コンテンツビジネスで人生に選択肢を

ブログのターゲット設定がわからない!ペルソナは必要?収益化は?徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

「ブログのターゲット設定って何?」
「ターゲット設定のコツは?」
「実際に設定したものをみてみたい」

ブログ初心者

このような悩みはありませんか。

ターゲットを決め、正しくブログ運用することで、集客や商品が売れるようになります。ブログ記事は、24時間休むことなく、あなたの商品やサービスを宣伝し続けてくれます。

ターゲットの決め方が分からず、誰からも読まれない記事を書き続けても、時間を浪費するだけです。

そこでこの記事では、以下の内容を解説します。

  • ブログにターゲット設定は必要?
  • ブログのターゲットが決められない!理由は?
  • ターゲット選定に悩んだときの解決策
これからブログ記事を書く人にとても有益な情報になっていますので、最後まで読み、執筆の参考にしてみてください。

なお、ブログに書けないさらに濃い内容のネットビジネスノウハウに関しては僕のメルマガで配信しています。入退会無料なので、ぜひ登録してみてください!

ターゲットを決めるために必要なペルソナ設定とは?


ペルソナ設定について知っておくことは、以下3点です。

  • ターゲットとペルソナの違い
  • ペルソナ設定が必要な理由
  • ペルソナの決める時の注意点

では、詳しく解説します。

ターゲットとペルソナの違い

ターゲットとは、ブログ記事を読んでくれるであろう一定層のことを示す言葉です。
簡単に表すならこんな感じの人」というざっくりとした人を想像したのがターゲットになります。

ペルソナとは、マーケティングの用語であり、1人の人間を作り上げていくイメージ。ターゲットよりも具体的になるため、顧客ニーズが多様化した現代でもニーズに寄り添った商品の提供ができます。

具体例は以下表で見てください。

ターゲット年齢・性別:24歳 女性

職歴:看護師

仕事・人間関係の価値観:仕事が辛く転職を考えている

ペルソナ年齢・性別:24歳 女性

所得・職歴:360万円 看護師

仕事・人間関係の価値観:

職場に行くだけで辛い。1年目はなんとか頑張れたが、仕事が上手くいかず、職場に馴染めない。

転職は考えているが、看護師としてのキャリアがないから、辞右手も雇ってくれる場所がないのでと、不安で転職できない。

転職で環境を変えるか、今の職場で楽しく仕事ができるなら続けたい。

ターゲットとペルソナの違いは、顧客層なのか、それとも顧客そのものの設定なのです。

ペルソナ設定が必要な理由

ペルソナの設定が必要な理由は、以下3点です。

  • 数ある記事に埋もれないため
  • 雑記ブログにしないため
  • このブログだけの特権をつくる

ペルソナ設定をすことで、顧客目線で記事を書けます。
ペルソナは、年齢や性別だけではなく、その人の価値観や悩みまで設定するからです。

数があるブログの中で、あなたのブログだけが解決できる情報を提供しないと、読者を魅きつけることはできません。

差別化されない記事は、いずれ埋もれてしまい、読まれなくなります。

いつまでも読者に価値をあたえられ、読者によりそったブログであるためにも、ペルソナ設定は必要なのです。

ペルソナの決める時の注意点

ペルソナの決める時の注意点は、以下3点です。

  • 客観的データをもとに設定する
  • 作り込みすぎない
  • 定期的に見なおす

では、詳しく解説します。

客観的データをもとに設定する

客観的データをもとに設定しましょう。
ペルソナを設定する本質は、ブログ記事を読んでもらうことだからです。

ペルソナを主観で設定した場合、その人の考える範囲の人物像しかできません。

読まれる記事を書くためには、読者ニーズのリサーチをしましょう。上位記事をはじめ、相談サイトから客観的データを集め、読者目線でペルソナを設定が重要なのです。

読まれる記事に成長すれば、ブログから集客や売上UPもできます。

作り込みすぎない

ペルソナは記事を書くために必要な設定に留めておきましょう。
作り込みすぎると、記事に柔軟性がなくなり、軌道修正ができなくなるからです。

例えば、転職系の記事を書くとしましょう。

キーワード:看護師 2年目 転職

年齢・性別:24歳 女性

所得・職歴:360万円 看護師

仕事・人間関係の価値観
職場に行くだけで辛い。1年目はなんとか頑張れたが、仕事を覚えることもできず、職場に馴染めない。転職は考えているが、看護師としてのキャリアがないから雇ってもらえないのではと、不安で転職できない。
転職で環境を変えるか、今の職場で楽しく仕事ができるなら続けたい。

ペルソナ設定では、ターゲットの情報からキーワードに関連した部分を深掘りしましょう。
不必要な情報は、記事を書きにくくしたり、ブログの方向性を変えにくくします。

おすすめの方法は、表ぐらいのペルソナへ各記事で必要な詳細を付け足していく方法です。
ペルソナの軸は変わらないため、ブログに一貫性を持たせることができ、読者に違和感を与えることもありません。

ペルソナ設定は、必要以上に作りこまないようにしましょう。

定期的に見直す

3ヶ月に1回はペルソナの見直しをしましょう。

しっかりとしたペルソナ設定ができていないと、読まれなくなる可能性があるからです。
見直し期間が、3ヶ月に1回がよいでしょう。SEO対策をした記事の効果は3ヶ月経たないと分析ができないからです。

Googleアナリティクスでリサーチし、実際に多い読者層とペルソナのズレを修正しましょう。

定期的にペルソナを見なおすことにより、読者にとってより価値のある情報を提供でき、集客につなげることができます。

ブログにターゲット設定は必要?

この章では、以下2点について解説します。

  • ターゲット設定が必要な理由
  • 細かく決めすぎるメリット・デメリット

ターゲット設定が必要な理由

記事を読んでもらうためにも、必ず設定しましょう。
ターゲットが設定されていないと、誰からも読んでもらえないからです。

記事を読む人は、自分のために書かれた記事でなければ、最後まで読みません。

ターゲット設定は、読者に自分のために書かれた記事と思わせるために必要なのです。

細かく決めすぎるメリット・デメリット

ターゲット設定を決めすぎるのメリット・デメリットについて、以下表にまとめました。

メリット
  • 濃い読者がつく
  • 専門性を持って書ける
  • 潜在ニーズが明確になりやすい
デメリット
  • ネタ切れになりやすい
  • ブログの軌道修正ができない

このようにターゲットをしすぎると、ブログ運用がしずらくなるデメリットもあります。
最初の内は、ターゲットを広めに設定し、柔軟に対応できるブログにするのがおすすめです。

ブログのターゲットが決められない!理由は?

ターゲットは決められない理由は、以下2点です。

  • 経験や得意分野がない
  • ブログを運用する目的が曖昧

では、詳しく解説します。

経験や得意分野がない

ターゲットを決められない1つ目の理由は、経験や得意分野ではないことがあげられます。
明確なターゲット像や悩みを想像することができないからです。

解決する方法は2つ。

  • 入念なリサーチ後で決める
  • 過去の自分や身近な人で設定する

経験に勝るソースがありません。しかし、すべてを経験したブロガーなどいません。

そこで、リサーチし徐々にターゲット像を決めるか、過去の自分や身近な人に設定することで、具体的な想像をしましょう。
経験がないからといい、自信を失うことはありません。

まずはターゲットを想像できるだけの情報を探しましょう。

ブログを運用する目的が曖昧

ターゲットを決められない2つ目の理由は、ブログ運用する目的が曖昧なことです。

運用目的の例として、以下があります。

  • 集客
  • 広告
  • 役立つ情報を発信活動

例えば、4人用のテントを買ってもらいたいとします。
そこで、80代の夫婦をターゲットにはしませんよね。

この場合だと、小学生の子供がいる4人家族のお父さんがターゲットになるのではないでしょうか。

目的から逆算すると、ターゲットを想像することができます。

 

ブログ集客について詳しく知りたい方は、こちらの記事で紹介しています。
参考にしてください。

ターゲット選定に悩んだときの解決策

ターゲット選定に悩んだときの解決策は、以下3点です。

  • 過去の自分に設定し、ターゲットを想像しやすくする
  • 知人・家族に設定し、生の声を取り入れたターゲットにする
  • 相談してきた人をターゲットに設定する

では、詳しく解説します。

過去の自分に設定し、ターゲットを想像しやすくする

過去の自分をターゲットにしましょう。
メリットは、以下3点です。

  • 経験があり、リアルな設定がデできる
  • 自分ごとのように考えることができる
  • 悩みや不安が具体化される

人の想像には限界があります。忙しい中でのブログ運用しているなら、リサーチの時間もありませんよね。

読者は自分ごとのように感じる記事しか読みません。 リアルな経験をもとに執筆された記事は、読者の悩みを鮮明に書けるため、信頼される可能性も高くなります。

ターゲット設定に困ったら、過去の自分に向けた記事を書くのもよいでしょう。

知人・家族に設定し、生の声を取り入れたターゲットにする

生の声が聞ける家族・知人に設定する。
ターゲット本人から読者ニーズを探ることができるからです。

例えば、商品やサービスを売るのであれば、購入見込みに近い人を選び、直接インタビューするのも手です。

「気をつかって本当の意見を聞けないかも…」と心配する人もいるかもしれません。
その場合は、匿名アンケートにすることで、答えやすくなるでしょう。

知人・家族に設定することで、生の声を取り入れたターゲット設定ができるのです。

相談してきた人をターゲットに設定する

相談してきた人をターゲットに設定するのもおすすめです。
すでにターゲットの悩みまで分かる状態だからです。

記事を書く最優的な目的が、集客や商品の売り込みでも、まずは読者の悩みを知ることから始まります。

つまり、相談してきた人をターゲットとし、相談内容が読者ニーズとして考えることができるのです。

まとめ


この記事では、

  • ブログにターゲット設定は必要?
  • ブログのターゲットが決められない!理由は?
  • ターゲット選定に悩んだときの解決策

について解説しました。

ブログ記事を書くためには、まずはターゲットを決めておく必要があります。読者の悩みは何かを明確にしておきましょう。

ブログに書けない更に詳しい転売のノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信しております。入退会は無料なのでお気軽に登録してみてくださいね!

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.