コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【戦略が全て】コンテンツ販売で商品が売れない5つの原因とは!8つの改善策を徹底解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「出品したコンテンツが売れない…」
「コンテンツ販売で商品が売れない原因は?」
「商品が売れないときは、なにを改善したらいいの?」

コンテンツ販売
出品者

このような悩みを抱えていませんか?

コンテンツを販売しても、なかなか商品が売れず悩んでいる方がいるのではないでしょうか。「どうして売れないのか」原因が分からない方も多いはず。
コンテンツ販売を成功させるには、戦略が重要です。

闇雲に取り組んでも、期待した成果は望めません。

そこでこの記事では、コンテンツ販売に悩んでいる方に向けて、

  • 商品が売れない原因
  • 改善策

などを解説します。
コンテンツが売れない状況は、原因を改善することで好転します。

「コンテンツを売って、もっと売上を伸ばしたい」と考えている方は、ぜひ当コラムを参考にしてみてください。

コンテンツ販売を始めとしたのネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

コンテンツ販売で商品が売れない5つの原因

コンテンツを販売しても売れない原因は、主に以下の5つです。

  1. 知名度が低い
  2. 魅力がない
  3. 価値と価格が見合っていない
  4. ターゲットが曖昧になっている
  5. 購入にいたるまでの情報が不足している

順番にみていきましょう。

1.知名度が低い

コンテンツ販売において、商品が売れない理由で最も考えられるのが知名度が低いことです。

知らない商品は、そもそも購入の選択肢にすら入りません。そのため、企業は新商品が出るたびにCMをしたり、Web広告を打ったりするのです。
コンテンツを売るためには、まずはユーザーに知ってもらうことが大切です。

SNSやブログなどを活用し、コンテンツを宣伝することに力を入れてみてください。

2.魅力がない

コンテンツに魅力がないのも、売れない原因のひとつです。

例えば、洋服を選ぶ際、デザインが好みでなく高価な商品は購入しない方も多いでしょう。このように、商品に魅力を感じなければ購入の選択肢には入りません

コンテンツ販売においては「競合より内容が劣っていないか」「価格が高すぎないか」などを見直してみましょう。

3.価値と価格が見合っていない

コンテンツ販売で商品が売れない原因として、価値と価格が見合っていないことが挙げられます。
消費者が何かを買うときは、支払った対価に価値が見合うのかどうかを判断します。例えば「この商品に5万円の価値はない」と思われれば、購入されません。

このような状態を改善するには、

  • 商品の価格を見直す
  • コンテンツの内容を充実させる

などの方法があります。

商品の価格を見直す際には、競合と比較するのがおすすめです。

4.ターゲットが曖昧になっている

コンテンツが売れない原因のひとつは、ターゲットが曖昧になっていることです。ターゲットによって、アプローチ方法は異なります。

例えば、英会話に関するコンテンツで考えてみます。社会人がターゲットの場合は、ビジネスシーンで利用される英語を知りたいと考えられますよね。また、留学を考えている学生では、現地独特の言い回しを学べると嬉しいでしょう。
このように、同じ分野のコンテンツでも、ターゲットによって内容が異なっていきます

そのため、

  • 誰に購入して欲しいのか
  • どんな内容だと刺さりやすいか

などを考えてみるのがおすすめです。ターゲットを設定し、売れるコンテンツを考えてみましょう。

5.購入にいたるまでの情報が不足している

コンテンツが売れない原因に、購入にいたるまでの情報が不足していることが挙げられます。
商品に対して疑問があり、解決できなかった場合は、消費者が購入を諦めてしまうケースがあるためです。

例えば、クレジットカード払いに対応しているのか分からない場合、わざわざ出品者に問い合わせるのは面倒に感じる方も多いはず。「手間がかかるくらいなら、クレジットカード払いに対応しているコンテンツを購入しよう」と思い、購入を辞めてしまうケースも珍しくありません。
このように、購入にいたるまでの情報が不足しているのは大きな機会損失です。消費者がどのような疑問を抱いているのかを考え、情報を付け加えましょう。

 

コンテンツ販売で商品が売れない際の改善策8選

コンテンツ販売で商品が売れないときは、今の情況を変えなければなりません。しかし、どこをどうやって変えればいいのか分からない方も多いと思います。

そこでこちらでは、コンテンツ販売で商品が売れない際の改善策を紹介します。主に、以下の8点です。

  1. 集客を行う
  2. プラットフォームを利用する
  3. コンテンツの内容を改善する
  4. コンテンツの良さを伝える工夫をする
  5. 価格を見直す
  6. 付加価値を提供する
  7. 消費者の不安・疑問を消す

「コンテンツが売れない」と悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

1.集客を行う

コンテンツが売れないときは、集客に力を入れてみましょう。消費者がコンテンツを認知することで、売上を伸ばせられる可能性が高まるためです。
集客する際には、SNSを積極的に利用することをおすすめします。

拡散性が高く、さまざまなユーザーの目に触れる可能性があります。また、TwitterやInstagramなどのSNSは無料で利用できるため、初めて集客を行う人にもおすすめの方法です。

コンテンツ販売における集客方法は、関連記事「【成功の秘訣】コンテンツ販売におすすめの集客方法7選!失敗しないコツも紹介」にてより詳しく解説しています。集客で失敗しないポイントも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

2.プラットフォームを利用する

コンテンツ販売で売上を伸ばすには、プラットフォームを利用してみてください。

プラットフォームにはすでに利用者がおり、集客の手間が省けるメリットがあります。
さらに、クレジットカードやQRコード、コンビニなど決済方法が豊富にあるのも魅力です。

ユーザーの幅広いニーズに応えられるため、売れない状況を改善できる可能性が高まります。

コンテンツ販売できるプラットフォームは、

  • BASE
  • STORES
  • Shopify
  • インフォトップ
  • ココナラ
  • Brain

など。各サイトによって、手数料や利用料が異なるため、比較しながら選定することをおすすめします。

 

3.コンテンツの内容を改善する

商品が売れないときは、コンテンツ販売の内容を改善してみましょう。売れない原因に、コンテンツに魅力がない可能性があるためです。

改善点を見つけるためには、

  • ターゲットが何を求めているのか調べる
  • 競合コンテンツをリサーチする
  • 第三者からアドバイスをもらう

などの方法があります。
コンテンツの改善において、最も重要なのが「ターゲットが何を求めているのか」を調べることです。

これにより、販売しているコンテンツに何が足りないのかが分かります。Yahoo!知恵袋やTwitterなどで、消費者の悩みを調べてみましょう。

4.コンテンツの良さを伝える工夫をする

コンテンツが売れないときは、コンテンツの良さを伝える工夫をしましょう。

コンテンツ自体が魅力的なものでも、消費者に良さを伝わらなければ購入されないためです。
良さを伝えるには、購入ページなどで商品のアピールをするのがおすすめです。

例えば、

  • 競合との違い
  • コンテンツならではの強み
  • コンテンツを利用することで得られるメリット

などを記載します。

コンテンツの良さが伝わるよう、魅力的な文章を考えてみてくださいね。
商品をアピールするには、セールスライティングを身につけることも重要。関連記事「【誰でもできる】セールスライティングの書き方5ステップ!怖いほど商品が売れる文章の型を解説」では、コンテンツが売れるための文章の型を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

5.価格を見直す

コンテンツが売れない場合は、価格の見直しを検討してみてください。

コンテンツに対して価格が高すぎる可能性があるためです。
価格を設定する際には、相場感に合わせる方法が取り組みやすいです。

プラットフォームを活用し、ライバルがどのような値段でコンテンツを販売しているのかをリサーチしましょう。
加えて、期間を定めて価格を設定する方法もおすすめです。

その際には「限定価格」「キャンペーン価格」などと記載し、消費者の購入意欲を高めましょう。

6.付加価値を提供する

コンテンツが売れない場合は、付加価値を提供してみましょう。消費者に、コンテンツを購入するメリットを感じてもらうためです。

身近な例が、ペットボトル飲料に付いているキーホルダーやマグネットなどのグッズ。グッズが付いていることで、商品を購入した方も多いのではないでしょうか。このように、付加価値があることで、商品が購入される可能性はぐっと高まります

また、コンテンツ販売において取り組みやすいのが、テキスト形式の無料特典の用意です。一度作ってしまえば、配布するだけで良いので、手間がかかりません。

7.消費者の不安・疑問を消す

商品が売れない状況を改善するには、消費者の不安・疑問を消すことを考えましょう。コンテンツに対して、不安や疑問があれば購入にいたらない可能性があるためです。

具体的には、

  • よくある質問やFAQ
  • サポート体制の有無
  • 支払方法

あたりの情報を充実させましょう。「よくある質問・FAQ」では、消費者が抱きそうな悩みを記載するのがおすすめです。例えば「返金対応の有無」「購入後の流れ」などの情報があると良いでしょう。

競合がどんな情報を記載しているのか参考にするのもおすすめですよ。

8.コンテンツの種類を変える

商品が売れない際には、コンテンツの種類を変えることを視野に入れてみてください。売れない原因に、ターゲットとコンテンツの種類があっていない可能性があるためです。

代表的なコンテンツの種類と特徴は、以下の表の通りです。

コンテンツの種類特徴
動画コンテンツ
  • 音声と映像を同時に伝えられる
  • 気軽に視聴されやすい
テキストコンテンツ
  • 文字のみで情報を伝える
  • ユーザーが欲しい情報を取捨選択できる
音声コンテンツ
  • 音声のみで情報を発信する
  • 忙しいユーザーに受け入れてもらいやすい
オフラインコンテンツ
  • ユーザーと直接会う
  • ユーザーに強い印象を残せる

例えば、仕事で忙しい会社員の場合、通勤時でも学習できるものだと良いですよね。そのため、動画や音声コンテンツの需要が高いと予想できます。
コンテンツの種類によって特徴が異なるため、出品している商品とターゲットのニーズが満たせているのかをチェックしましょう

 

コンテンツ販売には戦略が重要

コンテンツを販売しても、必ず商品が売れるわけではありません。

コンテンツが売れない原因は、主に以下の5つです。

  • 知名度が低い
  • 魅力がない
  • 価値と価格が見合っていない
  • ターゲットが曖昧になっている
  • 購入にいたるまでの情報が不足している

これらの原因を改善することで、状況が好転する可能性は十分あります。「失敗した」と諦めるのではなく、粘り強く取り組んでいくことが大切です。ライバルや消費者のニーズをリサーチし、より良いコンテンツを作り出しましょう。

ぜひこの記事を参考に、コンテンツ販売を成功に導いてみてください!

当ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.