コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【失敗回避】コンテンツ販売でまったく稼げない!考えられる5つの原因と対処法・有効な施策を紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「コンテンツ販売に調整したけどまったく稼げない」
「コンテンツ販売をしているけどまったく売れない…ネタが悪いのかな…?」
「販売しているコンテンツから期待している収益が出ていない」

ネットビジネス初心者

このような悩みにお答えしていきます。

せっかく作ったコンテンツが稼げないのは困りものです。かけた時間や労力に見合った成果が出ないと、せっかくの努力が無駄になってしまいます。「もしかしてコンテンツ販売の才能がないのかな」と諦めている方に向けてこの記事を書きました。

コンテンツ販売で稼げないのには必ず理由があります。原因を突き止めて適切に対処していけば、コンテンツを変えずとも稼げるようになる可能性もあるのです。

そこで、この記事では、

  • コンテンツ販売で稼げない原因
  • コンテンツがまったく売れない人向けの対処法
  • コンテンツが売れているものの収益が低い人向けのアイデア

について詳しく解説していきます。

コンテンツで成果が出ない人から、売れてはいるものの稼ぎが少ない人までレベル別にカバーした内容になっています。

コンテンツが売れずに迷走している方に役立つ情報をまとめているので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスに関するノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

コンテンツ販売でまったく稼げない人が考えるべき5つの原因

コンテンツ販売を始めたのに、全然稼げていない人に向け、考えられる5つの原因をまとめました。

  1. 集客の動線がない
  2. 信用が足りていない
  3. コンテンツの価値を伝えられていない
  4. そもそも需要がない
  5. 購入者の満足度が低い

ぜひ、どの状況が当てはまるか検証しながら読んでみてください。

1. 集客の動線がない

そもそもコンテンツに知名度がなく、知られなければ売れることもありません。

もし誰も知らない状態ならば、まず集客の動線を作る必要があります。プラットフォームによっては自動でおすすめ表示してくれるものもありますが、それ以外にも知ってもらうための工夫が必要です。

2. 信用が足りていない

よく知らない人からいきなり訪問販売で商品をすすめられても、怪しいと思って買わない人がほとんどではないでしょうか?コンテンツも同様で、何者かよくわからない人の情報を買うのには抵抗があります。そのため、コンテンツを売る前に自分をよく知ってもらい、「この人の情報なら信頼できそうだから買ってみたいな」と思ってもらう必要があります。

メルマガやSNSなどでの日頃の情報発信のほか、コンテンツを紹介する部分で実績を紹介するのも有効です。信頼が十分に溜まってからコンテンツに触れ合うようにできれば、より購買に近づくでしょう。

なお、信頼に関する内容について「【5分でわかる】ビジネスにおける信頼残高とは!成功するための増やし方も解説」で詳しく解説しています。ビジネスパーソン必見の内容なので、こちらもぜひご覧ください。

 

3. コンテンツの価値を伝えられていない

せっかくコンテンツにたどり着いてもらったとしても、値段分の価値があると思ってもらえなければ購入には至りません。また、市場にはたくさんのコンテンツが溢れているため、なぜあなたのものが有益なのか伝わらなければ、他に流れてしまうでしょう。

コンテンツを紹介するときには、何が違ってどうして有益なのかという価値をしっかりと訴求する必要があります。

もし、コンテンツを知っている人が増えているのにも関わらず、売上が上がらない場合は伝え方を工夫してみてください。

4. そもそも需要がない

そもそも作ったコンテンツに需要がなければ、どう頑張っても売れません。もしコンテンツが1つも売れていないならば、刺さるターゲットがいないものになっている可能性があります。

コンテンツを作るときには、ジャンル選びが重要です。最初に需要があるネタをしっかりリサーチしておく必要があります。まったく売れないコンテンツの場合は、思い切って作り直すかリコンセプトが必要かもしれません。

なお、コンテンツ販売におすすめのジャンルは「【儲かる】コンテンツ販売で稼げるジャンル6選!探し方も徹底解説」にて詳しく解説しているので、もし手直しをする方は参考にしてください。

 

5. 購入者の満足度が低い

初動でコンテンツがいくつか売れたのに、それっきりになっている場合は、内容の満足度が低い可能性もあります。もし有益だと感じたならば口コミが広がっていくからです。

特に、悪評が立ってしまったコンテンツはそれ以上売れることはありません。悪い評価をされている場合は、その内容を真摯に受け止め、有益なものを改めて作り直す必要があるでしょう。

 

コンテンツ販売で稼げない人の対処法5選

コンテンツ販売を始めたにも関わらず稼げない人は、何かしら改善する必要があります。

ここでは、改善の糸口となる5つの対処法を紹介します。

  1. 集客の窓口を作る
  2. 見込み顧客を教育する
  3. コンテンツの感想を集めて内容を改善する
  4. コンテンツのコピーを見直す
  5. 見込み顧客の疑問を潰しておく

今の課題に合わせて、必要な部分をご覧ください。

1. 集客の窓口を作る

まだコンテンツが知られていないならば、集客の窓口を作りましょう。もし内容が良ければ、認知が広がることで稼げるようになる可能性があります。

  • ブログ
  • SNS
  • YouTube
  • 口コミ
  • 有料広告

など、情報がユーザーの目に届くようにしましょう。

そのほか、無料のセミナーを開催して認知と同時に信用残高を貯める方法も有効です。

具体的な集客方法は「【成功の秘訣】コンテンツ販売におすすめの集客方法7選!失敗しないコツも紹介」で紹介しています。まだコンテンツの知名度が低いなと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

2. 見込み顧客を教育する

高額のコンテンツを販売する場合は、知った途端に購入してもらえるケースは少ないものです。高いお金を出すのには躊躇してしまうので、この人の情報であれば買う価値があると思ってもらう必要があります。

あなた自身の信用が十分に貯まることで、購買につながるでしょう。

おすすめは、メルマガやLステップを使った教育です。最初に見込み顧客を集めて、有益な情報を流していくことで、徐々に信用が集まっていくことでしょう。

なお、教育をすすめるには、情報を少しずつ出して理解度を深めていくステップメールの書き方が参考になります。「【成約率アップ】教育目的のステップメール全6種類を紹介!最大限の効果を発揮するには」にて教育のやり方を解説しているので、ぜひご覧ください。

 

3. コンテンツの感想を集めて内容を改善する

コンテンツの内容が満足されていないことがわかった場合は、内容改善が不可欠です。

集客や教育だけ注力しても、買ってくれた人をがっかりさせてしまっては、本末転倒。そのコンテンツが売れないどころか、新しくほかのコンテンツを出してもまた不満が集まってしまいます

すでにコンテンツを購入している人の口コミを参考にするほか、実際に意見をもらうのも有効です。限定5人に無料でコンテンツを配る代わりに感想をもらうなどの方法で、コンテンツの改善点を洗い出して改善することをおすすめします。

4. コンテンツのコピーを見直す

コンテンツ自体は知られていて、内容も問題ないならば、改善すべきなのがコピー。

コンテンツ自体が魅力的なものでも、消費者に良さを伝わらなければ購入されないためです。良さを伝えるには、購入ページなどで商品のアピールをするようにしましょう。

特に注意すべきなのは、タイトルと導入部分の書き方です。

  • 競合との違い
  • コンテンツならではの強み
  • コンテンツを利用することで得られるメリット

などがわかりやすく示されているか、見直してみてください。

特に導入部分は、興味と期待を持てるような書き方が必要です。商品をアピールするには、セールスライティングを身につけることも重要。

関連記事「【誰でもできる】セールスライティングの書き方5ステップ!怖いほど商品が売れる文章の型を解説」では、コンテンツが売れるための文章の型を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

5. 見込み顧客の疑問を潰しておく

コンテンツに対して、不安や疑問があれば購入にいたらない可能性があります。購入者が不安を持ちそうな部分はあらかじめ明記しておくのがおすすめです。

具体的には、以下の項目を充実させましょう。

  • よくある質問やFAQ
  • サポート体制の有無
  • 支払方法

競合がどんな情報を記載しているのか参考にしてみても良いでしょう。

 

コンテンツ販売で予想より稼げない人が検討するべき4つの施策

コンテンツ販売である程度売れたけれども、作った労力に収益が見合わなかったという方もいるでしょう。

ここでは、すでに物は売れているけれども、満足するほど稼げなかった方が見直すべき施策を4つにまとめました。

  1. アップセルを狙う
  2. アフィリエイトを導入する
  3. 集客を自動化する
  4. プラットフォームを変える

どれも、既存のコンテンツはほとんど変更せずに導入できる方法です。できそうなものを取り入れてみましょう。

1. アップセルを狙う

すでに満足度が高いコンテンツを作れているならば、新たに商品を作るのも一つの手段です。元のコンテンツの上級編や、さらに手厚いサポートをつけた商品を作ってアップセルを狙えば、さらなる収益が見込めます

  • コンテンツに関連する事例集
  • マンツーマンでのサポート
  • 元のコンテンツを理解した人向けの上級者向けのコンテンツ

など、売れているコンテンツに紐付けたサービスは幅広く考えられます。新コンテンツを作らずに、コンサルをおこなっていくのも一人あたりの単価を上げるのに有効でしょう。

今のコンテンツに満足していて有益と感じる人が多いならば、リピーターになってくれる可能性も高いです。すでに集めた顧客をうまく活用する手段を考えてみましょう。

2. アフィリエイトを導入する

コンテンツの単価が安かったり、無料コンテンツがバズったりした場合は、アフィリエイトを用いて副次的に稼ぐのもありです。コンテンツ内で商品やサービスを紹介しているならば、そのリンクをアフィリエイトに変えることで新たな収益の柱を建てられます。

  • 仮想通貨の取引のコンテンツでおすすめの売買場所を紹介
  • ダイエット系の情報に実際に効果があったサプリを紹介

など、コンテンツの内容次第では紐付けられるサービスがあるはずです。

読者が支払う金額は変わらず収入を増やせるので、検討してみましょう。

3. 集客を自動化する

コンテンツ自体は売れているものの、集客や教育に時間がかかっていて、労働に収入が見合わない方もいます。その場合は、集客を自動化することで時間単価をあげられます

一人ひとりと個別に対話するようなやり方では、信用は稼げるもののその分時間もかかってしまいます。できるだけ集客を自動化し、販売までの工数を下げると稼ぎやすくなるでしょう。

なお、自動化の具体的な手段は「【成功の秘訣】コンテンツ販売は自動化できる!集客・教育・販売の流れを意識しよう」の記事で紹介しています。ぜひ取り入れてみてください。

 

4. プラットフォームを変える

もしプラットフォームを活用してコンテンツ販売しているならば、ほかのところに変えることで収益アップする可能性があります。なぜなら、プラットフォームによって販売手数料や利用料金が変わるからです。

例えば、テキストコンテンツの販売サイトだけ見ても、手数料はまちまちです。

  • ココナラ:22%
  • note:売上金額から決済手数料を引いた金額の10%
  • infotop:6.52%~11.48%(決済方法により異なる)

もし、割高な販売サイトを用いていた場合は、乗り換えを検討してもよいでしょう。また、SNSなどですでに十分な口コミが集まっている場合は、自分が運営するWebサイトを活用して直接販売するのも有効です。

 

コンテンツ販売で稼げない理由は人それぞれ。しかし、原因をおさえて改善していけば、きっと売れるようになるはずです。ぜひ、今の課題を見直してコンテンツ販売を成功に導いてみてください!

当ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.