コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【0からスタート】コーチングで起業するやり方4ステップ!ビジネスを成功へ導く6つのポイントとは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「上手にコーチングするコツが知りたい」
「コーチングでお金が稼げるって本当?」
「起業を成功させるためのコツを教えて」

コーチング
初心者

このようなお悩みを抱えていませんか?

「顧客の目標達成のためサポートしたい」と思い、コーチングで起業したいと考える方は多いのではないでしょうか。

たしかに誰かの役に立てるのは、大きなやりがいを感じますよね。しかし、具体的に起業となるとどうすればいいか分からない方もいると思います。

必要な資格があるのかどうかも気になるところです。

そこでこの記事では、コーチングについて

  • 起業に必要なステップ
  • ビジネスを成功させる方法

などを解説していきます。未経験者に向けて、基本的な知識も分かりやすく紹介します。

コーチングで起業を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

なお、ブログに書けない更に濃い内容のネットビジネスノウハウに関しては僕のメルマガで配信しております。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

 

コーチングで起業する人が知っておきたい基礎知識

こちらでは、コーチング起業で知っておきたい基礎知識を紹介します。

主に以下4点です。

  1. コーチングの概要
  2. コンサルティング・カウンセリングとの違い
  3. コーチングの種類
  4. 必要なスキル

各ポイントについて、詳しくみていきましょう。

1.コーチングとは?

コーチングとは、相手の話を聞いたり、解決策を提案したりすることで、目標を達成させることです。コーチングの特徴は、対象者の自発性を尊重することです。

そのため、行動を強制させることとは明確に違いがあります。

人材育成の場面で需要が高まっています。

2.コンサルティング・カウンセリングとの違い

コーチングとよく似た言葉で、コンサルティングもカウンセリングがあります。違いがよく分からない方に向け、それぞれ解説します。

コンサルティングとは?
専門知識や豊富な経験を活かし、対象者に向け指導を行います。対象者の業績を上げることを目的とした手法です。

コーチングは、基本的に指導は行いません。

対象者自らがやるべき行動を見つけられるよう、サポートします。つまり、コーチングとコンサルティングの違いは、指導の有無です。

カウンセリングとは?
対象者の悩みや困っていることをヒアリングすることです。

コーチングは指導をしないながらも、ゴールに向かう手助けをする業務です。それに引き換え、カウンセリングには、目標を達成するという考えがないことが大きな違いでしょう。

コンサルティングとカウンセリング、コーチングは似ているようですが、細かく見れば違う性格のものです。コーチングで起業をするのであれば、違いを押さえておきましょう。

3.コーチングの種類

コーチングと一言でまとめても、いくつかの種類に分けられます。

主な種類は、以下の3つです。

  • 個人向けコーチング
  • 経営者向けコーチング
  • 企業向けコーチング
個人向けコーチングとは?
名前の通り個人を対象としたコーチングです。主に、仕事や恋愛、人間関係などの分野が多め。
経営者向けコーチングとは?
個人事業主や経営者に向けたコーチング。ビジネスに関するコーチングがほとんどです。
企業向けコーチングとは?
企業と契約して、経営者・社員向けにコーチングをするもの。個人向け、経営者向けよりも、ハイレベルな知識が求められます

コーチングで起業をするなら、誰をターゲットにするのかは重要なポイントです。

4.コーチングに必要なスキル

コーチングを行う上では、主に以下3つのスキルが必要です。

  • 傾聴スキル
  • 質問スキル
  • 承認スキル
傾聴スキルとは?
相手が何を言いたいのか、何を伝えようとしているのか、汲み取ろうとするスキルです。
質問スキルとは?
名前の通り質問を行うスキル。対象者が新たな気付きを得られるような質問をする力が求められます。
承認スキルとは?
簡単に説明すると、相手を褒める力です。承認スキルがあれば、対象者のモチベーションを上げられます。

コーチングをする上では、これら3つのスキルを身に付けるよう意識しましょう。

 

【4ステップで解説】コーチングで起業するやり方

コーチングで起業するには、以下4つのステップを踏みましょう。

  1. コーチングスキルを身に付ける
  2. コーチングビジネスを設定する
  3. 集客を行い見込み客を育てる
  4. コーチングを実施する

各項目について、順番に解説します。

1.コーチングスキルを身に付ける

まずは、コーチングスキルを身に付けましょう。ビジネスの基盤となる部分です。

コーチングでは、他人の目標を達成させることが重要です。

「話しを聞いてもらってスッキリした」というレベルでは、コーチングとはいえません。対象者からお金をもらうなら、専門的なスキルの習得が必須です。

コーチングスキルを身に付けるには、主に以下の方法があります。

  • 書籍
  • セミナー
  • 専門スクール

さらに研究を深めるには、実際に自分がコーチング受けてみるのも方法のひとつです。対象者の気持ちが分かり、新たな発見が見つかるかもしれません。

2.コーチングビジネスを設定する

スキルが身に付いたら、自分が行うコーチングビジネスを決めます。

具体的には、以下の内容を考えましょう。

  • 個人向けか企業向けか
  • 何を専門とするコーチングか(人間関係、美容・ダイエットなど)
  • セッションは対面かオンラインか
  • セッションの回数、1回あたりの時間はどのくらいか
  • 金額はいくらか

これらを決めて、初めてビジネスの形ができます。ちなみに、設定したものは途中で変更しても問題ありません

ビジネスを行い改善点が出てくれば、修正していきましょう。

3.集客を行い見込み客を育てる

続いて、集客を行い見込み客を育てましょう。そのため、まずは自分を知ってもらい、興味を持ってもらうことが重要です。いきなりコーチングの宣伝をするのは控えます。

意識したいのが、見込み客となるユーザーにとって有益な情報発信することです。

これにより、信頼関係を構築でき、ビジネスに発展しやすいです。見込み客は、SNSを使って集客し、情報発信を行い育てていきましょう。

関連記事は以下のとおりです。ぜひ参考にしてみてください!

 

4.コーチングを実施する

集客と見込み客の育成が終われば、いよいよコーチングの実施です。ファーストステップとして、無料のコーチングを行いましょう。

価格によっては申し込みのハードルが高く、売り上げが期待できないためです。そのため、無料体験を実施して、申し込みやすい状況に持っていきます。

手法は1つではないので、運営しながら色々試してみると良いでしょう。なお、セッションの導入部分だけ無償で実施し、本格的なコーチングは有料にするという方法もあります。

 

コーチングセッションの流れ

コーチングを行っていく上で心配なのは、どのようなセッションをするかだと思います。

初めて行う方は、不明な点が多いでしょう。実際、コーチングセッションには、決まった形はありません

こちらでは、コーチングセッションの流れにおける一例を紹介します。

〈コーチングセッションの流れ〉

  • 目標の確認(あなたは今後どうなりたいですか?)
  • 現状の把握(今はどんな状況ですか?)
  • 目標と現状の違い、近づけるためにクリアすべき課題(目標を達成するためには、何ができますか?)
  • 行動計画を立てる(具体的にどんなことをしますか?)
  • 報告をする(〇週間後に結果の報告を教えてください)

繰り返しになりますが、セッションに決まった形はありません。自分のビジネスや対象者に合ったものを考えましょう。

 

コーチング起業を成功させる方法6選

コーチング起業を成功させるためには、以下6つの方法を試してみてください。

  1. 自分の強みを明確にする
  2. 競合をリサーチする
  3. コーチングに関する資格を取得する
  4. リピーターを増やす工夫をする
  5. コーチングを断る基準を決める
  6. 集客を仕組み化させる

順番に解説します。コーチング起業を失敗させないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

1.自分の強みを明確にする

コーチング起業を成功させるには、自分の強みを明確にしましょう。競合との差別化を図れるためです。

主に、以下の分析を行います。

  • 自分が得意とすること
  • これまで失敗したこと、乗り越えたこと
  • 何をしているときにやりがいを感じるか

例えば「20kg痩せた経験がある」なら、ダイエットのコーチングを行えたり、実績を活かせたりします。自分の強みを知ることで、ビジネスキャラクターの設定にも役立つでしょう。

2.競合をリサーチする

コーチング起業をする際には、競合をリサーチしましょう。自分のビジネスのブラッシュアップに繋がるかもしれないためです。

例えば、とある分野のトップがいる場合、コーチング内容を少しずらすことで差別化を図れます。また、どんなサービスを提供しているのかも参考になるでしょう。

競合リサーチは、コーチング起業における成功の秘訣です。

3.コーチングに関する資格を取得する

コーチング起業を行う際に、資格を取得しておきましょう。実績の証明になり、顧客から信頼してもらいやすくなるためです。

コーチングに関する、代表的な資格は以下の通りです。

難易度や取得条件などを確認し、どの資格を取るか選定しましょう。

4.リピーターを増やす工夫をする

コーチングビジネスを軌道に乗せるなら、リピーターを増やす工夫をしましょう。固定客がいることで、収入が安定しやすいためです。例えば、セッションに満足してもらえるよう工夫したり、リピーター向けの料金・特典を用意したりします。

コーチング起業を成功させるには、新規顧客だけでなく、リピーターにも目を向けることが大切です。

5.コーチングを断る基準を決める

ビジネスを成功させるためには、コーチングを断る基準を決めます。中には、目標達成をさせるのが難しい特徴の顧客もいるためです。

例えば、ギャンブル依存症で医師のカウンセリングが必要なケースなどが挙げられます。目標達成が難しい顧客を受け持つと、クレームが発生する、ストレスが溜まるなど、お互いにとって良い結果を生みません。

そのため、ときにはコーチングを断ることが必要です。
なお、断った場合の紹介先を決めておくと良いでしょう。ただ単に断るよりも、顧客から反感を買いにくいためです。

6.集客を仕組み化させる

コーチング起業を成功させるには、集客を仕組み化させましょう。コーチングビジネスで重要なのは、いかに顧客を集めるかということです。

仕組み化することで、集客にかかる手間やコストを省けます。特に、Webを活用した集客は再現性の高い方法です。

Web集客について知りたい方は関連記事「【保存版】Web集客の方法9選!メリット・デメリットから成功のコツまでまるっと解説」を参考にしてみてください。広告やメールマガジンなど、集客方法を詳しく解説しています。

 

ぜひこの記事を参考に、コーチングによる起業を進めてみてください!

そして、僕のメルマガでは、ブログに書けない濃いネットビジネスのノウハウを配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてください。

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.