コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【もう悩まない】コンテンツビジネスのネタ探し10の方法!売れるアイデアは身近に転がっている

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「コンテンツビジネスを始めたいけど、ネタがなくて困っている」
「コンテンツのアイディアが思いつかない」
「自分にできるコンテンツのネタなんてある?」


コンテンツビジネスを始めたい人

このような疑問やお悩みにお答えしていきます!

コンテンツビジネスは、リスクがほぼなく在庫を抱える心配もないため、初心者の方に向いています。しかし、自分には専門的な知識がないからそもそもネタがない、と思っている方は多いのではないでしょうか?
実は、コンテンツビジネスのネタは、突出したスキルや経験がなくても見つけられます。

そこで、この記事では、

  • コンテンツビジネスのネタに困らない秘訣
  • ネタ探しに使える手法
  • ネタ探しに有効なツール

について詳しく解説していきます。

ネタがなく悩んでいる方が、思わず膝を打つようなアイデアの探し方がわかるので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスに関するノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

コンテンツビジネスのネタ探しに悩む3つの理由

「自分には人に教えるようなネタがないし、やっぱりコンテンツビジネスは難しいかも?」と悩んでいるかもしれません。

理由は次の3つの中にあるのではないでしょうか?

  1. 特別な専門知識や経験がない
  2. 自分の強みがわからない
  3. 競合が多すぎる

1つずつ見ていきましょう。

1. 特別な専門知識や経験がない

コンテンツビジネスのネタ探しに悩む理由の1つは、特別な専門知識や経験が必要だと考えていること。専門分野のプロレベルでなければ、難しいと思っている方は多いでしょう。
しかし、人は自分と同じようなレベルや環境にいる人が、悩みをどう解決してどういう結果になったかに価値を感じ、お金を払ってでも知りたいと思います。

例えば、動画編集者として月収30万円を稼いでいる場合でも、元々映像関係の経験や人脈のある人と、PCスキルもない主婦とではスタート時の状況や結果が出るまでの過程が大きく違います。

PCスキルがない主婦は、自分と同じような人が結果を出した情報が知りたいでしょう。プロレベルの専門知識がある人の情報は、自分とかけ離れていて参考にならないと思うからです。

2. 自分の強みが分からない

自分の強みが分からないのも、コンテンツビジネスのネタに悩む理由でしょう。強みは自分にとって特に努力せず自然にできることなので、本人が自覚していない場合が多いのです。

「自分の強みは平凡だし…」と思うなら、2番目・3番目の強みと組み合わせてみてください。多くの人は、組み合わせることで自分の強みにしています。

例えば、成績の良い営業マンの特徴は、基本的な人当たりの良さに加え誠実さや傾聴力・こまめな対応など人それぞれです。

組み合わせの重要性を理解している人は少なく、突出した強みがないとコンテンツビジネスのネタにならないと思いがち。しかし、組み合わせによって他の人にはない強みを作り上げることが可能です。

3. 競合が多すぎる

コンテンツビジネスが初めてという方は、競合の存在が気にかかるでしょう。自分がやってみたいことと同じようなコンテンツがたくさんあると後から参入しても遅いと考え、行動に移せないのです。
しかし、競合が多いということは、ニーズがあるジャンルだということ。

逆に、競合がいなければニーズがないと考えられるので、慎重にリサーチして参入の可否を決める必要があるでしょう。

市場・競合リサーチについては、関連記事「【今日から実践】一人起業家こそマーケティングを学べ!具体的なやり方やよくある失敗例を紹介」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

コンテンツビジネスのネタに困らない6つの方法

コンテンツビジネスのネタに困らない6つの方法をご紹介します。

  1. 自分の悩みや体験を振り返る
  2. 周りの人の悩みを解決する
  3. Q&Aサイトをチェックする
  4. 興味あるコンテンツを参考にする
  5. オンラインサロンでGiveする
  6. 書店に行く

これらの方法を実践すれば、アイデアがなくて悩む状態から抜け出せます。ぜひチェックしてみてください。

1. 自分の悩みや体験を振り返る

コンテンツビジネスのネタがないという方は、まず自分の過去を振り返りましょう。自分が経験してきたことで得た知見は、必ずあるはずです。

自分ではありきたりな困りごとを抱える平凡なサラリーマンや主婦だと思っていても、世の中の人は「同じ悩みを抱えた人がどうやって悩みを乗り越えて結果を出したのか」という体験談に関心を持ちます。

共通点があったり似たような境遇だったりすると親近感を持ち、自分と重ね合わせるからです。コンテンツ化するネタがないと困っている方は、自分の悩みや体験をどう解決してきたのか思い出してみてください。

2. 周りの人の悩みを解決する

周りの人の悩みを解決してみるのも、ネタに困らない方法としておすすめです。

そもそも、コンテンツビジネスは、誰かの悩みを解決して、対価としてお金をもらうもの。さまざまな悩みを聞き、解決に向けて試行錯誤する中で、次のような気付きを得られるでしょう。

  • 人がどのような悩みを抱えているのか
  • 商品化できる悩みとできない悩みの違い

人がどんなことに悩んでいるのか実体験としてリサーチでき、解決していく中で商品化できる悩みとできない悩みの違いもわかってくるはずです。

また、多くの人を助けることで、信頼が蓄積し人間関係が大きく広がっているかもしれません。身近な人の悩みを解決することは、コンテンツビジネスのネタになる可能性があります。ぜひ、試してみてください。

3. Q&Aサイトをチェックする

コンテンツのネタに困ったら、Q&Aサイトをチェックしましょう。自分が商品化してみたいと思うジャンルのニーズがあるかどうかもわかります。

あなたが狙うジャンルにどんな悩みがあるのか、代表的な次のQ&Aサイトを参考にしてみましょう。

  • ヤフー知恵袋
  • 教えて!goo
  • 発言小町

Q&Aサイトは、人が抱えるリアルな悩みが詰まっています。具体的にどんな人が何に切実に困っているのかが、イメージしやすくなるでしょう。

悩みを解決に導けるようなコンテンツは、ユーザーにとって有益な内容になる可能性があります。

4. 興味あるコンテンツを参考にする

興味あるコンテンツを参考にすると、ネタが見つけやすくなります。自分が作ってみたいジャンルの競合コンテンツを購入してみてください。ネタ探しには、実際に有料で購入し体験してみるという過程が重要だからです。

例えば、動画編集講座はテロップ入れなど、技術的な内容が多いでしょう。しかし、案件の取り方やクライアントワークについての手厚いサポートがない場合、実践経験がない人は大きな不安を感じているかもしれません。

既存のコンテンツに足りない不安を解消するような内容を考えることは、ネタ探しに直結します。

5. オンラインサロンでGiveする

オンラインサロンでGiveすることも、コンテンツのネタになります。

例えば、サロンを運営している人の手伝いを無料で行えば、コンテンツの提供方法などがわかるでしょう。

さらに、手伝ったことでサロンが結果を出せば、あなたの実績になります。目の前のことを無料でGiveした経験は、独自のネタとしてコンテンツに活かせるでしょう。

6. 書店に行く

ネタ探しで困ったら、書店に行くのも有効な方法です。
本が販売されているジャンルは、ニーズがあるということ。書籍の出版にはコストがかかるからです。

店頭に行けば売れ筋商品がわかり、キャッチフレーズなども参考になります。

できれば関連書籍や雑誌を数冊購入してみてください。何冊か読むと、内容はある程度共通していると気づくはずです。一部に独自の内容が含まれていたら、ネタとして参考にしてみると良いでしょう。

 

コンテンツビジネスのネタ探しに使える2つの手法

コンテンツビジネスのネタ探しに使える2つの手法をご紹介します。

  1. 型から考える
  2. ブレインストーミング

1つずつ見ていきましょう。

1. 型から考える

コンテンツは、いくつかの型に分類できます。

ここでは代表的な5つに絞ってご紹介していきます。

  • 単発型:1つのテーマで完結する型のこと。例「3分でわかる!働きやすい職場作りに必要な5つのポイント」など
  • 連載型:大きなテーマを何回かに分けてコンテンツとして紹介する型のこと。例「医師が教える健康法1食事編」「医師が教える健康法2運動編」など
  • 季節型:タイムリーな話題をコンテンツにする型のこと。例「ホワイトデーおすすめスイーツランキング」など
  • 辞書型:言葉の意味を解説したりさまざまな内容を網羅的にコンテンツ化したもの。例「春野菜で作るレシピ全集」など
  • インタビュー型:第一線で活躍する人や利用者の声を掲載したもの。例えば「GW企画!有名ブロガー〇〇さんインタビュー」など

型からコンテンツのネタが生まれることもあるので、ぜひ試してみてください。

2. ブレインストーミング

ブレインストーミングは、複数人が集まってそれぞれ思いつくままにアイデアを出し続ける手法。思いついたことを提案したり、他の人が出した提案を元に新たなアイデアを出したりして、考えを深めていきます。

プレインスーミングは、1人でも行えます。ポイントは、次の4つです。

  • 紙に書き出す
  • 質より量を意識する
  • アイデアを否定しない
  • アイデアをつなぎ合わせる

アイデアを考え始めると「これはムリだな」「ちょっと実現不可能…」など、否定したくなるはず。しかし、ブレインストーミング中は、絶対に否定せず自由な気持ちで提案するのがコツです。
最大のメリットは、思いついた内容を上手く組み合わせたりアレンジしながら、新たなアイデアを見つけ出せる可能性があること。ネタ探しに困ったら、気軽に試してみてください。

 

コンテンツビジネスのネタ探しに有効な2つのツール

コンテンツビジネスのネタ探しに有効な2つのツールをご紹介します。

  1. マインドマップ
  2. 関連キーワードツール

1つずつ見ていきましょう。

1. マインドマップ

マインドマップは頭の中で考えていることやアイデアを目に見える形で表現する方法のこと。あるテーマに基づいて関連情報を書き込むため、新しいアイデアが生まれやすくなります。

流れは次の通りです。

  • 中心になるメインの言葉を書く
  • 中心から放射線状にアイデアを書く
  • 枝分かれするように追記していく

例えば、あなたがお花屋さんで働いているとすると「花」からスタートし「母の日」「クリスマス」「誕生日」などを連想します。

「母の日」から「カーネーション」さらに「花束」「鉢花」「プリザーブドフラワー」など、どんどん放射線状に展開していきます。マインドマップを活用すると、最終的にコンテンツのネタは無限に湧き出てくるでしょう。

2. 関連キーワードツール

キーワードツールを使って、関連性が高いキーワードを見つけることは、ネタ探しに役立つでしょう。

代表的なキーワードツールは、次の3つです。

  • Googleキーワードプランナー
  • ラッコキーワード
  • ウーバーサジェスト

Googleキーワードプランナーは、関連キーワードだけでなく検索ボリュームまで詳しくわかります。

ラッコキーワードは、関連キーワードの一括ダウンロードが可能で、同義語などもチェックできます。

ウーバーサジェストは、トレンド分析や競合の獲得キーワード分析なども可能です。

キーワードツールについては、関連記事「【情報発信ビジネス】ブログでネタ切れしない書き方は?【便利なツールを紹介】」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

今までの人生経験や悩みは、あなた独自のものです。コンテンツビジネスのアイデアは、特別な知識や経験などがなくても身近に転がっています。

ぜひ、コンテンツのネタとして活かしてみてください!

なお、ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスに関するノウハウについては、僕のメルマガで配信しています。ぜひ気軽に登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.