コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【これで解決】コンテンツ販売における商品の作り方5ステップ!ビジネスを成功させる秘訣とは

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「コンテンツ販売をしたいけど、どうやって商品を作ればいいの?」
「売れる商品を作るためのコツはある?」
「コンテンツ販売を成功させる秘訣を知りたい!」

マーケティング
初心者

このようなお悩みを抱えていませんか?

コンテンツ販売は、少ない初期費用で始められるビジネスです。

一度仕組みを作れば継続して安定収入を得ることが可能なので、始めたいと考える方も多いでしょう。
しかし、どんな商品を作ればいいのか迷ってしまいますよね本当にコンテンツが売れるのかも気になるところです。

そこでこの記事では、コンテンツ販売について

  • 商品の作り方
  • 成功の秘訣
  • おすすめの集客ツール

などを解説します。
商品を作るのは難しいように思えますが、手順さえ分かれば誰でも簡単に始められます

「コンテンツ販売を成功させて、安定的な収入を得たい」と考えている方は、ぜひ当コラムを参考にしてみてください。

なお、僕のメルマガでは、コンテンツ販売を始めとしたネットビジネスのノウハウを紹介しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください!

 

コンテンツ販売とは?概要をサクッと解説

商品・サービスを作る前に、コンテンツ販売についての基礎知識を身に付けましょう。

こちらでは、以下の2点について解説します。

  1. コンテンツ販売の概要
  2. 販売できるコンテンツの種類

「コンテンツ販売でどのような商品を作れるのか知りたい」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.コンテンツ販売の概要

コンテンツ販売とは、自分の知識や経験から人が求めているものを情報コンテンツとしてまとめて、それを販売することです。メリットは、少ない初期費用で始められることです。

そのため、副業からでも取り組みやすいビジネスといえます。
さらに、一度仕組みを作ってしまえば、ほぼ何もせずに継続して安定収入を得ることが可能です。

2.販売できるコンテンツの種類

コンテンツと一言でまとめても、販売できる商品の種類は様々です。

代表的なものだと、

  • 動画コンテンツ
  • テキストコンテンツ
  • 音声コンテンツ
  • オフラインコンテンツ

などが挙げられます。各コンテンツ種類によって、特徴や向き不向きが異なります。

 

【5ステップで解説】コンテンツ販売における商品の作り方

販売するコンテンツを作る際には、以下の5つのステップを踏みましょう。

  1. コンテンツのジャンルを決める
  2. ターゲットを設定する
  3. ターゲットの悩みを深掘りする
  4. コンテンツの種類を決める
  5. コンテンツ制作に取りかかる

それぞれの手順について、詳しく解説します。

ステップ1.コンテンツのジャンルを決める

商品を作る際には、コンテンツのジャンルを決めましょう。

おすすめなのは、自分の経験や得意が活かせるものです。複数候補を挙げられたら、需要があるのか、競合はいるのかどうかを調べます。

需要が少なかったり、競合が強すぎたりすると売り上げが期待できないためです。

なお、需要が高いジャンルは以下の3つです。

  • 体・美容
  • 人間関係
  • お金・投資

競合は多いという注意点がありますが、コンテンツ作りの参考程度に頭を入れておくと良いでしょう。

ステップ2.ターゲットを設定する

コンテンツのジャンルが決まったら、ターゲットを設定しましょう。
ターゲットがあいまいだと、コンテンツのコンセプトが固まりません結果、誰の心にも響かない売れない商品となってしまいます。

ターゲットを決める際には、男性・女性や若者・40代〜50代などの大雑把なものではなく、なるべく詳しく設定するのがコツです。

ターゲットを明確に決めるには、以下の項目をすべて考えてみてください。

  • 年齢・性別
  • 価値観
  • 趣味
  • 抱えている悩み

なおターゲットを明確に設定するコツは、関連記事「【実例解説】ターゲット設定はマーケティングの根幹!STP分析を通じて明確にターゲティングしよう」にて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ステップ3.ターゲットの悩みを深掘りする

続いて、ターゲットの悩みを深掘りしましょう。どんな悩みを抱えているのか知ることで、コンテンツの内容が変わるためです。

例えば、英語学習がテーマの場合、ユーザーの悩みによってアプローチが異なります。以下の表は、悩み別にコンテンツの内容を比較したものです。

悩みコンテンツの内容
TOEIC800点以上取りたい試験で良く出る単語やリスニング対策
英語で会話できるようになりたい日常会話でよく使うフレーズ

同じ英語を学ぶことでも、テストに合格できれば良いのか、実践力を身につけるのかで必要な情報は異なりますね。

ステップ4.コンテンツの種類を決める

ターゲットの悩みが深掘りし終わったら、コンテンツの種類を決めましょう。

代表的な種類と特徴は、以下の表の通りです。

コンテンツの種類特徴
動画コンテンツ・音声と映像を同時に伝えられる
・気軽に視聴されやすい
テキストコンテンツ・文字のみで情報を伝える
・ユーザーが欲しい情報を取捨選択できる
音声コンテンツ・音声のみで情報を発信する
・忙しいユーザーに受け入れてもらいやすい
オフラインコンテンツ・ユーザーと直接会う
・ユーザーに強い印象を残せる

例えば、仕事で忙しいビジネスマンには、通勤中でも簡単に学習できる動画や音声がおすすめです。ターゲットによって、適切なコンテンツの種類が異なります

ステップ5.コンテンツ制作に取りかかる

コンテンツの種類まで決まったら、制作に取り掛かりましょう。
なお、商品は完璧の状態でなくても構いません完璧を求めると、制作時間に膨大な時間を使ってしまうためです。

おすすめの方法は、販売する日をあらかじめ決めておくこと。スケジュール調整がしやすくなり、コンテンツの制作に取りかかりやすくなるでしょう。

 

コンテンツ販売で成功する5つの秘訣

コンテンツ販売を成功させるためには、以下の5つを意識してみてください。

  1. プラットフォームに販売する
  2. コンテンツの宣伝を行う
  3. 見込み顧客を育成する
  4. 利益が出る価格を設定する
  5. 定期的にコンテンツを見直す

各方法について、順番に解説します。

1.プラットフォームに販売する

コンテンツを作成したら、プラットフォームに登録しましょう。

プラットフォームのメリットは、すでに利用者がいることです。自力でコンテンツを販売するよりも、集客にかける手間を省けます

コンテンツを販売できる代表なサービスは、以下の通りです。

  • BASE
  • STORES
  • Shopify
  • note
  • カラーミーショップ

プラットフォームによって手数料や決済方法が異なるので、比較して登録することをおすすめします。

2.コンテンツの宣伝を行う

コンテンツ販売を成功させるためには、商品の宣伝が重要です。プラットフォームに登録しても、膨大な数のコンテンツに埋もれてしまうためです。
ブログやSNSなどを活用して、自分から宣伝していく必要があります。

これらのツールはURLを貼れるので、そのままプラットフォームへ移動させやすいというメリットがあります。

その他のおすすめツールは、本記事中の「コンテンツ販売で利用したい集客ツール5選」にて解説しています。

3.見込み顧客を育成する

見込み顧客を育成し、コンテンツ販売に繋げるという方法があります。
メリットは、自分のファンを作れることです。別のコンテンツを販売したときや新たにビジネスを始めたときに、購入してくれる場合があります。

4.利益が出る価格を設定する

コンテンツ販売する際には、利益が出る価格を設定しましょう。あまりにも低い価格を付けてしまうと、収益が出にくくなるためです。

例えば、100円の商品で1万円の売上を出すには、100個売らなければなりません。薄利多売の状態で利益を出すのはかなり難しいです。そのため、収益が出るよう価格を設定することが大切です。

なお、コンテンツ販売の値付けについては、関連記事「【成功の秘訣】コンテンツ販売における価格設定の方法3選!おすすめの集客方法も紹介」にて解説しています。

 

5.定期的にコンテンツを見直す

コンテンツは、販売したら終わりではありません。継続して売れる商品を作るためには、定期的な見直しが必要です。
例えば、コンテンツが売れたらアンケートを取ってみることをおすすめします。

ユーザーの生の声を知ることで、どこが評価されているのか、反対に改善点がどこにあるのかが分かるでしょう。

 

コンテンツ販売で利用したい集客ツール5選

コンテンツ販売を成功させるためには、集客を行うことが重要です。サービスの認知度を高めることで、成果が期待できます。

こちらでは、コンテンツ販売の集客で利用したいツールを紹介します。

主に、以下の5点です。

  1. ブログ
  2. YouTube
  3. Twitter
  4. メールマガジン
  5. LINE

各ツールの特徴について、順番に解説します。

1.ブログ

ブログで集客をする際には、SEO対策を行いましょう。

SEOとは、Googleなどの検索エンジンで検索結果の上位に表示させるための方法です。
書いた記事が検索結果の上位に表示されれば、多くのユーザーの目に触れ、コンテンツの集客にも結び付けられます

2.YouTube

YouTubeは、コンテンツ販売の集客時にぜひとも利用したいツールです。
1分間の動画は、一般的なテキストコンテンツの3,600ページ分の情報量といわれています。短い時間で多くの情報を盛り込めるため、視聴者へコンテンツの訴求が行いやすいのがメリットです。

YouTube集客の成功事例を知りたい方は、関連記事「【実例から学ぶ】YouTube集客の成功事例7選!失敗しない運用のポイントもあわせて解説」をぜひ参考にしてみてください。ノウハウを学ぶことで、YouTube運営のヒントを掴めます。

 

3.Twitter

Twitterの強みは、リアルタイム性の高さに優れていることです。タイムラインを開けば、最新の投稿を常にチェックできます。
ツイートにはURLが貼れるため、投稿したブログの集客やカウンセリングの宣伝にも使えます。

リツイート機能により、不特定多数のユーザーにあなたのツイートを届けられるのもメリットでしょう。

4.メールマガジン

メールマガジンは、一度ユーザーに登録してもらえば定期的にメッセージを届けられる集客方法です。長文を送れるため、じっくりと見込み顧客の育成を行えます

注意点は、メールマガジンを送る際には、メールアドレスを集める必要があることです。ブログやSNSなどを活用して、リストを集めましょう。

顧客のリストを集める方法は、関連記事「【5分でわかる】リストマーケティングとは!企業のアイデア例や副業でできる集客方法を紹介」にて解説しています。

 

5.LINE

LINEも集客に使えるツールです。

メリットは、メールマガジンと同様に、登録してもらえば定期的にメッセージを送れることです。
LINE株式会社の発表によれば、2021年時点では、8,600万人の利用者がおり、年齢層は10代~60代と幅広くなっていますそのため、様々なユーザーにアプローチしやすいのも強みです。

また、LINEの開封率は約60%といわれています。メールマガジンの開封率は、30%程度なので、様々な見込み顧客に情報を発信できることも魅力でしょう。

ただし、LINEの運用コストは、メールマガジンよりも高めです。機能が多いため、構築にも時間がかかる傾向にあります。

 

売れる商品を作りコンテンツ販売を成功に導こう!

コンテンツ販売で商品を作る際には、以下のステップで行います。

  • コンテンツのジャンルを決める
  • ターゲットを設定する
  • ターゲットの悩みを深掘りする
  • コンテンツの種類を決める
  • コンテンツ制作に取りかかる

ただし、あなたが何者か知れ渡っていないうちは、書いたコンテンツに価値が出にくいでしょう。成果を出すためには、サービスの宣伝を行うことが大切です。

ぜひこの記事を参考に、コンテンツ販売を始めてみてください!

ブログには書けない濃い内容のネットビジネスノウハウについては、僕のメルマガにて配信しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください。

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.