コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【継続は力なり】情報発信はコンテンツマーケティングが重要!始め方やコツを解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「情報発信を始めてビジネスにしたい!」
「情報発信のためのコンテンツってどうやって作ればいいの?」
「コンテンツを作るときのコツを知りたい!」


コンテンツ販売
初心者

このような疑問を持っていませんか?

最近ではTwitterなどのSNSで発信して、ブログやメルマガなどのコンテンツで稼ぐ人が増えています。「自分ならではのコンテンツを作って、情報発信をしてビジネスにしたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし初めてコンテンツを作る際、どのように作って広めていけばいいのか分かりにくいですよね。

そこでこの記事では、情報発信ビジネスを始める場合に必要となる、

  • コンテンツマーケティングの概念
  • コンテンツマーケティングを始める際の手順
  • コンテンツマーケティングの効果を高めるコツ
  • コンテンツマーケティングの注意点

などを解説していきます!

失敗しないように、注意点も含めて説明しますので、ぜひ参考にしてみてください!

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

情報発信に役立つコンテンツマーケティングとは?【わかりやすく解説】

コンテンツマーケティングとは、読者に価値のあるコンテンツを提供し、育成して購買へ繋げて自分のファンにさせる手法です。相手に興味を持ってもらうまで積極的な売り込みはせずに、有益な情報を与えてじっくりとファン化していきます。

ファン化することで、顧客ロイヤリティ(忠誠心や愛着)が高まり、継続して関係性を維持することが可能です。
コンテンツを購入してもらえたり、SNSなどで拡散してもらえたりと発信側は様々なメリットを得られます。

 

情報発信でコンテンツマーケティングを行う必要性

情報発信をビジネスとして続けていくためには、ファンを1人でも多く獲得する必要があります。

ファンは継続的な顧客になるのはもちろん、SNSで情報拡散を行ってくれることが多いので、広告費の節約になるからです。売上が上がりやすいのはもちろん、認知度も向上しやすくなります。

情報発信ビジネスの効率を高めるためにも、コンテンツマーケティングを理解しておく必要があるのです。

 

情報発信に繋がるコンテンツマーケティングを始める際の5つの手順

情報発信を強化するコンテンツマーケティングを行う場合、以下の5つの手順でスタートしましょう。

  1. オウンドメディアのターゲットを決める
  2. オウンドメディアを作る
  3. 記事コンテンツを設計する
  4. 記事を書く
  5. PDCAを回して改善していく

ただコンテンツを作るだけではなく、十分なリサーチや効果測定も行うことが大切です。

質の高いコンテンツ制作を実現するためにも、それぞれのステップの詳細を確認していきましょう。

1. オウンドメディアのターゲットを決める

コンテンツマーケティングを実施する際は、情報発信を行うオウンドメディアを作りましょう。ただ、何も考えずにいきなり作ってしまうと失敗する可能性が高いので、ブレないようにまずは方向性を決める必要があります。

そこで、まずは情報を届けたいターゲットを決めましょう。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 収入
  • 住んでいるエリア
  • 趣味趣向

自分が作りたいコンテンツの方向性と照らし合わせて、適切なターゲットを設定しましょう。

2. オウンドメディアを作る

オウンドメディアを作る場合は、サイトの作成やブログの作成が簡単にできるCMS「WordPress」を活用しましょう。

Webサイト全体のテンプレートにあたるテーマは、無料のものでもいいのですが、デザイン制作に時間がかかります。そこで、有料テーマを導入すると、サイト制作の知識がなくても優れたサイトデザインがスムーズに設計可能です。

有料テーマとして特におすすめなのは、以下の3つです。

有料テーマ特徴
SWELL(スウェル)・価格は17,600円(税込)
・各種機能などが分かりやすく使える
・シンプルでおしゃれなデザインをすぐに作れる
AFFINGER6(アフィンガー6)・価格は14,800円(税込)
・「収益化」「ブランディング」を意識したデザインが実現可能
・会話ふきだしデザイン、スライドショーがすぐに作れる
JIN(ジン)・価格は14,800円(税込)
・収益化に繋がりやすい機能が充実
・SEOに強いサイト設計が可能

デザインの向上、使いやすさに繋がるので自分に合った有料テーマを選んで、オウンドメディアを作りましょう。

3. 記事コンテンツを設計する

オウンドメディアの設計、デザインが終わった後は、記事制作を行いましょう。ただ、記事に関してもいきなり書き始めるのではなく、まずは設計を行うことが大切です。

そこで、検索上位の表示を目指し、ユーザーのニーズを満たす記事を作成するためにもリサーチをしましょう。

メインキーワードに沿って下記の情報をリサーチします。

  • サジェスト・関連キーワード
  • 競合記事

これらをリサーチすると、記事に

  • 「どのようなキーワードを含めばいいのか」
  • 「どんな話題を扱えばいいのか」

というポイントがわかってきます。また、ユーザーのニーズや悩みを探るためにも、Yahoo!知恵袋も活用するのがおすすめです。

Yahoo!知恵袋では、ユーザーが悩みや疑問について質問しているので、コンテンツを作成する際のヒントにできます。

各種リサーチを徹底し、情報を集めきった段階で記事を執筆し始めましょう。

4. 記事を書く

リサーチが済んだ後は、実際に記事コンテンツの制作を進めていきましょう。執筆する際の適切な文字数は、キーワードごとに異なるのでしっかりと見極める必要があります。

そこで、どれくらいの文字数をかけばいいのか知りたい場合は「ラッコキーワード」を利用しましょう。

「見出し抽出」の部分で、平均文字数が確認できるのでどのくらい書けばいいのか参考にしやすいです。

他にも、記事を作成する場合は、SEOを意識するためにもタイトルや見出しにキーワードを入れましょう。

5. PDCAを回して改善していく

オウンドメディアを運用し始めたら「Googleアナリティクス」「サーチコンソール」を活用して、効果測定を行いましょう。

  • PV数
  • 流入キーワード
  • クリック率
  • 滞在時間

これらの情報を確認して、どのような成果を獲得しているのかチェックすることが大切です。

もし、成果が低いページがあればリライトして対策を行う必要があります。

記事をアップロードしたらすぐに成果が出るわけではありません。分析やリライトを繰り返して、長期的継続して運用することで効果を発揮するものです。

PDCAを意識しながら、運用を継続していきましょう。

 

情報発信におけるコンテンツマーケティングの効果を高めるコツ4選

コンテンツマーケティングを行う場合、ただ制作するだけでは不十分です。

しっかりとコツまで意識して、コンテンツのクオリティの向上や集客まで考えて活動しましょう。

  1. SEOを行う
  2. SNSも運用して集客を行う
  3. 必要に応じてリライトを行う
  4. 文字数も意識する

ここからはそれぞれのコツについて、詳しく解説していきます。

1. SEOを行う

コンテンツマーケティングを行う場合、より多くの人に見つけてもらうためにもSEOを意識しましょう。検索エンジンでの上位表示を達成できると、その分多くのユーザーが流入しやすいです。

アクセス数が増えない限りは、ファンの増加が見込めないので最優先でSEOを行いましょう。

例として、SEOを行う際のコツをいくつかご紹介します。

  • 記事タイトルは32文字程度に収める
  • タイトルや見出しには、必ずメインキーワードを入れる
  • 読者がストレスを感じないように、結論から書きだすように意識する
  • 文字だけではなく、画像も挿入して読みやすい記事を意識する

SEOについては、関連記事「【SEOに強い】ブログ記事の見出しの付け方は?徹底解説【適当はNG】」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2. SNSも運用して集客を行う

効率よく集客を行うためには、SEOだけでは不十分なのでSNS集客も実施しましょう。

SNSで情報発信を行うと、情報収集に対して積極的なユーザーにアプローチできます。拡散性も高いので、オウンドメディアの認知度が広がりやすいのも強みです。

普段の投稿はもちろん、SNS広告やインフルエンサーも合わせて施策として行うと、さらに認知度を高められます。

SNS集客を行う方法については関連記事「【実用性抜群】SNSの集客方法や成功事例を徹底解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

3. 必要に応じてリライトを行う

コンテンツマーケティングを行う場合、リライトしてコンテンツの質を高める必要があります。検索エンジンで思ったように順位が上昇しない記事、成約率が低い記事は優先してリライトしましょう。

そこで、記事のリライトを行う場合は、下記のポイントを意識すると効果的です。

  • 滞在時間を増やすために内部リンクを増やす
  • 不足しているトピックの追加を行う
  • 記事の装飾を見直す
  • 記事内リンクを増やして、さらに読みやすくする

簡単に取り組める対策も多いので、新規記事制作のみに注力せずに、リライトも必ず行いましょう。

4. 文字数も意識する

記事コンテンツを制作する場合は、文字数も意識しましょう。

文字数が極端に少ない場合は、見出しが少なく、扱っているトピックが少ない可能性があります。

扱っているトピックが少なすぎると、読者のニーズが満たせず十分なSEO効果が望めません。読者のニーズが満たせないと不満に繋がり、離脱率が上昇して、成約にも結びつかない可能性が高いです。

ラッコキーワードで競合記事の平均文字数も確認しながら、読者のニーズが満たせる記事制作を行いましょう。

 

情報発信におけるコンテンツマーケティングを始める際の注意点4選

コツだけではなく注意点も把握しておくと、より良質なコンテンツマーケティングに繋がります。

  1. 読者ファーストを意識する
  2. 長期的な目線を持って継続する
  3. KGI・KPIは必ず設定する
  4. 外注も検討する

いずれも重要なポイントなので、コンテンツマーケティングを行う際は必ず理解しておきましょう。

1. 読者ファーストを意識する

記事コンテンツを制作する場合は、必ず読者ファーストを意識しましょう。読者ファーストとは、読者にとって読みやすく、ストレスを感じない記事作成を行うことです。

具体的には下記の対策を行うと、読者ファーストを実現しやすくなります。

  • 結論から入り読みやすい文章を意識する
  • スマートフォンを意識した見やすい改行を行う
  • 装飾を行い、流し読みできるようにする
  • 挿入する画像の容量を圧縮してサイトの読み込みを早くする

これらの対策ができると、読みやすい記事に仕上がります。

他にも読者のためになると感じた工夫を思いついたら、積極的に試していきましょう。

2. 長期的な目線を持って継続する

コンテンツマーケティングを行う場合、すぐに効果は出ません。中長期的な目線をもって継続しながら運用する必要があります。

運用初期は効果が出ないことがほとんどなので、焦らずに運用を続けていきましょう。成果が出ないからといって、途中であきらめてしまうと費やしたコストが無駄になります。

明確なゴールを設定するためにも、最初に明確なゴールを決めて運用していくことが大切です。

3. KGI・KPIは必ず設定する

オウンドメディアを運用して、コンテンツマーケティングを行う場合「KGI」「KPI」を設定しましょう。

  • KGI:ゴールを示した指標で「最終目標」のこと。例:オウンドメディア経由での成約数アップなど
  • KPI:ゴールまでの中間指標で「目標を達成するための過程」のこと。例:◯ヶ月以内にCVR率を○○%アップさせるなど

このように期限や具体的な数値まで設定できると、計画的に実行できます。明確なゴールが見えるので、日々どのような取り組みをすればいいのかも見えやすいです。

4. 外注も検討する

オウンドメディアを運営する場合、記事コンテンツを毎月15~20本は公開できると理想的です。ただ、毎月15~20本を1人で制作するのは大変なので、外注を検討しましょう。

Webライターはもちろん、ディレクターも外注することで、メディア運営を任せられます。

人材を探す場合は「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトで探したり、Twitterで直接募集したりしてもいいでしょう。メディア運営は外注に任せて、自分はSNS運用などの他の施策に集中することで、より早くファンを集められます。

情報発信を行う場合は、この記事を参考にコンテンツマーケティングを始めてみましょう。

そして、ブログに書けないさらに濃い内容のネットビジネスノウハウに関しては、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.