コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【ブーム到来】コンテンツ販売でできるビジネスモデルは主に3つ!得意や経験を商品化しよう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「流行りのコンテンツビジネスに挑戦したい!」
「稼げる仕組みを作るにはどうすればいい?」
「事例を参考にしてビジネスモデルを考えたい!」


ネットビジネス
初心者

このように、コンテンツ販売で稼ぐビジネスモデルが気になっていませんか?

コンテンツ販売は、初期費用が少なく、誰でもチャレンジできる魅力的なビジネスモデルです。しかし初めて取り組む方は「本当に上手くいくかな?」と、ビジネスモデルについて不安に思うこともありますよね。

そこでこの記事では、

  • コンテンツ販売が人気の理由
  • デメリット
  • ビジネスモデルの具体例
  • ビジネスモデルを考えるポイント

などの内容を解説していきます。コンテンツビジネスは、半自動的な収入や自分のオリジナル商品を作りたいと考えている方に、特におすすめです。

興味がある方は、ぜひ最後まで記事をお読みください。

ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスのノウハウは、僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ気軽に登録してみてください!

 

コンテンツ販売のビジネスモデルが注目されている理由

コンテンツ販売とは、オリジナルの商品を作って売るビジネスモデルのこと。お店に並んでいるような物理的な商品である必要はなく、知識や情報などのあらゆるものがコンテンツ化されています。

コンテンツ販売を専門としたWebサイトも生まれ、このビジネスモデルが人気を集めています。コンテンツビジネスが注目される理由は主に3つです。

  1. お金をかけずに始められるから
  2. 半自動的に稼げるから
  3. 自分のペースで挑戦できるから

他のビジネスにはないメリットでもあるので、ぜひ確認しておきましょう。

1.お金をかけずに始められるから

コンテンツビジネスでは、ネット配信できる無形の商品を取り扱います。形式次第では、お金をかけることなく1から手作りが可能です。

例えばテキストコンテンツなら、パソコンさえあれば商品の内容を書き出せます。

一方で同じテキストベースでも、有形商品である雑誌を創刊しようとすると、製本代や販売の送料などがかかるでしょう。
初期費用がかからないので、資金に限りがある方や個人で小さく事業を始めたい方でも、コンテンツ販売は参入しやすいビジネスです。

2.半自動的に稼げるから

コンテンツビジネスでは、仕組み化により自分自身の仕事量を大きく減らせます。完全な不労所得とはいかなくても、半自動的な収入源を作れるのです。

例えば教材コンテンツの販売なら、次のような仕組み化で収入を安定させられるでしょう。

  1. SEOによる施策でブログの露出機会を増やす
  2. 見込み客をランディングページに誘導する
  3. 自動送信のメールで教材を渡す

さらにステップ型配信をすれば、購買意欲の強化もほぼ自動で叶います。集客から購入までのナビゲーションをきちんと敷ければ、お店のように手作業で販売する必要はありません。

3.自分のペースで挑戦できるから

コンテンツ販売は、ビジネスや仕事でありがちな制限がほとんどありません。

  • いつまでに発売・発送する
  • 最低でも100部は売る
  • ◯◯というテーマで販売しなければならない

など、コンテンツビジネスでは行動を人から強制されることはないためです。

目標を決めるのは良いことですが、コンテンツビジネスならそのためにどのような行動をしても、どれだけ時間をかけても問題はありません。
そのため副業で取り組む会社員や、子育てで忙しい主婦のような立場でも、誰もが自分のペースでチャレンジできます。

 

コンテンツ販売をビジネスモデルにする際のデメリット

魅力が多いビジネスモデルですが、コンテンツ販売では少しだけデメリットもあります。

  1. 確実に売れるとは限らない
  2. 無料のコンテンツがライバルとなる
  3. 転売される危険がある

デメリットも一緒に確認し、イメージの違いによる後悔を防ぎましょう。

1.確実に売れるとは限らない

販売するコンテンツは、絶対に売れるわけではありません。思うように売れない原因として考えられるのは、主に次の内容です。

  • 価格が高すぎる
  • ニーズとマッチしていない
  • 宣伝が不十分である

とはいえコンテンツの形式によっては、商品が完成してからでも部分的な修正が可能です。物理的な商品と違って在庫を抱え込むこともありません。

2.無料のコンテンツがライバルとなる

インターネットでは、無料のコンテンツが数多く配信されています。

無料であるにも関わらず有料級のクオリティで配信されているコンテンツもあり、ライバルとして危険な存在です。

同程度に有益なコンテンツが並んでいれば、迷わず無料の商品を選ぶユーザーは多いでしょう。コンテンツ販売で戦うのなら、ライバル商品との差をアピールし「お金を出しても買いたい!」と感じさせる戦略が重要となります。

3.転売される危険がある

コンテンツ販売では、ほとんどの商品がデジタル形式で販売されています。デジタル配信では、画面のキャプチャやコピペにより、内容を複製されることが珍しくありません。

メルカリで気軽に販売されていたり、情報コンテンツを専門とした転売サイトがあったりするほどです。転売ヤーに目を付けられては、本家であるあなたのコンテンツの売上が伸び悩むことになります。

悪意ある購入を100%防ぐことは難しいですが、転売されるリスクも念頭に置いておきましょう。

 

コンテンツ販売の具体的なビジネスモデル3選

ここからは、具体的なビジネスモデルを噛み砕いて説明していきます!コンテンツの形式は、主に次の3つに分類できます。

  1. デジタルコンテンツ
  2. コンサルティングコンテンツ
  3. 会員向けコンテンツ

ビジネスモデルを決める段階で迷っていたら、ぜひ参考にしてみてください。

1.デジタルコンテンツ

インターネット配信の形式で商品を売る、デジタルコンテンツです。

  • 電子書籍
  • 動画講義
  • テキスト資料
  • 音声教材

などが、デジタルコンテンツに該当します。

デジタルコンテンツを販売するメリットは、在庫を持たずに始められること。例えば「ブログの書き方」について本を出版すると製本代がかかり、売れなかった分は物理的な在庫となります。

また、在庫が10冊しかなければ10人にしか商品を届けられません。
しかし電子書籍なら、原稿のデータを完成させるだけで、在庫を持つことなく何万人もの人に内容を届けられます。

デジタルコンテンツの販売方法については、関連記事「【2022年最新】おすすめのコンテンツ販売プラットフォーム9選!メリットや選び方のポイントを解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

 

2.コンサルティングコンテンツ

コンサルティングとは、顧客から受けた相談に対し最善の解決策を提案したり、相手の利益を最大化させるための手伝いをしたりするサービスです。ビデオチャットやメールでやり取りすれば、顧客の対象は日本全国・世界中にまで広がります。

依頼者に対しオーダーメイドかつマンツーマンのサービスを展開するため、デジタルコンテンツよりも提供の手間がかかります。しかし顧客から信頼されれば、顧問のような存在となって長期間のコンサル契約を結べるメリットがあります。

得意なことや、自信を持てる経歴などをお持ちの方は、コンサルティングコンテンツもぜひ視野に入れてみてください。

コンサルティングの始め方は、関連記事「【5分でわかる】コンサルティングで起業する方法とは!名乗るだけで始められるのでチャレンジしやすい」を参考にしてみてください!

 

3.会員向けコンテンツ

定期的にお金を払ってくれる会員に向け、クローズドな場でコンテンツを提供するビシネスモデルです。会員システムの例としては、有料メルマガやオンラインサロンが代表的。

特にオンラインサロンでは、何万人もの会員が集まる巨大コンテンツに成長しているものもあります。
人数がある程度集まれば、安定的な収入を毎月得られるでしょう。

ただし会員が離れないように、継続的な価値提供をすることが求められます。

 

コンテンツ販売のビジネスモデルを考えるポイント

まだ具体的なビジネスモデルが固まっていない方は、次のポイントを意識して考えてみてください。

  1. 環境の影響を受けにくいジャンルを選ぶ
  2. 確かな需要が需要があるテーマを選ぶ
  3. ライバルをリサーチする
  4. 集客の導線を引く
  5. 改善を繰り返す

コンテンツ販売を成功させるためにも、1つずつ確認していきましょう。

1.環境の影響を受けにくいジャンルを選ぶ

世間の雰囲気や流行といった環境に左右されるジャンルは、初めてのコンテンツ販売ではおすすめできません。環境の変化により急に売上が低下するリスクがあり、それを自分でコントロールすることが難しいためです。

例えば「芸能人◯◯さんの生い立ちをまとめた電子書籍」では、その芸能人の人気が下がったり大きなスキャンダルがあったりと、コンテンツ製作者側の努力ではどうにもできないリスクがあります。
今すぐに環境が変わるというわけではありませんが、人気や流行に依存しすぎないテーマ選定が理想です。

2.確かな需要が需要があるテーマを選ぶ

長期にわたって普遍的な人気があるテーマなら、環境の影響を受けることなく安定した稼ぎを生み出せます。確かな需要を見極めるポイントは、市場規模の大きさと、人の悩みにフォーカスしたテーマであること。

市場規模が限られた分野では、どれだけ多くの人が買ってくれても、売上はいずれ頭打ちになります。

例えば市場規模の小さなマイナースポーツ「テックボール」に関するコンテンツでは、国内のほとんどのプレイヤーが購入してくれても100人程度にしか行き渡りません。

さらに「人の悩みにフォーカスしたテーマ」は、時代が変わってもニーズが減るリスクは少ないでしょう。

  • お金を稼ぐ方法
  • 成績をアップする方法
  • モテる方法
  • 健康になる方法

このような「悩み」に関わるコンテンツは、根本的なニーズはこれからも続くと予想できます。

3.ライバルをリサーチする

コンテンツの内容を具体化するために、ライバルのリサーチをすることが大切です。

例えば内容をよく調べておけば、ライバルコンテンツに足りていない情報をフォローし、差別化する工夫を取り入れられます。また、全く同じテーマを扱うことを避ければ、売上の奪い合いを回避できるでしょう。
コンテンツのアイディア出しでも参考になるので、何から始めればいいか分からない方は、ぜひライバルチェックをしてみましょう。

4.集客の導線を引く

内容だけでなくマーケティング面でも、考えを巡らせなければなりません。どんなに内容の優れたコンテンツでも、マーケティングが全くの0では、顧客の目に触れる機会が限られてしまいます。

特に集客方法については、事前に計画を立てておきましょう。ほとんどの集客方法は、コツコツと行動を積み重ねることで効果を最大化できるためです。

例えばSNSなら、あらかじめフォロワーとの信頼関係を築いておかなければ、コンテンツをいきなり紹介しても拡散されません。
ターゲットに情報を届けるにはどのような集客方法が最適か、事前にどのような準備すれば良いのかをピップアップし、ゴールから逆算して行動を始めましょう。

場合によっては、コンテンツ制作と集客の準備を並行して進めることも必要です。

5.改善を繰り返す

クオリティの高いコンテンツを目指すには、繰り返し改善することが大切です。
特に重要なのは、自分以外の第三者に内容をチェックしてもらうこと。作った本人だけでは、内容を客観的に評価することが難しいためです。

信頼できる相手やモニターに見てもらい、内容を磨いていきましょう。

コンテンツ完成後でも、掲載内容の誤りに気付いたり、最新の情報が発表されたりすることがあります。修正が可能であれば積極的にコンテンツを更新し、常により良いクオリティを目指してくださいね。

この記事を参考に、ぜひコンテンツ販売のビジネスモデルにチャレンジしてみてください!

そして、ブログに書けないさらに濃い内容のネットビジネスノウハウに関しては僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.