類

コピーライティングには、次の2つの種類があります。

  1. イメージコピー(キャッチコピー)
  2. セールスコピー

それぞれの違いを押さえ、あなたのネットビジネスに役立つコピーはどちらか確認してみてください。

1.イメージコピー(キャッチコピー)

イメージコピーは、キャッチコピーとも呼ばれています。ブランドイメージを固めたり、人々の記憶に残したりすることがコピーライティングの目的です。

有名なイメージコピーには次のようなものがあります。

  • トンネルのむこうは、不思議の町でした(千と千尋の神隠し)
  • 100人乗っても大丈夫(イナバ物置)
  • そうだ、京都に行こう(JR東海)
  • 好きなことで、生きていく(YouTube)

テレビCMからインターネット広告まで、印象的なイメージコピーは数多くあります。

糸井重里氏や仲畑貴志氏など、多くの有名コピーライターが誕生しました。

2.セールスコピー

セールスコピーは、直接的にユーザーの行動をうながすためのコピーライティングのこと。ユーザーが「商品を書いたい」「サービスを利用したい」と感じてくれるよう、紹介文などの文章で誘導するのです。

イメージコピーのように分かりやすくはないですが、メルマガやチラシなどのあらゆる場所で使われています。

一部の媒体では「サイトを訪れて文章を最後まで読んだユーザーの◯%が申し込みボタンを押した」など、結果を数値化できます。

センスを持った限られた人に制作を依頼したり、CMに起用されるような完成度を目指したりする必要はありません。

コピーライティングと聞いて、1つ目のイメージコピーを思い浮かべる方も多いでしょう。しかしマーケティングやビジネスで鍵となるのはこのセールスコピーのほうです。

この記事ではセールスコピーのノウハウを解説していきます。

 

魅力的なコピーライティングを書くにはリサーチが重要

コピーライティングを書く際は、いきなりペンを持ったり闇雲にキーボードを叩いたりするわけではありません。文章を書き始める前に、コピーライティングの下準備をすることが重要です。

こちらでは魅力的なコピーライティングを書くためのリサーチ方法を紹介していきます。

  1. ペルソナを設定する
  2. ペルソナのBDFを知る
  3. 商品やサービスへの理解を深める

事前にしっかりとリサーチしておけば、コピーライティングの本番でスラスラと伝えたいことをまとめられるようになります。

リサーチ方法を詳しく見ていきましょう。

1.ペルソナを設定する

ペルソナとは、架空のユーザー像のこと。商品やサービスを利用してくれるユーザーのモデルを作り込みしていきます。

ターゲットよりも狭く深いユーザー像を作り、コピーライティングの参考にしましょう。敏腕の営業マンが相手によってセールスの仕方を変えるのと同じで、コピーライティングの中身もペルソナによって角度が変わります。

  • 年齢・性別
  • 職業
  • 趣味
  • 悩み
  • 普段使っている商品
  • 商品への知識レベル

など、まるでその人が実在するかのようにペルソナを作ることがポイントです。

例えばスマートフォンをコピーライティングで紹介するとしましょう。

ペルソナが「ビジネスの成功を目指す40代サラリーマン」なのに、写真の加工や絵文字に特化した説明をしては、想定するユーザー層の心に響きません。

ペルソナについては関連記事「【誰でも作れる】ペルソナ設定の7つのコツ!具体例や注意点までまるっと解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.ペルソナのBDFを知る

せっかくペルソナを設定しても、作って終わりでは意味がありません。ペルソナの本音をもとにコピーライティングの方向性を決めるため、BDFリサーチをしておきましょう。

BDFとは、次の3つの頭文字を取った言葉です。

  • 思い込み(Belief)
  • 求めていること(Desire)
  • 感じていること(Feeling)

これからコピーライティングで訴求しようとしている商品に、ペルソナがどのような印象を抱いているのかを分析していきます。

本音の例
思い込み
(Belief)
「エステは勧誘がしつこい」
「投資はギャンブル」
「ダイエット=食事制限」
求めていること
(Desire)
「綺麗になって結婚式に備えたい」
「投資で不労所得が欲しい」
「痩せて彼氏を作りたい」
感じていること(Feeling)「もうし少し安ければ契約したい」
「口コミが少なくて怪しい」
「他との違いが分からない」

質問サイトやレビュー投稿を見ると、あらゆるユーザーの本音を知るための参考になります。

BDFリサーチした結果は、コピーライティングに積極的に落とし込みましょう。

3.商品やサービスへの理解を深める

ペルソナが抱えている課題や、BDFリサーチでわかった本音に答えるため、商品について詳しくなっておきましょう。これから訴求する商品について知っておいたほうが、コピーライティングの引き出しを増やせます。

商品やサービスについて理解を深めるポイントは次の通りです。

  • ライバル商品と比較する
  • 商品の使い方や特徴を自分の言葉でまとめ直す
  • ベネフィットを考える
  • デメリットを考える

誰よりも商品に興味を持つことから始めましょう。

 

スラスラとコピーライティングが進む4つの文章の型

ペルソナや商品への理解を深めたら、あとはコピーライティングをしていくだけです。

とはいえ、どのように形にすればいいか分からない方は多いはず。

こちらでは、コピーライティングに使える文章の型を4つ紹介していきます。それぞれの型では、BDFリサーチで知った「ペルソナの本音」から導いたことを穴埋めしていくだけでコピーライティングが完成します。

  1. PASONAの法則
  2. QUESTフォーミュラ
  3. AIDMAの法則
  4. PREP法

文章の型が変わると、どのようにコピーライティングにも影響するか、ぜひ比較してみてください。

1.PASONAの法則

PASONAの法則は、ユーザーに行動を起こしてもらいやすいコピーライティングを書けるようになる文章の型です。

次の6つのパーツに文章を穴埋めして使います。

  • Problem(問題)
  • Affinity(親近感)
  • Solution(解決策)
  • Offer(提案)
  • Narrowing down(絞り込み)
  • Action(行動)

実際に当てはめてみた例文は以下の通りです。問題や親近感のパートでユーザーに寄り添うことがポイントです。

  • (問題)「夏の海デートまでにくびれを作りたい」と思っていませんか?
  • (親近感)たるんだお腹で水着を着るのが恥ずかしいという方は、あなただけではありません。
  • (解決策)効率的に痩せるには、このサプリで痩せやすい体を内側から作っていきましょう。
  • (提案)サプリを初めてご購入の方に、1週間分のお試しセットをご用意しています。
  • (絞り込み)3日間以内にお申し込みの方限定で、本契約後の初回お届けが半額になるクーポンも配布。
  • (行動)キャンペーンが終わらないうちに、今すぐお申し込みを!

PASONAの法則については関連記事「【今すぐ使える】PASONAの法則の使い方を事例とともに徹底解説!新旧の違いも比較」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.QUESTフォーミュラ

QUESTフォーミュラは、売上アップのために書くコピーライティングにピッタリな文章の型です。

次のパーツに、文章を穴埋めしていきます。

  • Qualify(ターゲットの絞り込み)
  • Understand(共感)
  • Educate(教育)
  • Stimulate(興奮)
  • Transition(変化)

QUESTフォーミュラを使ってコピーライティングをしてみましょう。

  • (ターゲットの絞り込み)海デートに向けてくびれを作りたいと思っている、そこのあなたにピッタリなサプリを紹介します。
  • (共感)たるんだお腹で水着を着るのが恥ずかしいと感じてしまいますよね。私もかつては同じように悩んでいました。
  • (教育)このサプリは、利用者の9割以上が効果を実感し、おすすめのダイエット方法ランキングで1位を獲得しました。
  • (興奮)実は、3日間以内にお申し込みの方限定で、本契約後の初回お届けが半額になるクーポンを配布しています。
  • (変化)このチャンスで夏までに綺麗なボディラインを作りたいなら、ぜひ今すぐ購入してくださいね。

重要なのは1文目。最初にターゲットを限定することで、コピーライティングを読んだユーザーが「自分にとって有益な情報だ」と感じてくれます。

自分ごととしてとらえ、最後まで読んでくれる確率が上がるでしょう。

QUESTフォーミュラの使い方は関連記事「【5分でマスター】QUESTフォーミュラの構成と例文を解説!コピーライティングの基本を伝授」で紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

3.AIDMAの法則

AIDMAの法則では、ユーザーが商品を知ってから購入するまでの心の動きに沿っています。

穴埋めの項目は次の通りです。

  1. Attention(注意を引く)
  2. Interest(興味を持たせる)
  3. Desire(欲しいと思わせる)
  4. Memory(商品の知識を与える・記憶)
  5. Action(行動をうながす)

AIDMAの法則を使ったコピーライティングの文章例を確認してみましょう。AIDMAの法則を上手く使えれば、ユーザーの購買意欲を段階的に高められるでしょう。

  • (注意を引く)食事制限だけでは痩せられない!最先端のダイエットとは?
  • (興味を持たせる)160cmで体重が60kgもあった私が水着の似合う体型に慣れて彼氏もできた秘密は、あるサプリにあります。
  • (欲しいと思わせる)このサプリを飲めば、厳しすぎる食事制限や筋トレをしなくても、簡単に痩せやすい体に慣れます。
  • (商品の知識を与える・記憶)配合成分◯◯のおかげで、利用者の9割以上が効果を実感しました。
  • (行動をうながす)サプリで効率的に痩せたい方は、ぜひこの商品をお試しください。

AIDMAの法則については、関連記事「【事例解説】AIDMA(アイドマ)の法則とは!顧客が商品を購入するまでの過程を分析しよう」も一緒にチェックしてみてください!

 

4.PREP法

PREP法では、次の順番で穴埋めすることで説得力が高いコピーライティングを書けるようになります。

  1. Point(結論)
  2. Reason(理由)
  3. Example(例え)
  4. Point(結論)

PREP法でコピーライティングを書いた例は以下の通りです。順序立ててコピーライティングをすることで、ユーザーにとって理解しやすい文章が完成します。

  • (結論)このダイエットサプリを飲めば、夏までに自信を持って水着が着られるようになります。
  • (理由)たくさんの有効成分が痩せやすい体に導いてくれるからです。
  • (例え)例えば成分Aは脂肪を燃やしたり、成分Bは消化を助けたりする効果があります。
  • (結論)食事制限せず簡単に痩せたい方は、ぜひこのサプリをお試しください。

どれが優れているとかはないので、商品に合った訴求の仕方を模索してみてください!

 

魅力的なコピーライティングを書くコツ7選

魅力的なコピーライティングを書くには、文章の型を使うだけでなく、次のコツも意識しましょう。

  1. 具体的な数字を入れる
  2. 作り手の情報を伝える
  3. 権威者による推薦を強調する
  4. 利用者の声を伝える
  5. 商品デモを載せる
  6. 実績を伝える
  7. ビジュアルイメージを活用する

自分が書いたコピーライティングにしっくり来ないとお悩みの方は、改善できる点がないかチェックしてみてください。

1.具体的な数字を入れる

文章に具体的な数字を書くと、情報に信憑性が生まれます。

  • 「サプリを飲んだかなりの方」がダイエットに成功しました
  • 「サプリを飲んだ方の9割」がダイエットに成功しました

この2つの文章では、数字が入った後者のほうが説得力を感じるのです。「1日あたり30円で効果が手に入る」「レモンの35倍の成分」など、数字を強調してポジティブなイメージにつなげましょう。

2.作り手の情報を伝える

作り手の情報を掲載するメリットは、商品への信頼をアップできることです。

  • どんな会社なのか
  • どのような環境で生まれた商品なのか
  • どのようなビジョンを叶えたいと考えて商品を作ったのか

など、公表できる情報はなるべく伝えると、ユーザーは安心さを感じるでしょう。どんなに魅力的な商品でも、作り手に関する情報が不透明だと、怪しい印象を持たれてしまいます。

3.権威者による推薦を強調する

権威者からの推薦は「この人が勧めるのだから間違いはないだろう」と、商品の購入を迷っている方への判断材料となります。権威者とは、商品の深い知識を持っていたり、業界で大きな影響力を持ったりしている人のこと。

  • 医者も勧める健康法
  • あの美肌モデルが絶賛した化粧水
  • プロ野球選手も愛用のグローブ

など「その道のプロも商品を褒めている」ということをアピールしましょう。

4.利用者の声を伝える

利用者の声を見たユーザーは、商品を使った自分の姿を具体的に想像できるようになります。モニターからのアンケート結果や、SNSでの口コミなどを掲載することがおすすめです。

同じ悩みや不安を抱えた人からのポジティブな感想は、自分ごとにとらえてもらえます。

5.商品デモを載せる

購入後のイメージを具体化するため、商品デモを載せましょう。

  • 実物の写真
  • 実演動画
  • 図面
  • サイズの計測結果

などを入れ込み、サイズや色をリアルに想像してもらうのです。文字だけのコピーライティングよりも、商品への疑問点や不安を払拭できる効果があります。

6.実績を伝える

コピーライティングでいう実績とは、受賞歴やメディアへの掲載歴などを意味しています。第三者からの客観的な評価をもとに、その商品がいかに優れているかをアピールできるのです。

信頼性を裏付ける証拠として掲載しておきましょう。

7.ビジュアルイメージを活用する

文字しか掲載できないという制約がなければ、ビジュアル面でも訴求すると効果的です。適度にビジュアルイメージが入っていたほうが、ユーザーにインパクトを与えられます。

  • 図解で強調する
  • 太字やラインマーカーで装飾する
  • ロゴやアイコンで簡潔に伝える

重要な点がユーザーの記憶に残るよう工夫すると、コピーライティングの効果をより引き出せます。

ぜひこの記事を参考に、コピーライティングにチャレンジしてみてください!書き方に困ったときはPASONAの法則などに文章を穴埋めするのがおすすめです。

そして、ブログに書けない更に詳しいネットビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.