コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【2021年】ブログ集客はもうできない!?7つの成功事例を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

2021年に入り、こんな声をよく耳にします。

  • もうブログで集客はできなくなった
  • ブログ集客はもうオワコン
  • GoogleのコアアップデートでブログのPV数が一気に下がった

本当にブログで集客することはできなくなってしまったのでしょうか?

結論としては、「難しくはなったもののやり方を工夫すればまだまだ集客はできる」です。

在宅時間が増えたり、副業ブームでブログを始める人が増えていて、今までの集客方法では他のライバルとの差がつけづらくなっています。

そのため、新しく何か手を打つことが必要です。

今回の記事では、数々のブログ集客の成功事例をもとにした、集客術の施策を解説していきます。

ブログ集客が出来ないときはこれをしよう!

今回は、ブログ集客でどこが悪くて集客ができなくなったのかがわからなかった人が、「これをしただけで集客が出来るようになった!」という報告から、以下のものを選出しました。

  • 分析ツールを使用する
  • 記事のリライト
  • ターゲット選定
  • SEO対策
  • サイトを見やすいように工夫
  • 独自性や専門性を高くする
  • ライバルのサイトを参考にする

この7つの対策は、集客にも運営するブログサイトを見直すためにも、とても有効的です。

これからそれぞれを解説していくのですが、1つだけとても大事な注意点があります。

それは、運営するブログはWordPressに限るということです。

無料ブログだと、これらの対策をしてもあまり意味がありません。

なので今回の記事ではWordPressを使った、ブログ集客の対策ということが前提です。

それではさきほど紹介した、ブログ集客の対策を解説していきます。

分析ツールを使用する

分析ツールとは、ブログに訪問してくれたユーザーの動向などを解析してくれるツールです。

無料で使うことの出来る、主な分析ツールは以下のものがあります。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • SimilarWeb

この他にも分析ツールはたくさんありますが、その中でも今回は分析ツールとして必須とも言える、この3つを簡単に紹介していきます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスはブログで集客をするなら、必ず利用しておいたほうがいい分析ツールです。

Googleの提供しているこの分析ツールは、サイトに来た訪問者の以下の分析ができます。

  • サイト訪問者数
  • どこからサイトにたどり着いたのか
  • PV数
  • 直帰率
  • 平均滞在時間
  • ユーザーの住む地域
  • ユーザーの性別
  • アクセスされた時間

この他にも、ユーザーがサイトに訪れてどのような行動を取ったのか、ユーザーの使っているデバイスなどもわかります。

このツールを使用すると、ユーザーがよく訪れてくれる興味のあるページがわかったり、興味のないページはもう一度見直して修正するなどという対策も可能です。

Googleアナリティクスは上で紹介したような機能は無料で使えますが、より精度が高く、使える機能も増える有料版もあります。

しかし、無料版でも十分な分析が可能なので、無理に有料版にはしなくても大丈夫です。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、自分のサイト内がGoogleでどんなキーワードで検索されて何回表示されたのかなどがわかる分析ツールです。

さきほど紹介したGoogleアナリティクスが、サイトに訪れたユーザーの動向に関する分析なのに対して、Googleサーチコンソールはサイトに訪れる前の検索に関する分析となっています。

  • どのようなキーワードでサイトが表示されたのか
  • 検索結果での表示回数、クリック数、クリック率、平均掲載順位
  • サイト内に新しく追加されたページをGoogleにいち早く登録
  • サイト内のエラーや問題点の報告

このようなことを知ることが可能です。

Googleサーチコンソールは、サイト内の情報をGoogleのデータベースにいち早く登録させるためにも必ず利用しておきたいツールになります。

なぜなら、Googleのデータベースに登録されていないと、検索結果で表示されることがないからです。

Googleサーチコンソールも無料で使用することが出来るツールなので、必ず使用しましょう。

SimilarWeb

SimilarWebは、競合サイトのアクセス解析が出来る分析ツールです。

Similar Webを利用すると、競合の以下のような情報が手に入ります。

  • 訪問者数
  • 平均PV数
  • 平均滞在時間
  • 直帰率
  • 検索されているキーワード

などの情報を手に入れることが可能です。

Similar Webを利用して競合サイトの情報を手に入れて、良い点は自分のサイトに活かすことができるのでとても役に立ちます。

いま紹介した3つの分析ツールは、集客にとても有利になものなので必ず活用しましょう。

記事のリライト

記事のリライトは、集客面で非常に大事な対策です。

さきほど紹介した分析ツールを利用して、アクセスの少ないページや直帰率の高いページなどを改善することができます。

アクセスの少ないページや直帰率の高いページには、ユーザーが興味をなくしてしまう問題が必ずあるので、そこを分析して改善することで集客率を高くすることが可能です。

自分では自信のある記事でも、ユーザーから見て面白く有益なものなのかはわからないので、それを分析ツールを使い客観的に見れることにより、サイトをより良く改善することができます。

ターゲット選定

ターゲット選定は、自分のサイトが狙っているユーザー層を明確に設定することで、狙っているユーザー層に刺さるようなコンテンツを作るための対策です。

ターゲット層を明確にしないまま漠然とコンテンツを作っていると、結果どの層にも響くことのないコンテンツばかりになる可能性があります。

極端な例えで言えば、青汁を紹介している記事で、「受験勉強の休憩中に1杯の青汁を飲みましょう!」などと書いたところで、青汁に興味のある30代から上の年齢層には何も響きません。

「老後を健康に生きるための、青汁は早いうちに飲み始めましょう!」この謳い文句のほうが青汁に興味のある世代には確実に響きます。

ターゲット選定がずれていると、いい記事を時間をかけて書いたのにまったく評価をされないことになりますので、自分の感覚だけで記事を作らずターゲット層の立場になってどんなことを知りたいのかを考えて、それに答える記事を作りましょう。

SEO対策

SEO対策は集客をするなら絶対にしなければいけないことです。

SEOとは「検索エンジン最適化」という意味で、Googleやyahooで特定のキーワードで検索されたときに、検索されたキーワードに関連するページを上位に表示させることを目的とした対策になります。

SEO対策は細かいものを含めれば、その数はかなりのものです。

なので、今回は時間の都合でここでは紹介できないので、SEO対策について詳しく解説をしてある記事を下に貼っておきますので、ぜひ参考にして下さい。

サイトを見やすいように工夫

サイトを訪問してくれたユーザーにとって、見やすいものに工夫するのはとても大事です。

工夫したいのはデザイン面や記事、カテゴリー欄、スマホ向けなど細かいところまで入れるとかなり工夫することができます。

なぜ見やすいようにしたほうが良いのかは、サイトデザインが良いものでも記事が読みにくいとユーザーは離れますし、記事が有益で読みやすくてもサイトTOP ページが雰囲気の悪いものだと、記事を読みたいとは思ってくれないからです。

各所で設定する画像、全体的な色合い、わかりやすいところにカテゴリーを置くなどといったことはサイトの印象や利便性に大きく影響するので、適当にせず自分の納得いくものや友人などに見せて相談してみましょう。

最近ではスマホでサイトを見るユーザーが圧倒的に多いので、スマホで見えやすくするための「モバイルファースト」は特に力を入れておきたいです。

独自性や専門性を高くする

独自性や専門性を高くすることは、競合との差をつけることができ、またSEO対策にもなります。

SEOの評価をおこなうGoogleは、同じようなサイトがネット上にたくさんあることを嫌います。

ほとんど同じような内容のサイトがネット上にたくさんあると、ユーザーに悪影響になるからです。

そのために、独自性や専門性を高くする必要があります。

独自性を強くするためには、自分の体験談やレビューなどが効果的です。

専門性を高くするにはネット上にある情報ばかりを使うようにせず、本などからの情報を使ったり専門家へのインタビューなどが効果的です。

他サイトと差をつけることによってSEO評価が高まり、結果、集客率が高まるということになります。

ライバルのサイトを参考にする

ライバルとなる競合サイトを参考にすることは非常に有効な手段です。

上位表示されている競合サイトを分析して、良い点を取り入れることで自分のサイトを強くすることができ、そして差別化することもできます。

競合サイトを参考にして差別化することで、競合に勝つ手段として活用することが可能です。

競合サイトを参考にすることで、自分のサイトに足りないものや逆に自分のサイトの強みを知ることができます。

ブログ集客が出来ないときはこれをしよう! まとめ

今回はブログ集客に行き詰まったときに、対策として使えるものを過去の成功事例から有効になるものを解説してきました。

最後に要点をまとめると。

  • 分析ツールを使用する
  • 記事のリライト
  • ターゲット選定
  • SEO対策
  • サイトを見やすいように工夫
  • 独自性や専門性を高くする
  • ライバルのサイトを参考にする

この7つはとても有効な手段です。

集客が出来なくなって諦めムードだった方は、紹介した7つの手段の中で試していないものがあればぜひ試してください。

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -
コンテンツビジネスの専門家 / LINEやメルマガを使った仕組み化が得意 / 個人のマーケティングスキルだけで月商2,700万達成 /『あなたの一つの発信が、きっと誰かを輝く未来へ』をコンセプトにコンサルティング提供中。目の前のクライアントさんを大切にし、一人一人の能力とスキルに合わせたコンサルティングが得意。実績者も多数輩出中。
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2021 All Rights Reserved.