コンテンツビジネスで人生に選択肢を

【大きく稼げる】一人起業家の年収は250〜600万円!収入を増やす7つの方法を解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「一人起業家の年収はどのくらい?」
「ここ数年、年収が伸び悩んでいる…」
「一人起業で年収を上げるにはどうしたらいいの?」


起業を考えている人

このようなお悩みを抱えていませんか?

一人起業は、従業員を雇わずビジネスを行う方法です。「自由度が高い」「少ない資金で開業できる」という理由から、注目を集めています。
とはいえ「一人起業どのくらい稼げるのか」と不安に感じている方も多いのではないでしょうか

起業しても売上を伸ばせるのか心配ですよね。

そこでこの記事では、一人起業を検討している方に向けて

  • 年収の目安
  • 稼げない起業家の特徴
  • 売り上げを伸ばす方法

などを解説します。

「一人起業で成功したい」「もっと収入を増やしたい」と考えている方は、ぜひ当コラムを参考にしてみてください。

なお、僕のメルマガでは、一人起業を始めとしたビジネスのノウハウを紹介しています。入退会は無料なので、お気軽に登録してみてください!

 

一人起業家の年収の目安は250~600万円

一人起業家の年収の統計データはないため、参考にフリーランスと起業家それぞれの平均年収を紹介します。
リクルートワークス研究所の調査によると、フリーランスの平均年収は256.1万円です。

一見すると低く感じますが、全体の年収には、副業として業務にあたっている人も含まれています。そのため、全体的に低い数値となっています。

起業家の平均年収も、明確な統計データがありません。日本政策金融公庫の調査によると、月商50万円未満の起業家は約半数を占めていますつまり、年収600万円がボーダーです。
この2つのデータから、一人起業家の年収の目安は250~600万円だといえます。国税庁の調査による社会人の平均年収は、436万円。場合によっては、会社員以上に稼ぐことも可能です。

なお、自分のビジネスの取り組み方次第では、大きく稼げます。なかには年に1000万円以上収入を得ている人もいるので、一人起業の可能性は無限大です。

参考:リクルートワークス研究所「全国就業実態パネル調査(JPSED)2020
参考:日本政策金融公庫「2021年度起業と起業意識に関する調査
参考:国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査

 

【稼げない】年収に伸び悩む一人起業家の特徴5選

一人起業で稼げない人には、主に以下5つの特徴があります。

  1. 事業選びを間違っている
  2. インプットばかりで行動に移さない
  3. 仕事を受注できない
  4. 論理的な思考ができない
  5. 自己管理能力が低い

1つでも当てはまったら注意が必要です。

「一人起業で失敗したくない」と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.事業選びを間違っている

年収に伸び悩む一人起業家の特徴として、事業選びを間違っているケースが考えられます。事業内容によって、稼ぎやすい稼ぎにくいものがあるためです。

例えば、ポイントサイトを活用して収入を上げるのは大変です。僕も実際に利用したことがありますが、アンケートを毎日答えても1ヶ月で1万円しか稼げませんでした。一人で起業する際は、収入を伸ばしやすい事業を選びましょう

おすすめのビジネスは、以下の通りです。

  • せどり
  • コンテンツ販売
  • YouTube配信
  • アフィリエイト
  • 動画編集
  • Webデザイナー
  • Webライター
  • プログラマー
  • カウンセラー
  • オンライン秘書

これから一人起業をしようとしている方は、どんな事業を行うのか慎重に考えてみてください。

2.インプットばかりで行動に移さない

インプットばかりで行動に移さないと、年収が伸び悩む可能性があります。
書籍を読んだり、セミナーに参加したりなど知識だけを習得するのに満足してしまうケース

事業を始めたての方にはよくある失敗です。

取り入れた知識を実践で使わなければ、ビジネスでは成功できません。書籍やセミナーから得た知識は、事業に取り入れましょう。

3.仕事が受注できない

そもそも仕事がないと、一人起業で年収が伸び悩んでしまいます。

仕事が受注できない原因は、

  • スキル不足で顧客を満足させられていない
  • 自分から営業をしていない
  • 商品・サービスの知名度が低い

など。特に、スキル不足は、売上に悪影響を及ぼしやすいです。

「自分の実力が足りていない」と感じるならば。知識を身に付けたり第三者から指導を受けたりして、改善を目指しましょう。

4.論理的な思考ができない

年収に伸び悩む一人起業家の特徴として、論理的な思考ができないことが挙げられます。ビジネスで成果を上げるには、順序立てて考える力が求められるためです。

論理的な思考は「どうすれば成功するのか」「なぜ年収が伸び悩んでいるのか」などと考えるために必要になります。この考え方が身に付いていると、ビジネスが軌道に乗っていないときでも改善点を見つけられるのです。

さらに、論理的な思考があれば、嘘の情報や詐欺に騙されしまう可能性が低くなります。トラブルを避けて安全に事業を進めていくには、論理的な思考が重要です。

5.自己管理能力が低い

自己管理能力が低い方は、一人起業で年収が伸び悩む傾向にあります。
一人起業は、従業員を雇わずに1人で事業を進めていくものです。そのため、やるもやらないも自分次第となります。自己管理能力が低ければ、年収を伸ばせません。

一人起業は「自由」であることがメリットですが、場合によってもデメリットにもなります。年収を伸ばすためには、1日のスケジュールを立てるなどして自己管理することが大切です。

 

一人起業家が年収を上げる7つの方法

一人起業で年収を上げるには、コツがあります。方法を学び実践することで、売上を伸ばすことが可能です。

こちらでは、一人起業家が年収を上げる方法を紹介します。主に、以下の7つです。

  1. 業務の効率化をはかる
  2. ノウハウを学び行動に移す
  3. 第三者からアドバイスをもらう
  4. 商品・サービスの集客を行う
  5. 自分から仕事を獲得する
  6. 顧客の満足度向上を目指す
  7. 複数のビジネスを展開する

それぞれの方法をくわしくみていきましょう。

1.業務の効率化をはかる

一人起業家が年収を上げるためには、業務の効率化をはかりましょう。少ない時間で、大きな利益を上げられるためです。

1日に使える業務時間が一緒でも、業務を効率化するだけで収益を伸ばせます。実際に僕も1日2~3時間ほどの作業で、月300万円程度の安定した利益を出すことに成功しています。
業務の効率化をはかるには、一部の業務を外注化したり、専用ツールを使ったりするのがおすすめです。

さらに、ビジネスを自動化させるという方法もあります。具体的な手段は、関連記事「【不労所得をGET】ネットビジネスは自動化可能!具体的な方法や成功の秘訣を解説」にて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

2.ノウハウを学び行動に移す

一人起業で年収を上げるには、ノウハウを学び行動に移しましょう。
おすすめなのが、一人起業で実際に成功している人が発信している情報を取り入れることです。

上手くいった方法や失敗したことがまとめてあり「ビジネスを伸ばしたい」と思っている方にとって、有益な情報がつまっています。

さらに、取り入れたノウハウは行動に移しましょう。知識だけを身に付けた状態では、事業は上手くいかないためです。

一人起業で成功を収めるためには、ノウハウを学んだ上で行動に移すことが重要です。

3.第三者からアドバイスをもらう

一人起業家が年収を上げるには、第三者からアドバイスをもらうという方法があります。客観的なアドバイスを受けることで、改善点を明確にできるためです。

例えば、自分では「サービスの内容に対して価格が妥当だ」と思っていても、客観的に見ると「設定価格が高すぎる」ということもあります。第三者からアドバイスをもらうことで、初めて課題に気がつくケースも珍しくありません。

加えて、コンサルを依頼するのもひとつの方法です。ただし、1回で30~50万円程度の費用がかかるため、本当に必要なのかよく見極めましょう。

4.商品・サービスの集客を行う

一人起業家が年収を上げるためには、商品・サービスの集客を行いましょう。売上が伸び悩んでいる原因が、商品・サービスの知名度の低さにある可能性があるためです。

集客をする際は、SNSやブログなどを活用しましょう。

特に取り入れたい方法は、SNSです。拡散性が高く、さまざまなユーザーの目に触れる可能性があります。また、TwitterやInstagramなどのSNSは無料で利用できるため、初めて集客を行う人にもおすすめの方法です。

商品・サービスの集客方法は、関連記事「【成功の秘訣】コンテンツ販売におすすめの集客方法7選!失敗しないコツも紹介」にてより詳しく解説しています。集客で失敗しないポイントも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

5.自分から仕事を獲得する

一人起業で年収を上げるためには、自分から仕事を獲得することが大切です。
例えば、毎月10万の案件を受注できれば、単純計算で120万円の年収アップに繋がります

仕事を獲得するには、

  • 営業をかける
  • 募集に申し込んだりする

などの方法があります。

特に、取り組みたいのが営業をかけることです。自分の展開するビジネスを求めていそうな会社に、ポートフォリオや提案書などをそえてメールしてみましょう。

6.顧客の満足度向上を目指す

一人起業家が年収を伸ばすには、顧客の満足度向上を目指しましょう。リピーターを獲得できたり、口コミで仕事を依頼されたりするケースがあるためです。

例えば、動画編集事業の場合、短納期で複数本の動画を納品できれば、顧客が満足していくれる可能性が高いです。さらに、編集スキルが高ければ「この人にもう一度お願いしよう」と思ってもらえます。
このように、顧客の満足度向上は、売上増加に繋がる可能性が高いのです。

スキルアップをはかったり、商品・サービスを改善したりして、顧客が喜ぶ商品・サービスを展開していきましょう。

7.複数のビジネスを展開する

一人起業で年収を上げるには、複数のビジネスを展開する方法があります。収入源が豊富にあることで、売上を伸ばせられます。
複数のビジネスを展開する際には、既存の事業を活かせるものがおすすめです。例えば、Webライターならブログを始めたり、Webライターのノウハウを詰め込んだ電子書籍の出版をしたりするのが良いでしょう。スキルを活かしつつ、事業を拡大できます。

年収を伸ばすためには、複数のビジネス展開を検討してみてください。

 

一人起業の年収は青天井!戦略を練って収入を増やそう

一人起業家の年収の目安は、250〜600万円です。あくまでも目安なので、この金額以上に大きく稼ぐことも可能です。
会社員やアルバイトとは異なり、一人起業の年収は青天井です。戦略を練って行動すれば、年収1000万円も目指せますよ。

この記事に記載していることと参考に、一人起業で売上を伸ばしてみてください。

また、僕のメルマガでは、ビジネスで大きく稼ぐ方法を配信しています。入退会は無料なので、ぜひお気軽に登録してみてくださいね。

 

 

在庫なし・リスクなし・場所も自由!コンテンツビジネス講座

スキルや知識を収益化して人生の選択肢を増やそう!

コンテンツビジネスの実践方法をゼロから解説!
✅”オンライン起業”ロードマップ動画
✅コンテンツ販売で月商2,700万円突破セミナー動画
✅総フォロワー数”47,000人”SNS集客完全攻略動画
✅コンテンツ販売リサーチ動画
✅Twitter×コンテンツ販売(note,Brain)解説動画
✅更に厳選した30本以上の動画と100本以上の記事を無料で配布中↓


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

Copyright© オンビジ , 2022 All Rights Reserved.