コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【成功の秘訣】コンテンツ販売における価格設定の方法3選!おすすめの集客方法も紹介

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「コンテンツを販売したいけど、価格設定で悩んでいる…」
「どうすればコンテンツが売れる価格を設定できるのかな?」
「コンテンツ販売のおすすめの集客方法はある?」


ネットビジネス
初心者

このようなお悩みを抱えていませんか?

コンテンツ販売における価格設定は、商品の売上を左右する重要な要素です。

高すぎるとユーザーからは購入されにくく、反対に安すぎても利益が期待できません。そのため、どのくらいの価格を設定すればいいのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、コンテンツの価格設定に悩んでいる方について以下の内容を解説します。

  • 価格の設定方法
  • 低すぎる価格を設定してはいけない理由
  • コンテンツが売れる価格の見せ方

特に、個人の方でも実践しやすい集客方法・宣伝のやり方も紹介していきます。

ビジネスを軌道に乗せたい方は、ぜひ当コラムを参考にしてみてください。

僕のメルマガでは、ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウを発信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

コンテンツ販売における価格の設定方法3選

コンテンツの価格設定で悩んでいる方は、以下3つの方法を試してみてください。

  1. 販売する目的で決める
  2. 相場感に合わせる
  3. 経費を考慮する

各方法について、詳しくみていきましょう。

1.販売する目的で決める

コンテンツの価格設定は、販売する目的で決める方法があります。

たとえば、以下のように目的別に価格設定の方針を定めてみましょう。

  • 目的:多くの顧客に買ってもらう、商品の知名度を上げること
    方針:ユーザーが購入したくなるように、価格を抑えめに設定する
  • 目的:利益を出すこと
    方針:ある程度価格を高く設定する

このようにコンテンツを販売する目的に合わせて、値段を付けてみるのがおすすめです。[

2.相場感に合わせる

価格設定で迷った際には、相場感に合わせてみましょう。高すぎる・安すぎる値段を付けにくくなるのがメリットです。

相場を知るためには、競合をリサーチするのがおすすめです。サービスの内容や特徴と合わせて価格を調べると、自分のコンテンツに見合った相場感を掴めるようになります。

3.経費を考慮する

コンテンツ販売の製作・運営にかかる経費を考慮して、価格を決める方法があります。

例えば、動画形式の商材なら、撮影機材・編集ソフトなどにかかるコストです。これらの経費を考え、コンテンツが売れた際に利益が出るのかどうかを考えてみましょう。

経費を考慮することで、他社から納得されやすい価格を設定できます。

 

コンテンツ販売で価格を低すぎる設定にしてはいけない2つの理由

コンテンツ販売においてよくある失敗が、価格を低く設定してしまうことです。低単価な商材は購入されやすい傾向にありますが、気を付けるべき注意点があります。

こちらでは、コンテンツ販売で低すぎる価格を設定してはいけない理由を紹介します。主に、以下2点です。

  1. 利益が出にくいから
  2. ブランド価値が下がってしまうから

それぞれの理由について、詳しく解説します。

1.利益が出にくいから

コンテンツ販売で低すぎる価格を設定すると、利益が出にくくなるというデメリットがあります。

例えば、100円の商品で1万円の売上を出すには、100個売らなければなりません。
このように薄利多売の状態では、利益を出しにくくなります

結果、ビジネスの難易度が上がり、自分の首を絞めることに繋がるでしょう。

2.ブランド価値が下がってしまうから

価格が低すぎると、コンテンツの質に疑問を持たれてしまうケースが考えられます。

ブランドの価値は、事業を行なっていく上では、とても重要な要素です。

もしサービスや販売元のイメージが悪いと、新しいビジネスを始める際に足を引っ張ってしまい思うような成果が出ない可能性があります。
このように、顧客が抱くイメージが事業の良し悪しを決めるといっても過言ではありません

そのため、会社やあなた自身のブランド価値を落とさないよう価格設定を行うことが大切です。

 

コンテンツ販売における価格の見せ方のコツ3選

コンテンツ販売を成功させるには、価格の見せ方にも工夫してみてください。少し機転を利かせることで、予想以上の成果が期待できる場合があります。

そこでこちらでは、コンテンツが売れる価格の見せ方のコツを紹介します。主に、以下3点です。

  1. 限定価格を設定する
  2. 端数価格にする
  3. 松竹梅の価格を用意する

各方法について、具体例を用いながら詳しく解説します。

1.限定価格を設定する

コンテンツ販売を成功させるには、限定価格を設定しましょう。お得感を出し、ユーザーの購入を促すためです。

具体例は以下の通りです。

  • 先着10名限定で半額
  • 11/30まで30%オフ

お得感を出すように工夫をして、コンテンツを購入してもらえるよう努めましょう。加えて、購入特典を付けたり、レビューしたら割引をしたりするなどの方法もありますよ。

2.端数価格にする

端数価格とは、980円や1,980円などのように、端数を付けて消費者に安さを印象づける価格を指します。
1,000円や2,000円などの切りの良い値段よりも安く感じさせ、購買意欲を高めることが目的です。

コンテンツの価格を設定する際には、端数を意識してみるのがおすすめです。

3.松竹梅の価格を用意する

松竹梅は、3つの価格を用意する方法です。

例えば、

  • プロ・スタンダード・エントリー
  • プラチナ・ゴールド・シルバー

などです。
このように3つ商品を用意することで、真ん中の価格のものを選ぶことが多い傾向にあります。

そのため、本当に販売したいものを「竹」の値段に設定します。

コンテンツ販売をする際には、松竹梅の例のように3つほどプランを用意するのも検討してみてください。

 

コンテンツ販売における集客方法6選

コンテンツ販売を成功させるには、価格設定だけでなく、集客も重要なポイントです。

しかし、どのようにユーザーへアプローチをかければいいのか分からない方も多いでしょう。
効率良く見込み顧客を集めるなら、Webを使った集客がおすすめです。

少ない手間で、さまざまな人にアプローチをかけられます。

こちらでは、Web集客の方法を6つ紹介します。

  1. SEO
  2. SNS広告
  3. リスティング広告
  4. アフィリエイト
  5. メールマガジン
  6. LINE

それぞれの手段について、順番に解説します。

なお、Web集客の方法をより詳しく知りたい方は、関連記事「【保存版】Web集客の方法9選!メリット・デメリットから成功のコツまでまるっと解説」をチェックしてみてください。

 

1.SEO

SEOは、Googleなどの検索エンジンで、検索結果を上位に表示させるための方法です。

検索結果の上位を取ることにより、さまざまなユーザーに商品・サービスを知ってもらえます。SEOは無料で行える施策なので、上手く行けばコストを抑えた集客が可能です。

ただし、SEOに取り組んでも、効果が出るまで時間がかかります。

加えて、検索結果で上位を取るための明確な方法は、公開されていません。有効だと言われている施策も日々変わるため、定期的なメンテナンスが必要です。

2.SNS広告

TwitterやFacebookなどのSNS上に、広告を打つ集客方法があります。
SNS広告のメリットは、ターゲットを設定しやすいことです。

年齢や居住地などを絞って広告を打てるため、効果が期待しやすいです。また、ユーザーが広告を拡散することがあり、より多くの人へアプローチできます。
一方、SNS広告は、流し見されやすいという注意点があります。

SNS上では数多くの広告が打たれているため、魅力的なキャッチフレーズや目を引く写真・イラストでないと詳細までは見られない可能性が高めです。

3.リスティング広告

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果でページ上部に出てくる広告を指します。リスティング広告のメリットは、自社サービス・商品に興味がありそうなユーザーに絞ってアプローチできることです。

以下の画像は「脱毛」と調べた際に表示された広告です。タイトルの横に「広告」と記載されているのが特徴です。

また、クリック数に応じて料金が発生する仕組みのため、闇雲に広告を打つよりも、コストを抑えつつ見込み客を集められる効果が期待できます。

ただし、人気でよく検索されるキーワードでは、広告が埋もれてしまう可能性があるので注意しましょう。

4.アフィリエイト広告

アフィリエイトとは、Web上で商品を紹介し、その投稿を経由して商品・サービスが購入された際に成果を支払う仕組みです。

自社の商品を登録し、アフィリエイターに紹介してもらうことで宣伝を行います。
アフィリエイト広告は、費用対効果が高いことがメリットです。

商品が購入されたり、クリックされたりした際に報酬を支払うため、コストを抑えられます。

一方、アフィリエイトサイトに商品を登録する際には、初期費用や月額費用が必要です。成果が発生しなかったときでもかかるため、どのくらい料金がかかるのかを確かめておきましょう。

5.メールマガジン

メールマガジンは、一度ユーザーに登録してもらえば定期的にメッセージを届けられる集客方法です。
長文を送れるため、じっくりと見込み顧客の育成を行えます

ただし、メールマガジンを行う際には、まずメールアドレスを集めなければなりません。ブログやSNSなどを活用して、リストを集めましょう。

顧客のリストを集める方法は、関連記事「【5分でわかる】リストマーケティングとは!企業のアイデア例や副業でできる集客方法を紹介」にて解説しています。

 

6.LINE

LINEも集客に使えるツールです。

メリットは、メールマガジンと同様に、登録してもらえば定期的にメッセージを送れることです。
LINE株式会社の発表によれば、2021年時点では、8,600万人の利用者がおり、年齢層は10代~60代と幅広くなっています

そのため、様々なユーザーにアプローチしやすいのも強みです。

また、LINEで顧客教育を行うなら、Lステップがおすすめです。

Lステップを簡単に説明すると、LINE公式アカウントよりも使える機能が多くなったツールです。性別や年代、居住地などを始めとした情報を管理し、ユーザーの詳細な属性を把握できるのが強みです。

ただし、LINE公式アカウントやLステップの運用コストは、メールマガジンよりも高めです。機能が多いため、構築にも時間がかかります。

LINEの運用方法については「【ビジネス活用術】LINE公式アカウント運用のやり方を徹底解説!事例や使い方を紹介」をチェックしてみてください。活用事例やビジネスで使えるおすすめの機能を紹介しています。

 

コンテンツ販売にはプラットフォームを利用しよう

コンテンツ販売を行う際には、プラットフォームの活用をおすすめします。
すでに利用者がいるため、自力でコンテンツを販売するよりも集客の手間が省けることがメリットです。

代表的なプラットフォームは、以下の通りです。

  • BASE
  • STORES
  • Shopify
  • note
  • カラーミーショップ

プラットフォームを利用する際には、サービスごとに比較して選びましょう。なお、サービスによって、料金プランや手数料、決済方法などが異なります

コンテンツ販売について、より理解を深めたい方は、ぜひ以下の関連記事も参考にしてみてください。

 

ぜひこの記事を参考に、コンテンツの価格を決めてみてください!

なお、僕のメルマガでは、コンテンツ販売を始めとしたネットビジネスのノウハウをお届けしています。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.